いのさん

アベンジャーズ/エンドゲームのいのさんのレビュー・感想・評価

5.0
《平成最後はこの"神作"で》

(あらすじ)

最強の敵"サノス"によって、アベンジャーズのメンバーを含む全宇宙の半分の生命が一瞬にして滅びてしまう。残されたアイアンマンをはじめとするヒーローたちは、もう一度集結し、サノスに立ち向かうため、そして世界を救うために最後にして史上最大の戦いに挑む。

(ネタバレなし感想)

平成を終えて令和が始まる。。
アベンジャーズエンドゲームもまさに日本の時代と変遷と同じくして、マーベルの過去21作品という長い時を経て、ラストかつ至高の22作品目となった。

米国よりも先に上映された中国での予約だけでの興行収入は100億を超え、3日の興行収入だけで全日のボラプ超え、4日の興行収入が1300億円と、もはや社会現象としか言いようがない。

フィルムワークスでのレビューは星4.8、間違いなく過去のマーベル作品で1番、いや、フィルムワークスにある映画の中で1番評価の高い映画ではなかろうか。

私は、字幕版、IMAX3D版で観て、そして吹き替え版もGW後に観に行く予定。5月にはアベンジャーズ仲間30人ほどでエンドゲーム会も開催します。

ネタバレあり感想はあえて書きません。
観た人、観てない人どちらに対しても、星5の評価がそれを語ってると思います。

観た方は、ぜひコメント欄でネタバレ禁止にして語り合いましょう。