スポットライト 世紀のスクープの作品情報・感想・評価

スポットライト 世紀のスクープ2015年製作の映画)

Spotlight

上映日:2016年04月15日

製作国:

上映時間:128分

3.8

あらすじ

2002年1月、米国の新聞「ボストン・グローブ紙」が、カトリック教会の信じがたい実態を報じた。数十人もの神父による性的虐待を、教会が組織ぐるみで隠蔽してきた衝撃のスキャンダル。その許されざる罪は、なぜ長年黙殺されたのか。《スポットライト》という名の特集記事を担当する記者たちは、いかにして教会というタブーに切り込み、暗闇の中の真実を照らし出したのか…。

「スポットライト 世紀のスクープ」に投稿された感想・評価

ngsm

ngsmの感想・評価

4.8
とっても面白かった。

ボストンに代々ずっと住んでいる「ボストンっ子」と、そうではない「よそ者」との対立する視点で見た。

「よそ者」がボストンという街にまつわる呪いを解こうとするとき、縦も横もつながりが強い「ボストンっ子」たちはどうするのかという話


都市と関連するストーリーの語り口が上手くて、それは脚本賞獲りますねと思った。

例を挙げると、ボストン・レッドソックスの扱い方。
新局長が最初にマイケル・キートンと会うときに「バンビーノの呪い」に関する本を読んでいて、ボストンっ子にとっては、本なんか読まなくても当然知っているし、文字通り「呪い」に囚われている状態であるけれども、よそ者の新局長にしてみれば、単なる迷信に過ぎないし、ボストンという街を知るための一つのトピックとしか思っていない。

ボストンっ子たちは、たわいもない会話でレッドソックスの話をするし、試合観戦にも行く。
一方の新局長は、最初の編成会議の場で、レッドソックスのペドロ・マルチネス(当時のエース)の話を興味ない様子で遮り、今回の事件の話を始める。

こういったところからも「よそ者」と「ボストンっ子」の違いが垣間見れる脚本の巧みさが素敵。
Y

Yの感想・評価

3.5
これ実話なのは驚いた。報道って凄い。たくさんの人を傷つけることにも勿論使えるけど、人を救うこともできるんだなと思いました
minAmi

minAmiの感想・評価

3.6
記者達に拍手!!
Rinka

Rinkaの感想・評価

4.0
受けた衝撃が大きすぎて、感想を言葉で表すことができない。

話の内容はとても重い。だからシリアスな話が嫌いな人には勧めるのを躊躇するが、それでもみんなに一度見てほしいと心からお勧めできる映画だと思った。
闇が深い。
ジャーナリズムはすばらしい。
Yu

Yuの感想・評価

4.5
記録 5.24
鳥肌。すぐにでももう1回観たい。
神父の非道暴く記者の葛藤
日本人にはイメージしにくいテーマ
あってはならない事というのは伝わる
mee

meeの感想・評価

-
また集中してみたい
まーこ

まーこの感想・評価

4.0
何十人という神父による児童への性的虐待。教会組織ごと隠蔽をはかっていた。
そのタブーをスポットライトの記者たちが暴こうとする実話を元にした衝撃作品

被害者たちの体験した話が本当に辛かった。どんな子をターゲットにしていたかとか段々と詳細がわかっていき、核心に迫っていく。

子どもの頃に受けた傷は消えることなくて、その傷を抱えきれず亡くなった子どもたちも沢山いる。自分の立場を利用して、弱い子どもたちを餌食にするなんて本当に腹立たしい!!!

スポットライトの記者たちはどうにか暴こうとするんだけど、教会はやはり大きくて、力があって、、そんな中で主張し続けやり遂げた記者たちは本当に素晴らしい!
大きなスクープを世に出したい!って気持ちだけじゃ、ここまで出来ないはず。たとえ始めはそうでも、真実を知るにつれて、怒りや悲しみ、苦しみ色んな感情になりながら、この真実を伝えたい!という強い信念になったんだろうなと思います。
>|