アベンジャーズ/エンドゲームの作品情報・感想・評価

アベンジャーズ/エンドゲーム2019年製作の映画)

Avengers: Endgame

上映日:2019年04月26日

製作国:

上映時間:181分

ジャンル:

4.6

あらすじ

出演者

「アベンジャーズ/エンドゲーム」に投稿された感想・評価

これは、卒業式でしたね。

卒業式って、泣いてもいいんですよね❓

ごめんなさい。
人目気にせず、声出して嗚咽の大号泣でした。
2回観て、2回ともに涙が止まりませんでした。

ただ、
悲しいだけの涙とは少し違って、
そこには、歓喜、熱狂、興奮、感動、
感無量、様々な感情が入り乱れての涙でした。

こんなにも、映画を観て泣き腫らした事はなかった💦

MCU全ての始まり、
「アイアンマン」から11年間。
過去21作品の集大成。
大完結編の22作品目の今作は、
インフィニティ・サーガ全ての完結の物語です。

トニー、スティーブ、ソー、ナターシャ。
11年間、ありがとうございました。
本当にお疲れ様でした。

そして、ご卒業おめでとうございます。

僕はあなた方と共に過ごせた、この11年間本当に幸せでした。
勇気、正義、友情、対立と団結、信頼。
ヒーローの存在意義。
そして、仲間の大切さ。

沢山の事を教えて頂きました。

そして何よりも、毎作品ごとに胸熱くさせられ、ワクワク、ドキドキ、ハラハラさせてくれて、大いに笑わせてくれました❗️

そして、
僕にも仲間が出来ました。

映画館横一列、10人のオフ会メンバーと今作を鑑賞出来た事は、この上ない幸福でした。
全員で連絡を取り合い、協力して3日前からのチケット予約の戦いは、伝説です。
同日に開催した、オフ会にも沢山の仲間が集まってくれて、今回も最高の会になりました。
この場を借りて、感謝の言葉を伝えさせて頂きます。
ありがとう❗️


そして、何よりもこんなにも、こんなにも毎回毎回最高に楽しくて、胸熱くなって、こんなにも次回作が楽しみなシリーズは、他にはありませんでした‼️
恐らく、今後映画史に残る名作になると思います。
リアルタイムで追いかけられて、みんなと共有出来て最高に幸せです。

ありがとう、
マーベル。

ありがとう、
全てのキャスト、スタッフの方々。

ありがとう、
スタン・リー。

ありがとう、
映画、フィルマークス、マーベルを通して僕と関わって、繋がってくれた方々。

愛してます。

3000回じゃ、足らない。

そして、
先輩が卒業したら、後は後輩達が更に勢いを増して活躍してくれると思います(^^)

頼んだよ、ピーター‼️
次は君の番だ‼️
ストレンジ先生も、国王も、宇宙のならず者もみんな付いてるから、安心して思いっきりやるんだ❗️

卒業された先輩方、
改めてありがとうございました。
そして、お疲れ様でした。
とりあえずは、ゆっくりと休んでください。

僕らも、彼らのこれからの活躍を期待しながら、ずっと見届けていきます。


そして、
モーガン。
チーズバーガー、お腹いっぱい食べてね。
でも、たまには野菜も食べなあかんで。
ソーのおじさんみたいな、ワガママボディにはならないように、気をつけて(^^)


それでは、


心から、感謝を込めて。


ありがとうございましたぁぁぁ‼️‼️‼️


エクセルシオール‼️‼️‼️‼️‼️‼️









※以下ネタバレ※

















もう〜、とにかく「これが、観たかった‼️」と誰もが思えるシーンの連続で、完璧なアンサーを示してくれたんではないでしょうか(๑˃̵ᴗ˂̵)‼️‼️


絶望のインフィニティ・ウォーからの、
史上最大のアベンジ‼️‼️

ただただ凄かった💦
最高の内容でしたね。


イキナリのホークアイファミリー消滅という、これまた悲しいスタートにお通夜モードでしたけど、
試合開始ラウンド1での、サノス一発KOは衝撃的でした💦

いくらキャプテンマーベルおっての、ストーン無しの、無防備隠居サノスに不意打ちだとしても、秒速での斬首はインパクト大でした💦💦

いや、でもソーよ。
もう少し情報を聞き出そうとしても、ええのではwww

でも、サノスを殺したとしても失った仲間は戻らない。

5年も経過して、、
正直この後、どんな展開になるのかも全く想像もつきませんでした。

え、サノスもおらんし、この後どうするん❓何するん❓
といった具合に、全くの闇でした。

だけど、遂に来ましたアントマン‼️
実はネズミがグッジョブww

なんとなんとー、
アベンジャーズ最終章にして、まさかの

「タイムトラベル」ものになるとは(๑˃̵ᴗ˂̵)‼️‼️


これは、もうムッヒャーでしたよww

映画館でヒャッハーですwwwww

しかも、
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」ネタ満載で‼️

まさかの、「マーベル」と「BTTF」の融合で、
僕の大好きと大好きが、結婚したようなもんですwww(๑˃̵ᴗ˂̵)‼️‼️‼️

コングラッチュレーショーン、です‼️

過去のインフィニティ・ストーンを奪いに、「アベンジャーズ」1作目であったり、ソーやガーディアンズの初期作の時代とシーンに今のメンバーが行き、しかもそれを別のシーンから見せるという、絶妙にして、ウレションな仕上がり(๑˃̵ᴗ˂̵)‼️‼️

