スポットライト 世紀のスクープの作品情報・感想・評価

スポットライト 世紀のスクープ2015年製作の映画)

Spotlight

上映日:2016年04月15日

製作国:

上映時間:128分

3.8

あらすじ

「スポットライト 世紀のスクープ」に投稿された感想・評価

箱蛙

箱蛙の感想・評価

2.5
2016/04/27(TOHOシネマズ府中)
yuna

yunaの感想・評価

4.0
観てよかった!2回観てオープニングからの繋がりを理解できました。
「ボストンのカトリック教会では神父が子どもに性的虐待を加え…その事実を枢機卿が黙殺していた」もし文字にするならこの数行かも。だけど、その事実を新聞社が報道するということがとてつもなく困難で、世界を巻き込むほど驚愕で、ラストでは喉の奥がつっかえる気持ちになりました。
私は何で今までこの事実を知らなかったんだろうと後悔。そもそも無宗教人間なので知る機会がなかったんですが……
カトリック教会という信仰の力。神父という"神"に逆らえなく子どもたちが犠牲になっていた事実。
この子どもたちが大人になって「生きている」確率が少ない事。宗教という大組織が絡むとても根が深い問題です。信仰を信じる人々への裏切り行為…

新聞記者の仕事ってすごいですよね。
まだレビューしてないんですけど、最近「スリービルボード」を観たんです。そしたら主人公が家に来た神父に「…2階で聖書を読む神父の下では別の神父が少年に性的虐待を加えている…」というブラックユーモアのようなセリフを放っていて。
現代社会で神父に持つ裏のイメージが浸透しているんだな〜と思いました。
でも現代社会だけじゃないんですよね。50年、60年前からは確実に。下手したら100年以上も前からカトリック教会の虐待は続いて被害者は声を上げれなかったかと思うと息が詰まります。
何故、2001年になってからなのか…?
ボストン・グローブ紙がどうしてこの記事をピックアップする事にしたのか。実際に当時の記者に聞いてみたくなりました。

キャストもとても良くて、胸に刺さる言葉が多かったです。
新聞にするまで情報を集めている間にも被害者が増えていること。
新聞記者の仕事はあくまでも記事を書くことであって、正義の味方になる訳ではない。そんな葛藤もすごく伝わります。
真面目な話ですが、緊迫感もあってとても良かったです。
SkeeM

SkeeMの感想・評価

3.7
派手な描写が無いので、淡々としたドキュメンタリーを抵抗無く観れる人にはオススメ。記者たちの地道な取材が真相に近づいていく過程、そしてラストシーン、私はゾクゾクしてしまいました。
Denkishino

Denkishinoの感想・評価

3.5
久しぶりのレビュー。
衝撃的な内容ではありました。「カトリック教会の性的虐待事件」として、この映画の指す実際にあった、今でも起こっている事件として問題は解決されずにいます。
ただ映画としてはどうなのかと、ふと感じました。内容が衝撃的なだけに、その内容に引っ張られ映画としての映像の魅力、構図や色合い、構成の良さなどはあまり感じられなかったと思います。どちらかといえばドキュメンタリーですが、そうでもない中間地点の雰囲気でした。
2016年アカデミー賞としては、「レヴェナント 蘇りし者」がノミネートでしたが、こちらの方が内容はともかく映画としての魅力はあったのではと感じます。しかしこれにはアメリカ社会を揺るがす教会の闇を扱った内容だけに、その社会的な効果も狙ったこともあるでしょう。純粋に映画としての評価のみでの判断には難しいところとも思います。

映画には直接関係ないことを。
気になったので色々関連記事など読んでみまして、この映画でも挙がった、多くの性的事件を起こしたジョン・ゲーガン神父は、後に起こした同じような事件で禁錮の実刑判決、聖職も剥奪、収監されている間に他の収容者からの暴行で死亡という壮絶な最期を迎えています。
そして気になるのは、映画内でも医学療法士の電話取材で言っていた「聖職者の全体の6%が起こす現象」という内容。後のカトリック教皇が「全体の5%の事実がある」と公言したようですが、その起こる理由ですね。そういった性癖を元々持つものが聖職につくのか、それとも無い人間も染まるのか。全体の聖職者数が減っても5、6%現れるならば、現象といえるのかもしれません。教会がこの映画の内容の事件を、隠蔽していた事実がニュースではありますが、根本的に考えると、もはや教会の闇ではなく人間の闇です。 きっと教会側も頭を悩ます事件、現象ではあると思います。性癖なんて、それぞれ吐露すれば、それぞれ嫌悪感を抱くことでしょう。とても言えない性癖をもってしまうことも、もっていることもあるに決まっています。ただ言えるのは「実際にやってはいけない」それだけでしょう。
maro

maroの感想・評価

3.5
長く気になっていた作品をようやく。
もっと重いかと思っていたけど、そこまでではなかったです。
実話ベースだからか、大きな盛り上がりはありませんが、事実が明らかになっていく過程は見応えあり。
しのの

しののの感想・評価

3.7
演技が死ぬほど上手い世界仰天ニュースみたいな面白さ
この事件は、根絶しなければ
まだまだ多くの少年たちが犠牲に

善とされる者がなぜ?
この人も…あの人も…
犠牲者だった過去
できるなら忘れてしまいたい
でも同じあやまちを繰り返す

頼む!
真実にスポットライトを!
>|