スポットライト 世紀のスクープの作品情報・感想・評価

スポットライト 世紀のスクープ2015年製作の映画)

Spotlight

上映日:2016年04月15日

製作国:

上映時間:128分

3.8

あらすじ

2002年1月、米国の新聞「ボストン・グローブ紙」が、カトリック教会の信じがたい実態を報じた。数十人もの神父による性的虐待を、教会が組織ぐるみで隠蔽してきた衝撃のスキャンダル。その許されざる罪は、なぜ長年黙殺されたのか。《スポットライト》という名の特集記事を担当する記者たちは、いかにして教会というタブーに切り込み、暗闇の中の真実を照らし出したのか…。

「スポットライト 世紀のスクープ」に投稿された感想・評価

箱蛙

箱蛙の感想・評価

2.5
2016/04/27(TOHOシネマズ府中)
ゆカピ

ゆカピの感想・評価

4.5
すごくいい映画。傷ついた人に寄り添う優しさ、勇気で時代は変わって行く
しぇい

しぇいの感想・評価

4.3
映画自体はテンポよく話が進むので、重いテーマであるものの非常に見やすい。

使命感を持って「タブーに」に対して取材し続けた記者の勇気、根気に脱帽。

そして、これが実話だということがとにかく恐ろしい。
りか

りかの感想・評価

4.0
字幕なし
滝和也

滝和也の感想・評価

4.0
久々に堂々たる
アカデミー作品を見た。
これもアメリカ…。
アメリカの、そして
アメリカ映画の
公明正大さを見た。

カトリック教会の闇を追うボストン・グローブの記者たちをドキュメンタリー調で追う今作。神父の小児虐待と言うショッキングな内容であり、教会の隠蔽、信者・街への裏切りと言う不可侵な犯罪を暴く姿を事実として丁寧に積み上げて行く、実話である。

決して派手さはないものの、アメリカと言う国、そこに生きる人を浮き彫りにして行く、その丁寧な話法と真実の力に驚嘆する。アカデミー作品賞に相応しい作品。

過去、新聞記者を主役に実話を基に描かれた作品と言えば、70年代の傑作「大統領の陰謀」だろう。こちらは当時大統領だったニクソンのウォーターゲート事件を暴いた記者の物語であり、こちらも秀作。

それに匹敵し勝る作品と言える。アメリカの自由と正義を守ると言う視点から描かれる骨太な作品がかの地では、数年に一度傑作として送り出されてくる。その姿勢や懐の深さに感嘆する。まあ大統領の方が怪しげな情報提供者が登場する故、今作がより、映画としても良くできているとは思う。やや怪しげな電話の方もいるが(^^)

私の中で本質までは理解できていないのかなと思うのは、教会・神父の立ち位置である。聖職者としてどれ程の尊敬を得ているのかは日本人には理解できていないのかも知れない。キリスト教カソリックの教会は幼き頃から当たり前に行く場所であり、信仰心を持つのが当たり前の欧米人とは余りにも価値観が日本人は違う。私もその一人であり、何故そこまで我慢が…と言う感情はある。ただ怒りのみは同じだ…。

主演のマイケル・キートンに興味をスパイダーマンで持ち、見てみたが、抑えた演技で大人のチームリーダーを見せてくれる。若手記者としてマーク・ラファロ。この二人がぶつかるシーンが唯一熱いので印象深い。女性としてレイチェル・マクアダムス。綺麗なだけでなく、繊細な表情がいい。祖母とのシーンに注目して欲しい。また静かな作品故に出演者の演技が問われるが、皆が上手い。
 
静かであるが、事実の残酷さに悲しくなりつつも、事実を追う姿に感銘する作品。オススメですね(^^)
Koyu

Koyuの感想・評価

-
まさか神父が性的虐待をしているなんて驚きでした。私の身近に神父がいないですが、私のイメージでは信者から信頼される人でしたがこの映画をみてそのイメージが覆ってしまいました。
またスポットライトのメンバーたちの奮闘は記者の本来あるべき姿を感じられるものだった。
Minoooo

Minooooの感想・評価

4.5
実話ってやっぱ好き。
ただこれは記者の情熱注いだお仕事ものって感じがした。

このレビューはネタバレを含みます

衝撃的だった…
権力というもの人間の恐ろしさを改めて感じた。
このような出来事は日本でも置き換えると「いじめ」として多くの場所で起こってると思った
自分も黙殺してきた…
その中で証拠がある中、行動に移せる人間は強いと思った
少数派を多数派にするのは難しい…

ストーリーは実話だしとても良かったのだけれど映画としてはそこそこの評価
人の名前が多くて覚えにくいのがかなりマイナス…
それと盛り上がるような場所があるわけではなく淡々と事実だけを伝えるというようなイメージの映画!
>|