まさに、「BTTF」のパート2を彷彿とします‼️


今までの過去作品がまた登場するという、
これまで、シリーズを追って観てきたファンへのご褒美的な仕様になっていました‼️

最高ですね‼️

全部観てる人はもちろん、
観てない作品があったら、
絶対に観たくなると思います(๑˃̵ᴗ˂̵)‼️

しかも、それぞれのキャラクターが1番に会いたかった人に会えたというのが、何よりも嬉しかったし、胸熱くなりました‼️

トニーとお父さん。
キャップはペギーと。
ソーはお母さんと。
クリントと、スコットは家族と、
クイルはガモーラと。

そのどの再会も、胸熱くなりましたし、
涙無しには観れなかったです(>人<;)


ホークアイとナターシャの、ソウルストー
ンのシーンもヤバかった、、、(>人<;)

嫌な予感したんです。
2人であの星に行った時から、、、。

てか、その前に未開の星にただの地球人2人だけで行かすなよーwwwww
ガイドも付けないで危ないでしょうがw‼️

どっちかが死なないといけないって、こんな残酷な事ありますか‼️

ナターシャにとっての家族は、アベンジャーズでしたね。

もう、ここは涙腺崩壊で顔グッシャグシャでした💦


そして、そして、
映画史に残る、史上最強クラスのファイナルシークエンスは、全穴から全汁が出尽くしました(๑˃̵ᴗ˂̵)‼️‼️‼️‼️‼️

2回目鑑賞は、3DIMAXやったので、
メガネonメガネの下は、涙と映画汁で顔面崩壊グッシャグシャというカオス状態にwwww

胸熱❗️激アツ❗️大興奮❗️

これは、凄かった‼️

もう、ずっと泣いてました。


インフィニティ・ストーンが揃い、皆が復活して安堵したのもつかの間、
過去から来たサノスが、
アベンジャーズ基地を爆撃‼️‼️‼️‼️

現れる、サノスの圧倒的物量の軍隊。
お馴染みの魚型の戦艦、
鎖に繋がれたヤバめの獣達ww、
アウトライダーズの大群に、懐かしのチタウリ、前作でも圧倒的な戦闘力を有したサノスの子〝ブラックオーダー〟達。

ゆうに万を超えてそうな大群に取り囲まれた、手負いのトニー達。

圧倒的、絶望感。

ここからの、ラストバトルは高まり過ぎてアドレナリン全開です‼️

遂に対峙する、
アイアンマン、キャプテン、ソーのビッグ3対サノス戦‼️‼️‼️

ストームブレイカーとムジョルニアの二刀流のソー‼️
キャップがムジョルニアを使いこなす‼️

かっこよすぎて泣きましたww


そして、キャプテンとサノスのタイマンバトル‼️‼️
サノスの大剣で何度も打ちのめされ、ボロボロに大破したシールド。

地を這うキャプテンが、血を流しながら
歯を食いしばって立ち上がり、シールドを締め直す‼️‼️

くぅーーーーー(≧∇≦)
たまらんーーーー‼️‼️


そうなんです‼️‼️

キャプテンは、

ヒーローは決して諦めない‼️

何度でも何度でも、立ち上がるんです‼️

何度倒されても、立ち上がるんです‼️


今までも、何度もその姿に勇気貰っていたんです‼️

立って、キャプテン‼️
サノスに負けるな‼️

その立ち上がるキャプテンの姿が胸熱過ぎて、最高にかっこよくて、自然と泣いていました(>人<;)


こんな、強い人に僕もなりたい。


そして遂にこの後、個人的最強最高の涙腺崩壊爆泣きシーンが来ます。

たった1人キャプテンと、サノスの何万という軍隊が対峙する絶望的なシーン。


からの、、




からのですよぉぉぉ、、、、




ストレンジ先生達の時空を越える光の輪から、現れるブラックパンサー達。

へ、陛下ぁぁ‼️‼️


次々と無数の光の輪が開き、
ガーディアンズ、スパイダーマン達前作で消えてしまった仲間達が次々と現れます
(>人<;)

それだけじゃありません、ワカンダの人々やアスガルドの民、ドクターストレンジの一門、てゆーか過去MCU作品に出てきたヒーロー達が全員集合するんです‼️‼️


もう、なんてゆーか、


圧巻で、、、感動で、、、、


涙でスクリーン、ボヤけてました(>人<;)


