たぬき

スポットライト 世紀のスクープのたぬきのレビュー・感想・評価

2.0
カトリック司祭に対してある意味反逆的な行為(正しいことをしているが)をすることの難しさが伝わる。
ただ、映画としては身近でない故に入り込みにくかったのと実話を映画にしているため淡々とした物語のように感じた。