スポットライト 世紀のスクープの作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • スポットライト 世紀のスクープの作品情報・感想・評価

スポットライト 世紀のスクープ2015年製作の映画)

Spotlight

上映日:2016年04月15日

製作国:

上映時間:128分

3.8

あらすじ

2002年1月、米国の新聞「ボストン・グローブ紙」が、カトリック教会の信じがたい実態を報じた。数十人もの神父による性的虐待を、教会が組織ぐるみで隠蔽してきた衝撃のスキャンダル。その許されざる罪は、なぜ長年黙殺されたのか。《スポットライト》という名の特集記事を担当する記者たちは、いかにして教会というタブーに切り込み、暗闇の中の真実を照らし出したのか…。

「スポットライト 世紀のスクープ」に投稿された感想・評価

ngsm

ngsmの感想・評価

4.8
とっても面白かった。

ボストンに代々ずっと住んでいる「ボストンっ子」と、そうではない「よそ者」との対立する視点で見た。

「よそ者」がボストンという街にまつわる呪いを解こうとするとき、縦も横もつながりが強い「ボストンっ子」たちはどうするのかという話


都市と関連するストーリーの語り口が上手くて、それは脚本賞獲りますねと思った。

例を挙げると、ボストン・レッドソックスの扱い方。
新局長が最初にマイケル・キートンと会うときに「バンビーノの呪い」に関する本を読んでいて、ボストンっ子にとっては、本なんか読まなくても当然知っているし、文字通り「呪い」に囚われている状態であるけれども、よそ者の新局長にしてみれば、単なる迷信に過ぎないし、ボストンという街を知るための一つのトピックとしか思っていない。

ボストンっ子たちは、たわいもない会話でレッドソックスの話をするし、試合観戦にも行く。
一方の新局長は、最初の編成会議の場で、レッドソックスのペドロ・マルチネス(当時のエース)の話を興味ない様子で遮り、今回の事件の話を始める。

こういったところからも「よそ者」と「ボストンっ子」の違いが垣間見れる脚本の巧みさが素敵。
実話なのか!衝撃。
ぬくい

ぬくいの感想・評価

3.5
シビレた
zumin

zuminの感想・評価

4.0
緊張感が最後まであり見応えある映画だった。
ジャーナリストの意地と意思を垣間見た。
こういう事実もあるのかと思うとゾッとします。

誰を信じたらいいのかと人間不信に
なります…!!

神父さんを良いことに…酷い事を
するなんて純粋な子どもたちは
解るわけもなくて

所詮人間が創り出したもの
は偽りだらけで出来てるのかな!、!

新聞記者もなかなか賛否両論ある
お仕事ですが…情報を発信する、拡散する
っていう視点ではとても応援したい。

ひとりでも多くの人に知ってもらう
事実もある!
izumimi

izumimiの感想・評価

4.0
これが実話とはやるせない気持ちでいっぱい。
被害者の子どもたちの気持ちを思うと辛すぎる。だけどこんな事は世界中で何度も絶えず、今も起こっているんだろう。そんな奴らは地獄へ堕ちて欲しいと切に願う。
映画としてはとても見応えがあり120分を感じさせなかった。
アルン

アルンの感想・評価

4.5
I can't believe such good movie with such low score.
Husky

Huskyの感想・評価

4.1
とても闇が深く、これが実話?と思ってしまうようなスケール感。
正義のために動く記者たちのジャーナリズム精神に感服。
にへ

にへの感想・評価

3.6
記者たちの思いを実直に紡いでいく、正しく社会派なエンターテイメント作品。
無駄を削ぎ落としたストーリーラインにグッと引き込まれるが、完璧すぎ、というか嗜好を挟む余地が無い。個人的にアカデミー賞ってこんなイメージだなあ。
>|