スポットライト 世紀のスクープの作品情報・感想・評価

スポットライト 世紀のスクープ2015年製作の映画)

Spotlight

上映日:2016年04月15日

製作国:

上映時間:128分

3.8

あらすじ

「スポットライト 世紀のスクープ」に投稿された感想・評価

yuju

yujuの感想・評価

4.0
仕事もののおもしろさ。
プロの新聞記者たち。
弁護士や教会関係者も、それぞれに自分の世界を全うしてると言えるのかも。
スケ

スケの感想・評価

4.0
そんなに期待してなかったけどめっちゃおもしろかった。
マスコミって本来こうあるべきよね。自立してどこにも偏らない。

宗教がそんなに生活に密接してない日本ではこの事件の大きさがちゃんと実感できないけど、海外では衝撃だったろうな。例えるなら、ある県の小学校の担任とかクラブのコーチの1割が虐待しまくってた感じなのかな。Survivorって表現がえぐい。
なほ

なほの感想・評価

3.8
面白かった、ペンタゴンペーパーズも良かったけどこっちも良い
chikichiki

chikichikiの感想・評価

3.7

実話ベースの作品として申し分のない完成度です!

若干会話による情報量が多いので、鑑賞中は結構集中力が必要でした。

アカデミー賞における作品賞・脚本賞のダブル受賞も納得の出来栄えで、ドラマ性のあるストーリーにミステリー風味も加わり、後半からの広がりを感じさせる展開や前半でのセリフが後半で活きてくる構成も見事です。

また、俳優時の自然でリアルな演技も素晴らしかったです。

本作の題名を象徴する様な「私達は毎日、闇の中を手探りで歩いている。そこに光が射して初めて間違った道だとわかる。」

とういう発言は、実際に事件を追っていて記者たち(特にロビー)に言わせた方がドラマチックになるところをあえて、物語上ではある種、外野的な立ち位置の新局長バロンがさらっと言ってしまうのがリアルだなと思いました。

エンターテイメント的な過度な演出がないのが本作の魅力だとおもいます。

しかし、現実に起こったことをリアルに描いているために、宗教観について深く理解できていない私の様な人間には、この事件の経緯やそれに対する憤り、また、いかにこの記事がセンセーショナルなものであったのか等が伝わりづらく、この事件を身近なものとして感じられないと、強く揺さぶられる様な感情起伏の面がごっそりに抜け落ちてしまうなという印象を受けました。

評価としては傑作!
しかし"素晴らしい作品=好きな作品"にはなり得ないのだと改めて感じ、言葉では理解できてもその本質を理解できていない感が残りました。
オスカー受賞作の中でちょいと地味なこちら。重いテーマの実話って、ちょっと尻込みしちゃうけど是非見て欲しい。かなり見やすいし、俳優も好き。
最近のオスカーは単調に人種差別に対する問題提起ばかりな気がするけど、その中で批判対象が明確なスポットライトの作品賞受賞は意味合いがまた別。エッジ効いてる。
本当に色々と考えさせられたけど、何より自分の仕事に彼らのジャーナリズム程の意義ってあるのかなあって…
rage30

rage30の感想・評価

-
GYAOにて再見。

神父による子供への性的虐待事件を暴いた記者達の物語。

記者達の地道な取材の模様であったり、思う様に記事が書けない苛立ちといった様子が丹念に描かれていく。

その重苦しさがこの映画の良さでもあるのだけど、その一方で、情報量が多くなる事で焦点がボヤける弊害もある様に感じた。

記者達の仕事ぶりを伝えたいのか?神父の悪行を伝えたいのか?カトリック教会の腐敗を伝えたいのか?法曹界の不備を伝えたいのか?

これらのテーマを1つに詰め込んだせいで、どこか印象に残らない作品になってしまっている気がする。

例えば、『フロム・イーブル 〜バチカンを震撼させた悪魔の神父〜』というドキュメンタリーは、神父の悪行にテーマを絞ったおかげで、今でも強烈なトラウマとして記憶に残り続けている。

本作を見て、事件に関心を持った人は是非、このドキュメンタリーも見て欲しい。
棚橋

棚橋の感想・評価

4.4
新聞の持つ底力を見せつけられた。

最後のシーン
被害者たちが、誰にも言えなかった苦しみから少しでも解放されていることを思うと、胸が一杯になる
JACKMAN

JACKMANの感想・評価

3.5
ジャーナリズムが世の中の不正を暴いたストーリー。そうゆう点では評価できる。ノンフィクションでもあり、ドキュメンタリー調。
まつ

まつの感想・評価

4.0
ザ・ジャーナリスト!
>|