アベンジャーズ/エンドゲームの作品情報・感想・評価

アベンジャーズ/エンドゲーム2019年製作の映画)

Avengers: Endgame

上映日:2019年04月26日

製作国:

上映時間:181分

ジャンル:

4.6

あらすじ

出演者

「アベンジャーズ/エンドゲーム」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

【紡ぎ、繋ぐ物語】
ついにこの日が・・・!見終わって、もう涙が止まらない。
感想書こうにも、感情が遮ってくる!!!

2019/04/26(金)24時上映
T・ジョイPRINCE品川 IMAX 3Dにて鑑賞
予約可能な当日にプレミアシートの争奪戦を奪取♪めちゃ良い席でしたー♪
2019/04/27(土)16:40上映
T・ジョイPRINCE品川 IMAX 3Dにて2回目の鑑賞。
2019/05/11(土)13:00上映 同3回目の鑑賞。
いずれもプレミアシートにて。



綺麗な感想は、そういうのが上手な人に任せるとしまして、思った事、感じた事をつらつらと。


21世紀を代表する傑作映画であろう。
初めて見て、見終わった後は頭の中ぐしゃぐしゃで放心状態でしたね。
帰り道でも色々思い出して泣ける泣ける。
(傍から見たら失恋でもして泣いてるヘタレ男にみえたかもしれぬw)

2回目見ても、なんなら最初にトニーが登場しただけで泣けたからね。やべえ。
でも「もう何も知らない」自分には二度と戻れないんだよなー。
皆さまも「ネタバレ」チェック無しでネタバレ書かないように注意しましょうねー。
ボッコボコにされるか、最悪サノスに消されちゃうかもよ・・・
https://theriver.jp/eg-spoil-hong-kong/

上映時間、3時間と長い映画だけど、ほんの5秒に感じるよ。
でもトイレ、事前に絶対済ましておくべし!

以下、ガチでネタバレです。未見の人はさよーなら~








































ほんと、あの予告編は何だったのだ、というくらいに想像を突き抜けて超えてきた映画だった。
予告編映像でも出ていたクリント・バートン(ホークアイ)、まさかそんな伏線とは、、、。

そして過去作一通り復習しておいてよかったー!
随所に過去のセルフオマージュや伏線が張ってあり、最高にシビれた。
ただ相変わらず舞台があっちこっちと切り替わるので、僕のスペックの低い頭では話に着いていくのに必死。
でもダレる事なく最後まで見せるのは凄い。



キャプテン・マーベル来るの早すぎね?笑
と思ったけど、合流してからメンバーにすんなり(一応)溶け込んでるのね。
「キャプテン・マーベル」のエンドポストシーンで登場した事で、トニーの事も聞いて駆け付けたのかな。
そのあたりのシーンも撮影はしてそうだけど、カットされたのかしら。


ガーデン(農園)でのサノスが熟年離婚されたおじーちゃんみたいだった。笑
ちょっとかわいく思えてしまった・・・
そしていきなり首チョンパ!笑
これはまさかの、でしたね。驚愕。


スコット・ラングの帰還も都合よすぎだけど、とりあえずネズミ、グッジョブ!
あと娘のキャシー、5年でかなり成長してない?(役者はエマ・フールマンに変わっている)
アントマン&ワスプ時で9歳くらいだから14-5歳くらいか。それよりもうちょい大人びて見えた。


メタボなソーwww
溶けたアイスw
オンラインゲームにハマるという。一応は一国の王よ、何しに地球に来たんだw

モーガンちゃん、まじ天使

ローニンとなって世界各地で殺戮を行っているクリント・バートンの登場シーン。
日本が舞台という事で、嬉しいは嬉しいけど、あのシーンほんとに必要だった?
無理やりな日本語セリフも残念だった。が、真田広之が出ているのでよしとしよう!
(このシーンの会話内容はコメント内にネタバレで入れてあります)


2012年のNY決戦でド派手に暴れる過去ハルクに対抗して、少しだけ暴れる今ハルク、かわいい。笑

耳元での「ハイル ハイドラ(ヒドラ)」囁き。熱い。

テッセラクト持って消えたロキ、どこ行ったのだろう。
ロっきゅんにはもうちょい出て欲しかった…。


惑星モラグでのGotGのクイルのあの冒頭、見た当初も思ったけど、傍から見たらアホな人よね。
あれを笑いに変えるという最高の演出!面白すぎて涙出た。


僕、MCU作品を見返してナターシャ様大好きになったのだけど、
やはりあのシーンでは「ナターシャああああああ!!!!」となって涙が止まりませんでしたよ。
ああ、ナターシャ様・・・


終盤のオールスター大感謝祭(違)は最高にシビれましたねえ。
消し去られてたゆえ、登場が少なかった人たちは少し残念だけど。仕方ないか。

On your left

からの「アベンジャーズ、、、アッセンブル!!!」 熱すぎる。泣いた。

キャップがもじょ、むじゅ、ムジョルニア(言いにくい)持てるのはまあ理解できるとして、
ソーと同じレベルで使いこなせていいのか?笑

アイツか木の二択w

ワンダ、めちゃ強い。単純な強さでいくと地球人(と言っていいのか微妙だけど)最強かも?


