スポットライト 世紀のスクープの作品情報・感想・評価

スポットライト 世紀のスクープ2015年製作の映画)

Spotlight

上映日:2016年04月15日

製作国:

上映時間:128分

3.8

あらすじ

2002年1月、米国の新聞「ボストン・グローブ紙」が、カトリック教会の信じがたい実態を報じた。数十人もの神父による性的虐待を、教会が組織ぐるみで隠蔽してきた衝撃のスキャンダル。その許されざる罪は、なぜ長年黙殺されたのか。《スポットライト》という名の特集記事を担当する記者たちは、いかにして教会というタブーに切り込み、暗闇の中の真実を照らし出したのか…。

「スポットライト 世紀のスクープ」に投稿された感想・評価

箱蛙

箱蛙の感想・評価

2.5
2016/04/27(TOHOシネマズ府中)
YuhiKimura

YuhiKimuraの感想・評価

4.5
まさに世紀のスクープ
間違いなく見る価値あり
これが実話を元にしてるところもすごい
Yamato

Yamatoの感想・評価

3.8
仕事に対して熱い!実話ならではのリアリティ。
airlyeri

airlyeriの感想・評価

4.1
レイチェルマクアダムが良い
まあまあ面白い
実話なのがすごい
vege

vegeの感想・評価

3.8
社会的意義がありすぎる映画。
2002年の記事・・・
9・11の前後にこんな事があったなんて
egn

egnの感想・評価

3.8
あらすじ(要約練習):世界三大宗教とも言われるキリスト教。その水面下ではカトリック教会の聖職者である神父の一部が無垢で敬虔な子どもたちの精神を利用し、まさに心的凌辱とも言える狡猾な手段で性的虐待を繰り返していた。しかし教会側はこれらを黙認。宗教がらみともなり、みな知らぬ存ぜぬとタブー視する扱いであった。そんな中、人事異動に伴いとある新聞社がこの悪質な問題に目を向ける。次第に明るみになる真相、浮き彫りとなった現実に一同は絶句する。敢えて触れられなかった禁忌に踏み込む、勇気と強さを持った記者たちの映画。(無駄が多い)

“Pray(祈り)ではなくPlay(餌食)”


 まさにドラマチックな展開で、終局に向け勢いを増し、脚色を含んでいるであろうがしかし壮大な結末に、単純ながら心動かされるものがあった。
 新聞記者として、複数人がプロフェッショナルな働きで各々情報を集める。カットを利用して淡々とテンポよく映し出す映像は観ていて心地よかったし、映画には向いているテーマなんじゃないだろうか。
 問題が明るみになるにつれ、その事実を知った編集部の面々が絶句するシーンは生々しくてよかった。
 しかし音楽とおしゃれな画面演出は劇場の豪華な音響やスクリーンがあってこそより活きるものだが、映像美の求められる作品ではないので自宅のテレビやらパソコンによる視聴で十分だ。敷居としては「ネットフリックス」向け作品と思える。



***
失礼ながら、ながら見鑑賞のため見逃しているのかもしれないが、新編集長がユダヤ人であることにきっと意味があるのだろうが、それがなにかわからない。
また、なぜ彼が突然、この神父による児童性的虐待問題を取り上げたのか…読解しきれていないところだ。
かしま

かしまの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

映画の最後の最後
虐待の発覚した都市が数え切れないほど映し出されて被害者は1000人を超えているらしい
なにかあると思いつつも見ないふりをしてきたなにか 身近に迫って初めて恐ろしさとか問題の大きさに気付くのめっちゃ嫌だ。映画でも誰か言ってたけど、教会なんて所詮人間が作ったものだもんな
tuge

tugeの感想・評価

4.0
鑑賞記録
>|