そして、
遂にキャプテンの待望のあのセリフです‼️


「アベンジャーズ、、、、
アッセンブル‼️‼️‼️‼️‼️」


桁違いのスケールのアッセンブルに、
大興奮です(๑˃̵ᴗ˂̵)‼️

嗚咽❗️鳥肌❗️歓喜と感動と感謝❗️
もうどの感情かわかりませんw
声出して、おいおい泣きました💦

号泣、号泣‼️

自分自身、軽く引くくらいw

トニーとピーターの再開にも涙。

ピーターを守るため、女性ヒーローだけが集結するシーンに感動。

キャプテン・マーベル の圧倒パワー。


勝てる‼️

今度は勝てるぞ‼️

5年越しの、アベンジじゃーー‼️‼️


今回のサノスは前作と少し描き方が違っていて、サノスの狂気が強かったです。

インフィニティ・ウォーの時は奴なりの正義があったんですけど、今回は、

「滅ぼす事を楽しむ」

と言い切ってしまっています。

はい、これで狂気の殺人者としての純粋なヴィランに堕ちました。

堕ちたというより、これは過去のサノスなので元々はこっちが本来の姿なんですかね。

もう、そんな奴は死あるのみです‼️

今回は、徹底してヴィランのサノスやったので、絶妙に前作と違う面にフォーカスを当てた設定もめちゃくちゃ上手かった‼️


ただ、トニーがインフィニティ・ストーンを装着してからの自分を犠牲にしたラスト、、、、、。

それしかないとしても、、、


それがストレンジの言う、唯一の勝利だとしても、、、


悲しすぎた。


サノス:
「俺は絶対だ」

トニー:
「それなら、、、私はアイアンマンだ」


もう、これは鳥肌全開の激アツ展開でした💦


なんと「アイアンマン」ラストで放ったこのセリフで締めるとは‼️


ニクい。


ニクすぎます。


かっこよすぎるでしょ。


力尽きようとするトニーに駆け寄るピーターが、

「スタークさん、勝ったんだよ‼️
勝ったんだ‼️」

と泣きながら伝えるところで、残ってないはずの涙がダダ漏れでした(>人<;)


かつて大量破壊兵器を量産していたけど、最期は、愛する家族を手にして、
己を犠牲にして世界を救ったトニー。

自分の人生を、改めて生きたスティーブ。

1000年振りの無職。
自分の行く道を、誰からも縛られずに進むソー。

エンドロールが、メインキャストのサイン入りで最後の涙です💦


本当にお疲れ様でした。

そして、

ありがとうございました。


総括して、、


今作を観て、

今までのシリーズを観てきて、

マーベルが好きで、

映画が好きでいれて、

僕は、、

幸せです。

また、宝物の作品が1つ増えました。
おねむ

おねむの感想・評価

5.0
2019/10/15
66番

66番の感想・評価

3.2
Netflixで隠居後のサノスに密着した番組を制作して欲しい
Chihiro

Chihiroの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

ほんとうに終わってしまった…
もう180分間とにかく震えたし想像以上に泣いたしみんなほんっっっとにかっこよかった!!

ただ、、ナターシャーーーーー😭😭
ブラックウィドウって自分では空飛べないし、常にほぼ生身で、ずば抜けた身体能力と銃ひとつで闘い続けて特別な能力があるわけでもないけど、冷静なようにみえていちばん仲間(家族)おもいでアベンジャーズには絶対に欠かせない人…😭なのにぃーー

「それじゃあ1分後に」って笑顔で残した言葉が余計悲しい…推しメンを失う辛さを初めて痛感した…

アベンジャーズは終わってしまったけど、2020年の”BLACK WIDOW”が待ちきれない!!
ミ

ミの感想・評価

5.0
3時間が、10分で終わった。
キャプテンについてきてよかった、、
、、なんも言えねぇ、、、、
。・°°・(>_<)・°°・。
Shuta

Shutaの感想・評価

4.5
アッセンブル
michie

michieの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

私のバッキー戻ってきた😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭
ぜんぶ心しんどい😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭
みんな戻ってくるとこ何度も巻き戻しして20回はリピートしてしまった
細かいところ言うとキリないけど、

涙の連続


DC派ってうるさい私やけど、マーベル作品全て観てきたし人生で大きな影響を与えてくれたことも間違いないのでオープニングからエンディングまで終始この作品たちに出会えて良かったと心から思いながら胸が熱くなってました。
ありがとう、アベンジャーズ!
個々の単独シリーズも全部リアルタイムで観てたからね!全員ひとりひとりにありがとうと伝えたい
いやー、それくらいほんとに良かったな。
ほんとに良かった。
こだ

こだの感想・評価

4.0
きろく
とりあえずアベンジャーズシリーズの前後を知らずに借りてしまい、おもいっきり前後ある映画だったみたいです(笑) きっと前編? をわかってる前提で話が進んじゃって、チンプンカンプンでした。きっと好きな人向け笑いもあった感じで。
でもきちんとコミカルさとアクションもあって楽しかったです。
>|