バトル大詰め、いよいよどうなる?どうする?って時に、
ストレンジがトニーに向かって、人差し指を立てて合図、、、
これが1400万605通りの最後に繋がるのか、と武者震いでしたよ。
トニーもアイアンスーツにあんな機能を搭載させておくなんて。凄い。


そして、「and, I Am Iron Man」の決め台詞。泣いた。
もうそのあとのシーンはどれもこれも涙が止まらねえー。

チーズバーガーが食べたい・・・


と、雑多な思い出メモでした。
もっともっと書きたいけどますます収集つかなくなりそうなので、ほどほどで。



【紡ぎ、繋ぐ物語】
冒頭に書いたこれ、随所で感じましたね。
MCU、アベンジャーズの締めくくりという事もあり、そういった流れになったのでしょう。過去作との繋がりとか。


トニーと父親ハワードとの会話シーン。
亡き父と、まさかこんな形で話ができるとは。親子の繋がりの再確認。
そしてこの時のハワードの「大義より個人の幸せを優先するべき」というセリフ、
ここでトニーは打ち違えてもサノスを倒す、という決意に変わったのかな、と感じたり。
国の為にという大義のもと働く父親、本当はトニーも「個」を大事にするつもりだったけど、
父親の背中に改めて教えられたというか。推察ですが。


スティーブ・ロジャース(キャプテンアメリカ)の結末、
あの選択は1970年に行った際、カーターの仕事部屋にあった
キャプテンアメリカ(変身前)の写真を見た時に決意したのかなー、と。
本当はデートがあった、ダンスの約束をしていた、でも叶えられないまま。
途切れてしまった糸を改めて繋げたい、と。
エンディングは本当によかった。僕もペギー・カーターと結婚したい←
https://www.youtube.com/watch?v=xdkQXOyTml4


ソーの母親との繋がり
過去アスガルドに戻ったソー(とロケット)。
しかも母親が亡くなる当日…。
母親はメタボに太ったソーを一目見ただけで「未来は優しくなかったのね?」と見抜きます。
(きちんとサラダも食えよともw)
いきなり別離する事となる母親との時間をわずかながら紡ぎます。泣ける。


バトル終盤でのシーン、途中登場のキャラに光を当てる意味合いもあったのでしょうが、
ガントレットを量子トンネルまで届けるシーン、バートンからキャプテンマーベルやピーターへと
リレーのように繋ぐシーン。これも印象的でしたね。


本当に素晴らしい映画だった。
今なら言ってもそんなに叩かれないんじゃない?
「日本よ、これが映画だ。」って。



“アイアンマン” トニー・スターク、そしてこの映画に携わった方々に
3,000回のI love youを捧げます!!!


https://open.spotify.com/track/3KHrXuByzDnDOaVR15rZH7?si=NdkzTwUHR1ahUHX1_6bTlA
ゆーと

ゆーとの感想・評価

4.5
終わっちゃったー
わかっとったことやけど、これは映画館で観たかった
procer

procerの感想・評価

3.8
アベンジャーズ、アッセンブル

痺れます

ラスト、ネタバレしたくないので
観て下さいな
落とし所が、、、
ねこ

ねこの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

3時間なのにすごく短く感じる。それぞれに感情移入しちゃうし、最後は今まででてきたヒーローたちが大集合してて豪華すぎるし鳥肌たった。後半うるうるしっぱなしだったけど、個人的に特に泣けたシーンは
1.ナターシャの最期のシーン
2.ピーターとトニーのハグシーン
3.トニーの死に際にペッパーが話しかけるシーン
トニーが死んでからはずっと泣きっぱなしだった。家族との幸せな生活を壊したくないって言ってたトニーが、みんなを生き返らせた後に死んじゃうなんて、、、別の世界のトニーは、ペッパーと娘を幸せにしてあげててほしい。
まっつ

まっつの感想・評価

2.9
DOLBY-ATMOSにて鑑賞。
ここに来て家族ドラマだった。ラストバトルも最終的には力合戦でない落とし所にハマっていたのでとても良い。思い出したのは『デッドプール2』です。
kamitani

kamitaniの感想・評価

4.7
圧倒的カタルシスを味わえました。
3000回ありがとう。
(記録用 2019年鑑賞)
Ryohei

Ryoheiの感想・評価

5.0
『負ければ死ぬと思って闘うんだと言ったら、その日が来ると、今日がその日だ』

今年度ベストのレビューがまだでした。

いや、今年度というより自分が24年生きてきた中で自分史上最高作品かも
おそらくこの映画体験この先、生きていく中でももう2度と味わえないと思う。

劇場では字幕版1回、吹替版1回見てきました。
本当のめりこみ過ぎて3時間が秒で終わる。笑

マーベルシネマティックユニバース(通称"MCU")と呼ばれる全21作品は全て共通の世界線のお話で進行しており、その21作品のストーリーの集大成となるのがこの「アベンジャーズエンドゲーム」となります。
全作見るのは気が遠くなるような感覚ですが、全て見たからこそ感じられるエンドゲームの感動は今まで感じられなかった体験でした。

また、個性的なヒーローキャラクターも多数登場するので、自分の推しキャラクターを探してみるのも一つの楽しみ方かもしれません!
ちなみに自分はガーディアンオブギャラクシーのスターロードが好きで、このエンドゲームでも活躍を見せてくれました!
スターロード登場シーンでは、劇場の皆さんが自然と音楽に合わせて身体がノッてしまっていて笑ってしまいました。笑

話の収拾がつかなくなるのでここら辺にしておきますが、大興奮冷めやらぬ感動をここに記しておきます。アッセンブル!
【ずーっと追ってて良かった】
アメコミ映画は元々好きだった。でもこんなにはハマらなかったさ。
この作品はMCUを追っかけていた人へのボーナスムービーです。
一見さんはぐっとこないしクスッともこない。
でもずーっと見てた人はグッとくるしクスッとくるし泣くし笑うしアッセンブルする。
誰がなんと言おうと3000回愛してる。
>|