しょうた

プリデスティネーションのしょうたのレビュー・感想・評価

プリデスティネーション(2014年製作の映画)
3.6
期待せずに観たら結構面白かった。
SFタイムトラベルサスペンスながら分かりやすい内容ですんなりと世界にはまりました。
前半はイーサンホークとサラスヌークの会話劇。
さっさとイーサンホークなんかアクション始めろよと焦燥感にかられましたけど、会話劇の内容が興味深くサスペンス感溢れながら展開するので面白い。
その会話劇終わったら急展開の伏線回収。終わり方も面白かったけど、上映時間が短いせいで人物描写が少し薄くストーリーも分かりやすかったので物足りなく感じつつ満足感はありました。

イーサンホークのどこかクセのある表情を見せながらの安定した演技、サラスヌークの美しい存在ながらの怪しい演技。この二人がだったからこそこの映画を面白くさせたと思う。