スポットライト 世紀のスクープの作品情報・感想・評価

スポットライト 世紀のスクープ2015年製作の映画)

Spotlight

上映日:2016年04月15日

製作国:

上映時間:128分

3.8

あらすじ

2002年1月、米国の新聞「ボストン・グローブ紙」が、カトリック教会の信じがたい実態を報じた。数十人もの神父による性的虐待を、教会が組織ぐるみで隠蔽してきた衝撃のスキャンダル。その許されざる罪は、なぜ長年黙殺されたのか。《スポットライト》という名の特集記事を担当する記者たちは、いかにして教会というタブーに切り込み、暗闇の中の真実を照らし出したのか…。

「スポットライト 世紀のスクープ」に投稿された感想・評価

Hello

Helloの感想・評価

4.0
事実がベースだし力強い映画だった。
ただ、凶悪見たときにも思ってしまったけど、記者のエゴ混じりの熱量が自分の中でうまく消化できない。。

悪を暴く正義って、伝えなきゃいけない事実って、記者個人のプライベートを犠牲にしてまで(むしろ犠牲にすることでよりエゴが加速してるようにも…)必要なのかと。
それがジャーナリズムじゃんって言われたらすぐ黙るけど。
naomi

naomiの感想・評価

3.8
ノンフィクションのリアリティがとても鮮明に描かれている。純粋に実話であったことに驚かされた。この作品は誰に対してのメッセージなんだろう。一般人?神父?教会?被害者?子供達?大人達?当時、このことを記事にするにあたり、多くの人が手に汗握る想いだったろうし、どれだけの涙が流されたのだろうと。世の中そんなもんだって思っていてもどこか煮え切らない思いっていうのはあるなって思う自分がいることに気づく。その道が間違いかどうかは、明かりに照らされて初めてわかる。いま、自分が歩いている道はどんな道なんだろう。
Sayu

Sayuの感想・評価

4.1
面白かったです!
描き方も上手く、ストーリーが進んでいくのがワクワクする。
kaoru

kaoruの感想・評価

3.5
面白かった
やなぎ

やなぎの感想・評価

3.9
大きな権力に勝つ面白い実話。
内容が内容なだけに、重かったけどそれが演技に反映されてて良かった
130Matsu

130Matsuの感想・評価

3.0
真実なので、映画的な盛り上がりにはかけて、ストーリーとしては、いまいち。ただ俳優の演技には、リアリティーがあり過ぎて、良かった。
hIna

hInaの感想・評価

4.2
メディアは弱者の味方であるべき。
マスメディアには“権力の監視”という社会的意義があることを再認識させられた。
地道に、泥臭く、ときには感情に訴えながら社会的責任を果たそうとする記者の姿がかっこよかった。
記者は隠蔽された事実に、人々が無視しようとする出来事にスポットライトを当てる。事実を歴史にする。

最後、ボストン・グローブの記事が市民に届いたとき犠牲者からの電話が鳴り止まなかったシーンにて、
マスメディアが先陣を切れば、弱者がカミングアウトできる・しやすい土壌ができて、問題解決への運動が広がっていくのかな?と考えた。
静かで、地道で、大きな怒りの戦い。今私達がこの事実を知っているのは、真実を伝えてくれる報道があるからなんだね。巨大且つ人々の心の支柱でもある教会に不都合な真実を伝えるための、個人でなく教会システム批判という論理の組み立て、編集長、部長、スポットライトのメンバーの入念で地道な取材、裏取り、そして家族や友人に対して心を鬼にする覚悟、、かっこよかった。怒りを感じる時でも、静かで論理的に反論する、かっこよかったし、見習いたいなぁ。
ザン

ザンの感想・評価

3.8
少しずつ事実を明らかにしていき、教会という牙城を崩す記者の執念。勇気をもって記事にした内容が、水面下の犠牲者を救い、被害の拡大を防げたことでその執念が実った。それにしても変態神父が多過ぎる。性職者だな。
>|