aca

プリデスティネーションのacaのレビュー・感想・評価

プリデスティネーション(2014年製作の映画)
3.8
鶏が先か、卵が先か…劇中のセリフでも登場し、まさにこの映画を一言で表していると思う。

こんな難しいSFだとは思ってもなくて、おもわず夕食の手を止め、何度も巻き戻し、しかし、考えれば考えるほどわからなくなってしまった…

女優サラ・スヌークの体も心も張った演技に、見入ってしまった。恐るべし役者魂。いまや、元々男でした、女でしたっていうのはテレビでよく見るけど、「性別が変わる」ということがいかに大変で大きな大きなことなのか痛いほどわかった。

イーサン・ホークの演技はじわじわくる。昆布だしみたい。作品のおいしいとこおいしいとこ持って行ってしまう(いい意味で)。同じく頭悩ます系SF「ガタカ」を思い出した。静けさが似ている。

原作が有名らしいので読んでみたい。結構忠実にセリフなども再現されているという。さて、このポンコツ文系アタマで理解できるのかしら…