アベンジャーズ/エンドゲームの作品情報・感想・評価・動画配信

アベンジャーズ/エンドゲーム2019年製作の映画)

Avengers: Endgame

上映日:2019年04月26日

製作国:

上映時間:181分

ジャンル:

4.5

あらすじ

出演者

「アベンジャーズ/エンドゲーム」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

1年前の絶望。
サノスの手に6つのインフィニティ・ストーンが揃い、指を弾いたその瞬間、宇宙の半数の命が消失した。

MCU22作品目。
どれだけ心待ちにしていた事か。
作品のキャッチコピーは、「アベンジャーズが終わる」。頭ではわかっているけど、心は追いついていない。

終わる…のか…?
果たして、どう終えるのか。
どの様な幕引きが用意されているのか。

昨日、観終わって、もう今は廃人。
他の映画を観る気分でもないし、他の映画のレビューを書く気分も起きない。

そうか、きちんと振り返って、彼らにお別れを言わなければいけないね。自分自身のインフィニティ・サーガにも結着をつけなければ。



もう!!
序盤のクリント・バートン一家の消失シーンから泣ける!!推しメンホークアイの活躍が今回は多くて嬉しい限り。

宇宙を漂うトニーとネビュラ。全く接点のない2人だから、さぞ大変な漂流生活だったろう。トニーの痩せ方が半端なくて辛い。
キャプテン・マーベルの救出により一命は取り留めたものの、彼の心は完全に砕かれてしまった。

そしてサノスへの逆襲!!
手際良く、実に呆気なくソーにより首を刎ねられたサノス。

そして5年——


ファッッ!?5年!?
もうここからのストーリー、全く予想がつかない展開に!!
量子世界から奇跡の生還、スコット・ラング(アントマン)!そして彼が発案したタイムリープ作戦!!過去に遡りインフィニティ・ストーンを集めてくる…だと…!?

ぬぉぉぉぉ!!
何という胸熱展開!!2012年のNY決戦を再度別角度で観れるなんて、これは間違いなくBTTF2オマージュ!!嬉し過ぎて死にそう!!このタイムストーン奪還作戦だけで映画1本分の肉汁が詰まっている程の贅沢さ!!

そして石が揃ってからの、過去から現代にタイムリープしたサノスの急襲!!
喜んだのも束の間…。ここからのラストバトルが、もう呼吸するのもやっと!!

もう…
終わりだ…

と思った瞬間。

「キャップ。聞こえるか」
聞こえるよ、サム…。
そしていくつものワームホールの出現。

還ってきた!!
塵となって消えた皆んなが還ってきた!!

アベンジャーズ、アッセンブル!!

もう、この瞬間はうれションです。
身体から全ての汁が出る瞬間!!

壮絶な大バトル!!MCUの全ヒーローがサノス軍との一騎打ち!!

そして僕らは14,000,605分の1の、勝利の瞬間を目撃する。

もう、この方法しかないんだ。
ドクター・ストレンジが示す1通り。
それは、貴方とのお別れだったんだね。

トニー。
そうか、愛し、守るものが出来たんだね。
娘とのやり取りが微笑ましい。トニーらしく、子育てしている。高慢で自己中心的で独善的。そんな貴方が変わった。「私がアイアンマンだ」と言ったその日から。
スティーブ(キャプテン・アメリカ)との確執。
そうか、彼に居て欲しかったんだよね。共に戦いたかったんだ。わかるよ。そして、父との確執も。全てが溶けて混ざり合っていく。
僕も貴方に伝えたい。
3,000回、愛してる。

キャップ。
残された市民のグループカウンセリングに参加。こんな時でも、いつも、いつまでも、貴方は背筋を伸ばし、真っ直ぐ前を見る。だから僕らは貴方に全てを任せられる。ムジョルニアがその手に託されたのは、貴方が清い心を持っていたから。盾とムジョルニアを駆使したラストバトル、目に焼き付けました。
奪われた70年の事、ずっと考えていました。だから、自分の人生をスティーブとして生きて、次はサムに全てを託す事が出来た事。ペギーとのキスで締め括られるこの映画。トニーを亡くした哀しみはあれど、この映画をハッピーエンドに変えてくれたのは貴方でした。

ソー。
どうしたよ!?引きこもってんじゃん!Fortniteやってんのね!そしてそのお腹!!この作品でその変貌ぶりに一番驚いたし笑った。IWでサノスを仕留め損ねた事、国民の多くを失った事、王としての重圧…。だからメソメソしてるんだね。でも、「ありのままの自分」であればいいんだよ。それを大好きな母が教えてくれた。
さぁ、ガーディアンズの面々と新たな旅に出よう。

ハルク。
まさかの融合!!ハルクとブルースの混合比率!!頭脳明晰なハルク、正に鬼に金棒。エンシェント・ワンの説得に貴方を遣わしたのは良い采配でした。ドクター・ストレンジが自らタイムストーンを手渡した事の伏線はここで回収。暴れん坊のハルクと共存するのは容易な事ではなかったでしょう。全てのヒーローを塵から戻す事が出来たのは、誰より貴方が居たからでした。

ナターシャ。
ああ、もう会えないのが本当に辛い。
泣きました。
ソウルストーンを確保する為、クリントと「ブタペスト以来だな」って昔を懐かしみながら迎えた究極の選択。
愛する何かを手放さなければ石は手に入らない。クリントと一戦交えるのは、シビルウォー以来だったけど、相手を守る為に戦う、こんなにも辛い戦いが待っていようとは。
東京までクリントを迎えに行ってくれて、ありがとう。貴女が居なければ、クリントはまだ闇の中を彷徨っていた事でしょう。
辛い過去があって身寄りがいなかったからこそ、アベンジャーズを家族だと思っていたんだね。
ナターシャ、僕らは勝ったよ。
知っているね。

