スポットライト 世紀のスクープの作品情報・感想・評価

スポットライト 世紀のスクープ2015年製作の映画)

Spotlight

上映日:2016年04月15日

製作国:

上映時間:128分

3.8

あらすじ

2002年1月、米国の新聞「ボストン・グローブ紙」が、カトリック教会の信じがたい実態を報じた。数十人もの神父による性的虐待を、教会が組織ぐるみで隠蔽してきた衝撃のスキャンダル。その許されざる罪は、なぜ長年黙殺されたのか。《スポットライト》という名の特集記事を担当する記者たちは、いかにして教会というタブーに切り込み、暗闇の中の真実を照らし出したのか…。

「スポットライト 世紀のスクープ」に投稿された感想・評価

ngsm

ngsmの感想・評価

4.8
とっても面白かった。

ボストンに代々ずっと住んでいる「ボストンっ子」と、そうではない「よそ者」との対立する視点で見た。

「よそ者」がボストンという街にまつわる呪いを解こうとするとき、縦も横もつながりが強い「ボストンっ子」たちはどうするのかという話


都市と関連するストーリーの語り口が上手くて、それは脚本賞獲りますねと思った。

例を挙げると、ボストン・レッドソックスの扱い方。
新局長が最初にマイケル・キートンと会うときに「バンビーノの呪い」に関する本を読んでいて、ボストンっ子にとっては、本なんか読まなくても当然知っているし、文字通り「呪い」に囚われている状態であるけれども、よそ者の新局長にしてみれば、単なる迷信に過ぎないし、ボストンという街を知るための一つのトピックとしか思っていない。

ボストンっ子たちは、たわいもない会話でレッドソックスの話をするし、試合観戦にも行く。
一方の新局長は、最初の編成会議の場で、レッドソックスのペドロ・マルチネス(当時のエース)の話を興味ない様子で遮り、今回の事件の話を始める。

こういったところからも「よそ者」と「ボストンっ子」の違いが垣間見れる脚本の巧みさが素敵。
キリスト教圏にない自分にも楽しめる作品なのか疑問だったが面白かった。スポットライトチームが熱心に事件を追いかけていく様を露骨に描きすぎないところが良い。特にスタンリー・トゥッチとリーヴ・シュレイバーの抑えた演技と縁の下の力持ち的な役柄が好き。ただの宗教をテーマにした映画ではなく労働という視点から観ても面白い。子供が時々映し出されると急に現実感が出てゾッとする。そして何よりエピローグのカタルシスからの掌返しが残酷。
pistachio

pistachioの感想・評価

4.0
淡々としてる映画。

見ての通り後味はめちゃ悪い。
ふなっしー最近見ないな
これが本当にあった事だと思うと、恐ろしい。
聖職者って…なんなんだろう。
KOZZ

KOZZの感想・評価

3.5
カトリックではないので、上手く受け止めきれない部分があったのは仕方ないとして…。
あれだけのスキャンダル、「映画」なら1人2人死んでてもおかしくない内容。

それにしても記者って興味深い職業。
私のつたない文章では全く務まらないけれど、真実を追う姿はとてもかっこよく映る。

マイケル・キートンのしわっしわ状態が気になった。
k9310

k9310の感想・評価

5.0
熱くなるものがあった!
ruka

rukaの感想・評価

3.7
記者ってタフ
聖職者の実態がわかる
>|