キャプテン・マーベルの作品情報・感想・評価

キャプテン・マーベル2019年製作の映画)

Captain Marvel

上映日:2019年03月15日

製作国:

上映時間:124分

3.9

あらすじ

「キャプテン・マーベル」に投稿された感想・評価

ちばば

ちばばの感想・評価

3.6
たぶんマーベルさんがいれば宇宙大丈夫ですわ
強すぎる笑笑

マーベルさんは茶目っ気たっぷりで「え、かっこいいのに可愛いとか…」と心をわしづかみにしてくる

フューリー長官も貫禄つく前はこんなんだったのかとほっこりした
ぴーと

ぴーとの感想・評価

4.0
ようやく観ましたー。
『アイアンマン』から続くマーベル・シネマティック・ユニバースことMCUでレビューこそまだ書けてないのを含め22作品目、あとは『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』でひとまずMCU全作品鑑賞になるのかな。レビュー書けてないのは追い追い再鑑賞できたのからしていこうかなと思います。

アベンジャーズのヒーローの中で最強クラスの強さを誇るキャロル、覚醒して光り輝いてからは単独で宇宙飛行もしてまさに無敵…ピンチのないヒーローなんて面白いのかなと思いきやそのぶっ飛んだ圧巻の強さを楽しんで観れました。

アベンジャーズ発足前の若いフューリーも大きな見どころ、猫に赤ちゃん言葉使ったり突然歌ったりとアベンジャーズのメンバーが見たときのリアクションを見てみたくなるくらい陽気なフューリーが観れるのってここだけなのでは…?フューリーと談笑して観れる数少ないキャロルの笑顔も必見。

見た目のインパクトも強いスクラルがいい味出してますねぇ今作。あんまり詳しくは言わないけども途中からピッコロさんに見えてきたもの。

実は2番目くらいに活躍していた猫のグースちゃん(フラーケン)って結局なんだったのかよくわからないままだったなぁ。

銀河を超えて通信可能なポケベルっていう新しいのか古いのかわからないテクノロジーのバランスがちょっとおもしろい。
UMA

UMAの感想・評価

4.2
ニック・フューリーが可愛い映画
mflyo

mflyoの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

いつものマーベルありがちワンパターンネタかと思って眺めてたけど、意外と仲間の裏切りと展開がなかなか良かった。キャプテンマーベル桁違いに強い。
あと、何でナインインチネイルズのTシャツ着てたか謎。敢えて地球にいた感出したかったのかな。


=====

感情はコントロールしないとならない。さもなければインテリジェンス様に与えられた能力を最大限まで高められない。

スクラル人は星々を侵略している。彼らに対抗する為、スターフォース、クリー人のヴァースはインテリジェンス様に能力を与えられ、任務を与えられた。6年前ヴァースはクリー帝国のソルジャーに命を救われていた。
ヴァースは記憶を失っている。

諜報員ソーラーの救出任務中、スクラル人に捕まり記憶を解析されるヴァース。スクラル人はライトスピードエンジンを作ったローソン博士を探しているというがヴァースにはローソン博士の記憶はない。スクラル人から逃げる最中、惑星C53こと、地球へ不時着。国際平和維持組織shieldのニークフューリーに出会し行動を共にすることに。
ローソン博士を調査するにクリー人だということがわかる。C53にいて飛行機事故で死亡。また、最後に見たのはマリアランボー。ローソン博士は特殊なエネルギーコアを研究していた、本名はマーベル。記憶のないヴァースはC53にいた証拠があった。
マリアランボーを訪ねるヴァースだが、子供にキャロルおばさんと抱きつかれる。やはりヴァースは過去C53で生きていたようだ。昔の写真が出てくる。ローソン博士ことマーベルと元々キャロルの名があったヴァースの二人の過去の事故のロムを見るヴァース。マーベルはハラという星から来たということを知る。そしてエネルギーコアエンジンを破壊したのはヴァースことキャロルだった。その時にエネルギーコアのパワーを吸収していた。そして何と仲間だと思っていたクリー人のヨンロッグがローソン博士を殺していたのだった。
ヴァースは記憶をなくしてから自分がクリー人だと教え込まれてきたが実は地球人キャロルであり、クリー人に騙されていた。キャロルが破壊したのはエンジンでエネルギーコアそのものは他にあるという。スクラル人もまたクリーに侵略されていっていたのだった。
エネルギーコアを求め、生前マーベルに教えられたラボの座標を基にキャロル、フューリー、スクラル人のタロス一行は向かう。
ラボに着くとタロスは目的は家族に会うことだった。クリー人に迫害されスクラル人は宇宙に離散されているという。
ラボに侵入してきたクリー人ヨンロッグ一行。
キャロルはキャプテンマーベルとなり、一行をボコボコにする。ロダンが地球に打ち込もうとした弾道ミサイルも食い止める。キャプテンマーベルは他のヒーローと比べ物にならないくらい強い。ヨンロッグを追っ払ったキャロルは、タロスの家族達の新しい安寧の地を求めに再び宇宙へ。そして猫ちゃんが飲み込んだキューブはshieldで保管することに。

キャプテンマーベルは、アベンジャーズエンドゲームで帰ってくる。
再度鑑賞。
どんなに倒れても立ち上がるマーベルの姿に涙が出ました。
MCUの中でぶっちぎりの強さ。
2019年10月17日(木)

アベンジャーズ・エンドゲームを観る前に押さえとく?ってことで。あんまり関係ないとも聞いたけど一応

正義のヒーローがスーパーパワーで悪をやっつけて仲間と笑顔になるやつだったー!

最初カタカナワード多くて世界観についていけない記憶力ポンコツなわたしでしたが地球に不時着あたりから落ち着いて観れたかな。

このときはまだシードルじゃなくない?って旦那が。キャプテンマーベル観た後アイアンマン1で略してシードルにしたの確認。キャプテンマーベルの舞台は1995年、アイアンマンは何年?劇場公開時の2008年なんかね?

作中で年代出る前に「初代ストⅡがある。30年くらい前かな」って旦那がざっくり当ててた笑
マツ

マツの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

カッコいい頼りになる最強女性ヒーロー誕生! 1990年代の世界観がすごいオシャレで、フューリーとキャロルの関係も憧れる!
今後のアベンジャーズを率いるヒーローになると思わされる映画でした!
りじ

りじの感想・評価

3.9
この映画でも
MCUの美しいプロットを
存分に感じられました
しかし主演が
ルーム/ショートタームの人とは
全く思わなかったぞ!

35/2019
TommyMt

TommyMtの感想・評価

3.0
いい人だったり悪い人だったり。
>|