ありりんご

プリデスティネーションのありりんごのレビュー・感想・評価

プリデスティネーション(2014年製作の映画)
1.0
これねw もうね、なんというか、つまらない上に狐につままれた気分になるヤバイ映画。

完全に広告に騙されて、スタイリッシュな時空警察モノと期待して観たから、大波乱!!バッチリ落胆しました。
こういうのは映画広告のミスであって、本来はダメだと思うんです。

映画とか本とか、好き好みがあって、こういう系が好き!って人が、そういう系を選んで楽しんでるものだから、
そういう系が好きじゃない人たちに、そういう系だと誤解させて見せることで、
映画の本来の評価を著しく下げることに繋がると思うんです。

逆に、広告を見て、こういう系は好きじゃないなーって判断して観なかったけど、
実は好みの映画だった!みたいなのも作ってしまうのだから、
本来付くべきファンも失ってしまう。
良くない良くない。

それはさて置き、
この映画は、ナルシストの映画です。
自分大好きな人の、大好きすぎる人生。
それが結末的にある種の嘆かわしさを導くんですが、
それが自業自得感たっぷり。

感情移入しにくいと感じました。

自己愛の哲学的考察をしたい人にはオススメ
SF好きの人には、そんなにオススメしません

レビューを再編集してるうちに間違って破棄しちゃったので、再投稿