アベンジャーズ/エンドゲームの作品情報・感想・評価・動画配信

アベンジャーズ/エンドゲーム2019年製作の映画)

Avengers: Endgame

上映日:2019年04月26日

製作国:

上映時間:181分

ジャンル:

4.5

あらすじ

出演者

「アベンジャーズ/エンドゲーム」に投稿された感想・評価

woodyduffy

woodyduffyの感想・評価

5.0
この点数で足りないくらい
marvelファンのために作られた映画。間違いなく映画史に残る名作。それぞれの生い立ちやキャラクターの特徴を知っていればいるほど面白さも増す。誰もが納得できるエンドではないでしょうか。公開が始まるまで様々な予想がネットでもあがっていたが、近いものや見当違いのものありで見てのお楽しみです。アイアンマンから10年、このシリーズも一旦終わり。淋しいです。エンドロール後も立てないくらいでした。
何回涙したかな〜
3時間も全く気にならないし、無駄もない
次は吹替でみよう
直球なヒーロー映画の集大成って感じでかっこいい。興行収入世界2位なのがわかる アベンジャーズ集結シーンめちゃくちゃいい
アイアンマンに始まり、アイアンマンに終わる。感動と悲しさと興奮で泣けるポイントがありすぎる。文句なしにかっこいい。10年間に及ぶMCUの集大成を込めた強烈な一撃をくらった。
すっごくすっごく寂しいけど、もう受け入れるしかなくて涙止まらんすぎたティッシュ足りん。最後の総力戦は映画館でぜひ見たかった。きっと迫力凄かったんだろうな〜。最後のエンドロールも力作って感じで愛情をとても感じた。なんでわたしもっと早く見なかったんだろ〜今からでも遅くないからMARVEL全部必修しなおす。
うーん、今まで順に観てきたからワクワクしないこともないけど、結構矛盾だらけで残念。
メタボリックなソーがかわいい

2時間18分後から大乱闘アベンジャーズ!

戦いの末の代償は大きかった
のん

のんの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ようやく、、!鑑賞。
トニーが死ぬことのみ知ってた。(スパイダーマンファーフロムホームの予告編で)
東京のシーンあんなにいるか?と突っ込み。
昔の映画のシーンも多くて楽しいところも満載。こんなことあったあったって感じ。
ホークアイとナターシャがヴォーミア行くってわかった途端、行かないで!!の気持ち。
ホークアイ、ナターシャ好きすぎる。辛かった。
ソーの激太りはショック。痩せて、、(笑)
スパイダーとアイアンマンの再会でめちゃ上がったのに、アイアンマンの最期がたまらんかった。
ミスポッツも強くて素晴らしかった。トニー、死なないでほしかった。
伏線回収まみれでもう一度MCUすべて見直したい!って気持ち。
あー、見るまで長かったけど観られてよかった!
MARUKO

MARUKOの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

反則。

そんなバカでっかい芝刈り機で、雑草ボーボーの庭を突っ走って、全部綺麗に均したらそりゃ気持ちいいさ!

それを許したくない反面……
んーー…
許す!!
……だめだ、許せない!!
…けど、よかった!!笑
っていう気持ち。

インフィニティウォーのレビューのコメントで、たまたまsw9のことに触れたんだけど、奇しくも今、似たような観賞後の心境。
広げた風呂敷全部すっ飛ばして、極上のラストを包み直して手渡された。
最高だったよ、最高だったけどそれは反則じゃん!笑

そうやってずるいよ〜ずるいよ〜って思いながらも、ずっと震えて感動してた。
まさかタイムトラベル使って、プチマーベルマラソンで振り返らせるとは。そんな思い出旅行させられたら、そりゃもう無条件降伏。
そんなことしてきちゃいますか?
たーまんないです。

二代目マー・ベルは頑丈なだけだったし、アントマンは大カラ振りだったけど(ねずみってなんなん笑)、ストレンジの軸はやっぱり強かったね。
アイアンマンが死ぬことをストレンジと観客の私だけは知ってたから、彼の表情(カンバーバッチ様の演技)に注目してたら、これがまた本当に絶妙な表情してて痺れた。

