スポットライト 世紀のスクープの作品情報・感想・評価

スポットライト 世紀のスクープ2015年製作の映画)

Spotlight

上映日:2016年04月15日

製作国:

上映時間:128分

3.8

あらすじ

2002年1月、米国の新聞「ボストン・グローブ紙」が、カトリック教会の信じがたい実態を報じた。数十人もの神父による性的虐待を、教会が組織ぐるみで隠蔽してきた衝撃のスキャンダル。その許されざる罪は、なぜ長年黙殺されたのか。《スポットライト》という名の特集記事を担当する記者たちは、いかにして教会というタブーに切り込み、暗闇の中の真実を照らし出したのか…。

「スポットライト 世紀のスクープ」に投稿された感想・評価

yaeko

yaekoの感想・評価

3.9
真実を報道するために、権力のある悪に立ち向かう姿がカッコいい。
これが実話だなんて本当に信じられないし、立ち向かった記者達は偉大だと思った。
毎週日曜日に教会に行くのが普通の国では神父が子供に性的な虐待してるのは衝撃的な出来事で、被害者は誰にも言えない傷を一生抱えて、酒に溺れ、自殺して、生存者も少ない事実を知って心が痛んだ。記事を出してから虐待が発覚した都市が最後に出てきたけどその多さにびっくりした。新聞にここまでの影響力があるんだ、、
minorufuku

minorufukuの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ボストン・グローブ紙の少数精鋭の取材チーム「スポットライト」は、新任の編集長の意向で、ある神父の性的虐待事件を追うことになった。調査を進める内に、教会が組織ぐるみで膨大な数の虐待事件を隠蔽していたことを突き止める。しかし、カトリック信者の多いボストンで教会を糾弾するにはいくつもの障害が生じて…という話。
2016年のアカデミー作品賞・脚本賞を受賞。

想像以上に凄い映画でびっくり。
上映時間約2時間あるのだが、全編途切れることなく事件を追っていて、余談がほとんどない。しかも観ている間ずっとハラハラさせられて面白い。登場人物の紹介とか背景の説明パートが全然無いのに、各人の取材の中から彼らの人物像や取材スタイルまでもれなく伝わってくる。こんな無駄がなくてサクサク進んで一直線に結末に向かって進む脚本は滅多にないと思った。
そして何より実話をベースにした神父の虐待事件の破壊力が凄まじい。確かにこのスクープのボリュームとインパクトがあれば余計なシーンは一切いらないかなあと。最初に提示される容疑者の人数を聞いて「大規模な事件だなあ」と驚いていたら、そこから何発も何発も落とされる爆弾に何度も「え!?」と叫んでしまう。巨大な権力で法を捻じ曲げてしまう教会の力はおぞましさを感じた。エンドロール前に被害が発生した都市のリストが表示されるのだが…もう酷すぎる。
何より恐ろしいのは、事件が起きていることについて、住民や弁護士、そして新聞社の人間たちも薄々感づいていたのに、信仰心から教会をおとしめることが出来ず、長期に渡って敢えて目をつぶっていた結果が、この甚大な被害者数に繋がったことかと。それを外部から来た新編集長やよそ者の弁護士の協力を得て、地元出身者の記者たちが明らかにする流れは非常に胸に迫るものがあった。
個人的にはマイケルキートン演じるチームリーダーが過去の罪を告白する場面と、マーク ラファロがスクープを被害者側のよそ者弁護士に届けに行く場面が泣けた。

でも、結局、事件を隠蔽していた枢機卿は辞任したけど栄転しているという胸糞の悪さ(>_<)
9638

9638の感想・評価

-
憲法授業にて、今は何につけても個と全体、感情とシステム、みたいな二項対立に興味があるので法学をしっかり学べていることは良い、人文科学だけでは生きていけないと知る
Machiki

Machikiの感想・評価

3.6
エンドロールの衝撃!


神様など居ない事を証明しているかのような実話。

気持ち悪くてレビューも書きたくないくらいです。
この記事を調べ、書き上げた方達のストレスたるや…想像できません
字幕追うの必死で、表情とか見逃す箇所が結構あって…スピードラーニングしようかな笑。
>|