スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

Spotlight

上映日:2016年04月15日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:128分
    監督
    トーマス・マッカーシー
    脚本
    トーマス・マッカーシー
    ジョシュ・シンガー
    キャスト
    レイチェル・マクアダムス
    マーク・ラファロ
    マイケル・キートン
    スタンリー・トゥッチ
    リーヴ・シュレイバー
    ビリー・クラダップ
    ジョン・スラッテリー
    ジェイミー・シェリダン
    ポール・ギルフォイル
    ブライアン・ダーシー・ジェームズ
    ラナ・アントノーヴァ
    あらすじ
    2002年1月、米国の新聞「ボストン・グローブ紙」が、カトリック教会の信じがたい実態を報じた。数十人もの神父による性的虐待を、教会が組織ぐるみで隠蔽してきた衝撃のスキャンダル。その許されざる罪は、なぜ長年黙殺されたのか。《スポットライト》という名の特集記事を担当する記者たちは、いかにして教会というタブーに切り込み、暗闇の中の真実を照らし出したのか…。

    「スポットライト 世紀のスクープ」に投稿された感想・評価

    箱蛙
    2.5
    2016/04/27(TOHOシネマズ府中)
    KenzOasis
    4.5
    「スポットライトです」

    こういう映画はめっちゃ好きなんですが、実話ベースの中でもトップランクに良かった。
    ジャーナリストがジャーナリストらしく、いい仕事をしているだけの地味な映画なんですけど。

    光が当たって初めて、間違っていた道だとわかることもある。

    ボストンという街では意識的にも無意識的にも教会が一番上にあって、どうにもこうにも守られる存在。
    そこで育った人は「いやだってあんた、教会っすよ?教会、ですよ?」
    どうあがいてもそんな考え方になってしまう。

    新局長や一度は訴訟を起こしていた弁護士はよそ者で、よそ者が問題にスポットライトを当てる側になってて、盲点というか灯台もと暗しと言うのか、そんな対比構造が印象的。
    ジャーナリストたちはそんなスポットライトに照らされて、間違いに気づいた。

    泣き寝入りのメカニズムってこんな感じなんだろうな。
    本当に素晴らしい映画でした。記憶に残されるべき作品。地味ですがアカデミーも納得です。
    映画好きの友人の勧め。
    事実とは恐ろしい💦世の中の闇でもあり現実でもあり、怒りが込み上げる。不条理の典型。
    宗教とは何か。所詮神ではなく、人間😓
    千
    3.8
    これ実際にあった出来事っていうのがものすごく怖いし許せないことですよね…。

    鑑賞中はほぼ映画としては見てなかったかな…笑。それくらいリアルだった。

    神父たちの隠された闇を暴き出すために記者たちは動くが、相手は教会で慎重に動かなければ危険になる。しかも教会内で起きている犯罪を報道するということは、信仰している人々の希望も奪うことにもなる。

    しかしそのような神父たちの決して許されない罪を知っていながら黙ってみているのか?黙っていればこれからも犠牲者の子供が増え、その子達は一生傷を負って生きなければならない。

    情報を集め真実を探り、それを多くの人に知らせることができるのは自分たちだけだ、そのような記者たちの必死な思いにすごく感動しました。
    あずさ
    3.7
    実話に基づいた、「ジャーナリズム」を描いた映画。
    派手ではないけど、グッと堪えるような重みのある、目の離せない展開が続く作品でした。

    信仰心に対する理解が程遠いので、わかりきることはできないけれど
    それでも信じるものが崩れていく絶望がそっと伝わってくる。
    虎視眈々と仕事をすすめていくジャーナリストたちに敬意を覚えるとともに、彼らの人間味あるところに共感もできた。
    それでも、信念を貫き通す姿に色々なことを考えさせられる。

    ラストの羅列が、一番現実味があって、一斉に涙があふれてしまった。
    隣り合わせの悪意にゾッとする。
    取り上げるスクープの重要性もさることながら、一つの仕事にこだわり食らいつく仕事士の描き方が秀逸だった。地味だけど人がやるべき仕事とはどういうものなのか考えさせてくれる一本。
    被害者の多さに驚く。
    これが実話ということ、最後のエンドロールに、ゾッとする。
    ことしもマイケルキートンでした。最後のスポットライト、決まるなー。
    確かに派手さはなく、地味かもしれない。でも、みんないい顔してましたよ。
    オスカーらしいといえばらしい一本だと思います。
    >|