そして何よりアッセンブルなラストバトルよ。
なんだよこれ…
直前の18,9世紀ヨーロッパ絵画を思わせる神がかった画作りから、溜め方も放出のタイミングも演出も映像も完璧すぎる。音楽バリかっちょいいし。
これはあっつい!最高他ならない。
ボルテージっていう指標でみたら、過去何百というの映画鑑賞の頂点に立った、圧倒的に。
これは劇場で観る以外の選択肢はなかったな…TT
立川極音の前から4列目くらいで、あのむき出しのウーファーをバチバチに感じたかった〜。悔やまれる。


アイアンマンが指鳴らした瞬間思った。
サノスとやってること変わらないって。
"この作品"としてはここだなと。
まるで別人のようにサディスティックサノスだったけど、彼の慈悲を信じてみる。サノスにはサノスの秩序があって、それを成し遂げた。それに抗う人間が、今度は自分たちの秩序のために指を鳴らした。人間のエゴ。
まんまサノスの言ってたことだけど、まさにこれ。
今回も"多様性"の主張が見え隠れしてたけど、多様性の論調も最近はなんだか違和感がある。
差別の歴史を否定はしないけど、秒単位で世界が動く時代になった今、多様性なんて当たり前に認められるべき。
そんなことよりも今は貧困格差の方が問題は重いと感じる。そんな"裕福な"主張より解決すべき差が他にある。
つまりサノスの求める秩序は、一部正しいのかもしれない。
そう考えると、サノスの最後の表情は、悲しみでも悔しさでもなく、人間を憐れんでいるように見えた。

マーベルはここまで、戦争やテロの描写を様々な作品に散りばめていたけど、ここで「犠牲」という大きな代償で、最後に心を引っ掻いてきた。
この点はほんとに素晴らしいと思う。

マスターがストレンジの名を聞いて、すんなり石を託してくれるのが良い。
ソーのお母さんが、息子の成長を祈って死を受け入れてるのがいい。
ソーの性格はちゃんと変わってないのが良い。
相変わらずナターシャが、クリントの一枚上手なのが良い。
ガモーラがネビュラを信じてるのが良い。
ネビュラが迷わず過去の自分を殺したのが良い。
ハルクは…どうしちゃったんだろう笑。まあ、置いといて。
キャップが"選ばれた"のが良い。キャップに70年をプレゼントしてあげたのが良い。
優先して自分のアーマーに石がはまるように準備してたのが良い……
"良い"……全部良い。

正直期待していたラストとは違った。でも、アベンジャーズと一緒にタイムトラベルして思った。
期待が凄すぎる故ラストに固執しすぎて、この過去の“最高達”を忘れていたこと。
もちろんラストは大事。映画の世界と現実世界とを繋ぐのがラスト。スクリーンから離れた時に、その作品が心を通じて我々の見る世界をどう彩るか。それが映画のラストの役目(の数ある一つ)だと思う。だから大事。
でもこの“最高達”を振り返ると、それが他の形でもどんな形でもきっと好きだろうし、なによりヒーロー達の物語はまだ終わらない。
映画で表現するという制約の中で、この作品のボルテージを超えることができるのかは分からない、いや多分相当難しいと思うけど、
やっぱ"愛"だなって思った。

最高だったし、吹っ飛ばしてるし(←まだ許せてない笑)、この映画達に対する想いが時を追うごとに強くなって、さまざま交錯しすぎて、結果今、大分訳わかんないレビューになっちゃったけど、要するに、

マーベル好きだ!笑
ありがとうマーベル、これからもよろしく!!
qtaro

qtaroの感想・評価

5.0
20210611鑑賞
とにかく最高。
サノスの暴挙を防ぐために、アベンジャーズ達がタイムトラベルで6つの石を取り戻しに行く話。いやぁ、すごかった。これまでのアベンジャーズ達の個々のストーリーが本作に収斂していくのが楽しく、あっという間の3時間だった。ラストはもう号泣。アベンジャーズを3000回愛してるわ。
caesar

caesarの感想・評価

4.0
いろいろ言いたいことあるけれど、遅ればせながら一つだけ私にも言わせてください。3000回愛してると。
>|

似ている作品