ぴーと

キャプテン・マーベルのぴーとのレビュー・感想・評価

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)
4.0
ようやく観ましたー。
『アイアンマン』から続くマーベル・シネマティック・ユニバースことMCUでレビューこそまだ書けてないのを含め22作品目、あとは『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』でひとまずMCU全作品鑑賞になるのかな。レビュー書けてないのは追い追い再鑑賞できたのからしていこうかなと思います。

アベンジャーズのヒーローの中で最強クラスの強さを誇るキャロル、覚醒して光り輝いてからは単独で宇宙飛行もしてまさに無敵…ピンチのないヒーローなんて面白いのかなと思いきやそのぶっ飛んだ圧巻の強さを楽しんで観れました。

アベンジャーズ発足前の若いフューリーも大きな見どころ、猫に赤ちゃん言葉使ったり突然歌ったりとアベンジャーズのメンバーが見たときのリアクションを見てみたくなるくらい陽気なフューリーが観れるのってここだけなのでは…?フューリーと談笑して観れる数少ないキャロルの笑顔も必見。

見た目のインパクトも強いスクラルがいい味出してますねぇ今作。あんまり詳しくは言わないけども途中からピッコロさんに見えてきたもの。

実は2番目くらいに活躍していた猫のグースちゃん(フラーケン)って結局なんだったのかよくわからないままだったなぁ。

銀河を超えて通信可能なポケベルっていう新しいのか古いのかわからないテクノロジーのバランスがちょっとおもしろい。