クリント。
訳もわからず、家族を一瞬にして失くしたその哀しみは、どれ程に深かった事だろう。ソウルストーンを手に1人で戻ってくる事になった後悔は、どれ程に深かった事だろう。
超人的な力はなくても、弓と日本刀で貴方は世界を救ったんだ。家族との再会を我が事の様に喜びました。



喜怒哀楽の全てがあった。
MCUの全ての作品の、過去のあの人達とまた巡り会い、想いを馳せる3時間。すぐに涙が溢れてしまうから、画面が滲んで滲んで仕方がなかった。

ここに書ききれなかった全てのヒーローにありがとう。
22作品に関わった全ての人にありがとう。

この金属音…。
そうか、また新たな作品を作っているんだね。
今まで、ありがとう、さようなら。
これからも、よろしくね。
今までアベンジャーシリーズは見た事がありませんでしたが、それでも知っているキャラクターが出てきており、ただただ強さに圧巻でした。
愛花

愛花の感想・評価

4.8
死ぬほど泣いた
シヲリ

シヲリの感想・評価

5.0
最高だった、、、最後の三十分で涙止まらず、、、
シリーズラストは感動したー😭!!!!
アイアンマンのシーンは本当に感動的。
アッセンブルしまくりでした!!
お茶

お茶の感想・評価

5.0
ないた
Ditche

Ditcheの感想・評価

4.5
まず!
クリス・ヘムズワースの変貌ぶりに驚きます…

今回は特に!ナターシャはテーマを最も伝える重要な役割をしている…

自分の運命は変えられるのか、そのためにどんな犠牲を支払うのか、自ら犠牲を支払えるのか😭😂😭❤️エンドゲームはそんなテーマ。

心から信じられる仲間がいても、一人一人が自立してるアメリカンヒーローから学ぶことはたくさん。

ドクターストレンジと共にヒーローたちが一気にやってくるラストで大泣きしました😂😂😂
最後しか見たことないけどこれだけみたアベンジャーズ たくさんヒーローいてわー!すごーい!てなって見てて飽きなかったけど、あまり覚えていないくらい忙しいけどファンはたくさんいるだろうと感心させられました映画
NAO141

NAO141の感想・評価

4.0
シリーズの積み重ねで感動の嵐へ!
マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の集大成的な物語。
とにかく感動するのだが、その感動を得るためにはMCUのすべての作品を鑑賞しなくてはならない笑
これはかなりたいへんなわけだが笑、すべて鑑賞した上で今作を観ると、もう感動どころではないのだ!!
ぜひすべてのMCU作品を観てから今作を観てほしい!!
原作者スタン・リーの最後のカメオ出演作でもある。
ここまでシリーズを観続けてきて本当に良かったと思える作品。
すべてのキャラクターに魅了される。
アイアンマンとスパイダーマンの再会のシーンが一番好き!
※残念なのはこのMCUに「X-MEN」が絡んでいないこと。「X-MEN」のキャラクターが絡んでいれば、もう間違いなく完璧で言うことなし!!だったのに笑
ymd

ymdの感想・評価

5.0
これまでのMCUの総決算であり、最高傑作だった。MCUはこれをクライマックスとして長大な1つの映画を作りたかったのだと改めて感じたと同時に、この完璧な幕引きから逆算して周到に構築されてきたのかと思うとより一層凄みを感じさせる。

3時間という圧倒的な尺をまったく感じさせず、テンポよくエンドロールまで進めていく構成力は見事という他なく、ルッソ兄弟がMCUにもたらした功績の大きさに惜しまない拍手を送りたい。

IWが完膚なきまでに絶望を叩きつけたシリアスな内容だったからか、今作は随分とユーモアのある笑いに特化した作風になっている。特に中間パートで過去にタイムスリップする下りなんかはこれまで熱心にシリーズを追いかけてきたファンは泣き笑いすること必至。GOTG vol.1で最高だったオープニングシーンなんか変な声出して笑った。

ソーのリボウスキ感とか絶妙すぎて最高だったし、“アメリカのケツ”のくだりなんかもキャプテン・アメリカのダサいスーツすら愛おしくなってきてる視聴者に改めてダサいという事実を呼び戻してくれる感じとか。

あと、これまでイマイチ扱いが微妙だったネビュラに大きくフォーカスしているのも個人的にはすごくグッと来て、トニーとのゲームのシーンや「こいつか木の二択だった」のくだりなど、とにかくチャーミング。ジェームズ・ガンとかタイカ・ワイティティらのオフビート感も完璧にモノにしている緻密さは見事という他ない。

そしてこれまでを知るからこそ泣けるシーンも多く、スティーブとトニーの会話とか、ナターシャとクリントの結末とか、ピーターとトニーの再会とか、チーズバーガーとか、至るところで涙腺がやられた。

ストーリー自体は正直荒っぽいし、ストレンジの確率よりずっと簡単じゃないか、とか、キャプテン・マーベルがこんな扱いならそもそも登場させなくて良かったんじゃないか、とか気になるところも多いけど、そんなこんなを帳消しにするくらいエネルギーに満ちているし、純粋に楽しかった。

正直MCUは最初この壮大さに辟易したし、あんまり面白いと思えない作品もあった。
でも、ここまで愛のあるクライマックスを迎えてくれたことは素晴らしいとしか言えないし、見続けてきたファンへの最高のプレゼントであった。
だからこの点数はこの映画単体に向けてではなく、これまでに積み上げられた歴史に対してである。

これで一区切りつくわけだけど、これからもMCU追い続けることになるだろうな。
>|

似ている作品