プリデスティネーションの作品情報・感想・評価

プリデスティネーション2014年製作の映画)

Predestination

上映日:2015年02月28日

製作国:

上映時間:97分

3.7

あらすじ

〈奇妙な発端〉 1970年、ニューヨークの酒場に現れた青年がバーテンダーに奇妙な身の上を語り始める―。女の子として生まれ、孤児院で育った“彼”は、18歳の時に恋に落ちた流れ者との子を妊娠。しかし、その男はある日“忽然”と姿を消し、赤ん坊も何者かに誘拐されていた。そして、出産時の危機から命を救うため、自分は男になったという……。 〈驚愕の事実〉 青年の哀れな境遇に同情したバーテンダーは、自らの驚く…

〈奇妙な発端〉 1970年、ニューヨークの酒場に現れた青年がバーテンダーに奇妙な身の上を語り始める―。女の子として生まれ、孤児院で育った“彼”は、18歳の時に恋に落ちた流れ者との子を妊娠。しかし、その男はある日“忽然”と姿を消し、赤ん坊も何者かに誘拐されていた。そして、出産時の危機から命を救うため、自分は男になったという……。 〈驚愕の事実〉 青年の哀れな境遇に同情したバーテンダーは、自らの驚くべき素性を明かす。なんと彼は未来からやってきた時空警察のエージェントだった。青年に自分の人生を狂わせた者への復讐のチャンスを与えるため、バーテンダーは1963年にタイムスリップし、さらに青年をエージェントにスカウトする。 〈時空を超えた宿命とは〉 エージェント引退を決意しているバーテンダーの真の目的は、因縁ある連続爆弾魔フィズル・ボマーの犯行を阻止すること。はたしてバーテンダーは爆弾魔を発見できるのか?彼はなぜ青年をリクルートしたのか?そして時空を超えた壮大なミステリーの背後に隠された衝撃的な“宿命”とは――。

「プリデスティネーション」に投稿された感想・評価

tottsun

tottsunの感想・評価

4.0
私が最近見た映画98
「プリデスティネーション」
インスタのフォロワーさんがオススメしてて気になったのでレンタルしてみました!
タイムトラベルの話ですが純粋なそれではなく何から説明したら良いか分からないw
とあるバーに現れたジョンは彼が生きてきた半生をバーテンダーに語る。
それは世にも奇妙で信じられないようなものだった。
そこから物語は始まる。それは正に宿命。プリデスティネーションである。
イーサン・ホークは安定の演技です。いつも通りというか安心して見れます。それよりもジョン役のサラ・スヌークの演技が際立っていました!
低予算の映画ということですが、この映画はそれでも良いんです。
ちょっと混乱しますがとにかく見て欲しい作品です。
私的には☆☆☆☆かな。
UKI

UKIの感想・評価

-
記録
ループ系?
難しく、内容が分かってくると少し気持ちの悪い映画だった
けど、嫌いじゃない
独り言

独り言の感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

原作未読。壮大なる独り相撲。
けどこういう系のお話は大抵先が読めてしまうのでキモの所が想像通りだと、それ以上がない。
今回も自分が思った通りのトリックの話だったのでそこまで楽しめなかった。
多分原作発表当時なら反応はもっと新鮮で良かったんだろう。
ゆら

ゆらの感想・評価

5.0
なんだこの映画、すごすぎる。
時空へ逃げても追い詰めるというキャッチは完全にミスですね。
1時間37分でこの内容の濃さ、
タイムリープものという前知識だけで見始めて、てっきり時空を超えて戦う系のアクションかと思いきや、こんな脚本どうやって書いたんだとその発想力に感動してしまうくらいの超展開。
確かに、ループしているという発想は誰にでもあるかもしれないが、そこをうまく見せて細かいところの伏線など全てがガッチリと繋がる物語に仕上げたのは流石としか言いようがない。物語はジェットコースターのように急加速していく、しかし内容はゆったりとした伏線回収。これがクセになる映画でした。
SFというより癖あるヒューマンドラマ
Takuma

Takumaの感想・評価

4.3
タイムトラベルSFアクションかと思っていたのに、、

何やらしんみりと語り始め、、

!?!?!?

凄まじいストーリーだった!
「プリデスティネーション」
みつこ

みつこの感想・評価

3.7
TSUTAYAのnotジャケ借りで。
いいもん観た
わーお
>|