アベンジャーズ/エンドゲームの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

アベンジャーズ/エンドゲーム2019年製作の映画)

Avengers: Endgame

上映日:2019年04月26日

製作国:

上映時間:181分

ジャンル:

4.6

あらすじ

出演者

「アベンジャーズ/エンドゲーム」に投稿された感想・評価

中途半端にマーベル知ってる状態での鑑賞。それでもオールスター総出演でその登場もカッコ良いし最後も感動的?だった。
うさぎ

うさぎの感想・評価

5.0
3回観に行った。そのくらい良かった。
Couldn’t be better
たぴろ

たぴろの感想・評価

1.0
監督が作った同人誌。

『これまでのファンだからこそ楽しめる』の方向性を履き違えていて、アベンジャーズって何だったのかな、と辛くなります。
過去作品を作り上げたスタッフ達に失礼な面が多々あると感じました。
少なくとももう【ヒーロー映画】ではなくなったと思います。
笑いのシーンも、誰かを下げる笑いばかりで、大好きなキャラクター達を馬鹿にされているように感じました。
時間操作についても穴が多く、説明的なわりに筋が通らない点ばかりです。
テンポも悪く、3時間も使ってるのに「え?あれはどうなったの?」ということばかり⋯
あと、恐らく監督は好きなキャラクター達以外キャラが掴めてないというか、これまでの作品観てないのかな?と思うレベルです。「あんた誰?こんなこと言う(する)人じゃないのに」と思いながら観ました。
辛いですが、推しの顔を観るためだけに円盤観ます。
桃鈴

桃鈴の感想・評価

4.0
marvelの集大成
全作品は見ていないので途中あなた誰?的な方が沢山出てきた。全て見ている人にとっては夢のような作品だと思う。
The USAを感じる壮大さだった。
3,000回愛してるに涙。
大絶賛されるほどの内容ではない。
もはやこれはファンディスク。

アクションシーンは少なく、説明シーンが長い。
なのに、マーベル作品初見の人にとっては、意味不明な所が多い。

登場人物も多くて誰が誰だかわからない。
今までの作品を何本も見ていることが大前提みたい。

出だしから、奇跡の救出劇あり
タイムスリップあり
あっさりタイムマシーンが作れるなら、なんで今まで作らなかった?
過去の人たちは、彼らが未来から来たことをなぜか即理解。
たいした説得セリフもないのに、コロッと味方になったりする。
しまいには、ワラワラたくさんの敵味方が入り乱れる。
もう何でもあり!
伏線が全くなく、突然好転する。
(過去作に伏線があっても、それを見ていない人には不親切な作り)
なにがなんだかよくわからない3時間。
前年のスパイダーバースが面白かっただけにがっかり感が半端ない。

もちろんマーベルファンなら楽しめる内容もあるかもしれない。
平均で3.8~4.3とかなら、高い数値でもまだわかる。
平均4.6となると、どんな名作でもほとんどお目にかからない点数。
この作品が、あらゆる名作と比べて、そんなにすごい作品なの?
何か忖度が働いてるのかな?(他の評価サイトでもここまで高くない)
ストーリーの浅さや脚本の雑さに、多少目をつぶったとしても、これほど多くの人が5.0をつける状況は、さすがに異常だと思う。
Saadiyat

Saadiyatの感想・評価

4.0
総出演
楽しいし迫力。
梅

梅の感想・評価

-
たった一度を何度も繰り返せるという矛盾は映画だけが受け入れる。

過去作で遊んでいる感じが良かった〜
blaco

blacoの感想・評価

3.9


これで終わりなの…?寂しい…

予想してた終わりかたと違った!!!


クリス・プラットとトム・ホランドは最高
好き…
るっち

るっちの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

光の輪がいくつもあらわれてヒーロー達が帰還するシーンで、「あーこれ見るために何年間もMCU追っかけて来たんだなー」と思いました。
全ての登場人物が幸せになれた訳じゃない。みんな何かを失っている。そして悲しい思いをしたファンも沢山いたでしょう。これ見た後はスタークファンの友達と3時間ぐらい泣きながら喋ってましたけど。
でも、私はリアルタイムでこの映画観れて本当に良かったと思います。

沢山のゲストキャラが出てきたけど、ハワードスタークとエンシェントワンの登場にはびっくりしすぎて映画館で「わあっ」って声を出してしまいました。楽しかった。号泣しました。

3時間という枠の中で全ての登場人物の思いを捉えることは出来なかったと思います。しかし限界ギリギリ本当に逃げのない大勝負のエンターテイメントをこれだけ大きいバジェットの作品で観られるというのは奇跡だと思います。
大げさだけどこの時代に生まれて良かったー!!ってなりました。
全てのキャスト、そして製作陣へ感謝します。ありがとうございました!!