アベンジャーズ/エンドゲームの作品情報・感想・評価

アベンジャーズ/エンドゲーム2019年製作の映画)

Avengers: Endgame

上映日:2019年04月26日

製作国:

上映時間:181分

ジャンル:

4.6

あらすじ

出演者

「アベンジャーズ/エンドゲーム」に投稿された感想・評価

言いたいことはたくさんあるけど何も言えない。ありがとうアベンジャーズ。ありがとうヒーローヒロインたち。
いいの

いいのの感想・評価

5.0
長すぎて3000回トイレ行った。
tokohara

tokoharaの感想・評価

4.1
さすがです
namio

namioの感想・評価

3.7
ソーの変わり果てた姿が印象的でした笑
アクションは爽快で面白いんだけど、ちょっと尺が長くて観るのに疲れた〜

このレビューはネタバレを含みます

愛してるキャプテンアメリカ !!!!貴方の負けること分かってるはずなのに立ち向かっていく姿、本当に感動した。その心があるからムジョルニアを持ち上げることが出来たんだ。
Natsuki

Natsukiの感想・評価

4.6
アベンジャーズの推しメン、ソーの意外な姿に序盤からやられました🤭
そしてもう1人大好きなワンダの戦闘シーンは毎回鳥肌です。圧倒的に強いかっこいい〜!今更になったけど思えば令和初映画だった👌🏻
jam

jamの感想・評価

4.5
あっという間
公開から3ヶ月経ってたけど、記録

まず大前提として、
このシリーズは今までに無い、画期的で挑戦的で尚且つ緻密な計算とデザインが施されたもので、それは商業的・作品的にも大成功を収めているし、そもそも根幹には「素晴らしいモノを作りたい」っていう強いクリエイティビティがある。

そんな努力の結果だから、エンドゲームには文句のつけようが無いし、文句言える人なんて誰もいない。

つまりこの映画にはレビューなんて必要無いって訳。
【The End of History and the Last Man】


「ある日どこかで(シュワルツ)」の主人公リチャードは本当に四次元座標系を旅したのだろうか。全て彼の夢想 ー走馬燈ー とゆう事はないだろうか…。

冒頭早々の昏倒/意識不明。リビングウィル/遺言。肉親との邂逅。科学的整合性稀薄な御都合主義。ハッピーエンディング ― 本作の“彼”にもまた「ある日~」同様の因子が垣間見える―“今際の廻り燈籠”が―。

一応は、凡そ10年/20作のシリーズに連なる一作であるらしいが、前述した因子を鑑みれば たとえ本作単体観賞でも然程不得要領とは思うまい。
否、寧ろシリーズである事に囚われぬ方が それらはより強く感取出来よう。


死者の来訪。走馬燈。ディケイド/10年。そして現代アメリカと世界に対する修整意識。「ある日~」以上に、そして主題的類似性指摘すべき作品として浮かび上がるのが イーストウッド「運び屋」か。

即時的現社会への鬼胎が漲っている。




《劇場観賞》
アベンジャーズの終わりはこれで良かったと思う。ただ話が少し長い。
>|