スポットライト 世紀のスクープの作品情報・感想・評価

スポットライト 世紀のスクープ2015年製作の映画)

Spotlight

上映日:2016年04月15日

製作国:

上映時間:128分

3.8

あらすじ

2002年1月、米国の新聞「ボストン・グローブ紙」が、カトリック教会の信じがたい実態を報じた。数十人もの神父による性的虐待を、教会が組織ぐるみで隠蔽してきた衝撃のスキャンダル。その許されざる罪は、なぜ長年黙殺されたのか。《スポットライト》という名の特集記事を担当する記者たちは、いかにして教会というタブーに切り込み、暗闇の中の真実を照らし出したのか…。

「スポットライト 世紀のスクープ」に投稿された感想・評価

なかじ

なかじの感想・評価

2.5

自分はたまたま被害にあってなかっただけ

この言葉を覚えておくといい
子育てを街に頼れば、虐待は街ぐるみだ

この映画で、事件のことを知れた

このレビューはネタバレを含みます

組織ぐるみの児童虐待隠蔽を新聞記者チームが暴いて行くっていう、実話を基にしたお話。組織ぐるみの隠蔽っても、そこらの映画で描かれるスケールじゃない。ローマ法王を頂点に抱くカトリック教会っていう地球規模の組織。全編割りとストイックなテンションで描かれていきます。

これ、当時はすごい衝撃的な報道やったんやろうなぁ。ただいかんせん宗教と無縁の自分にはその衝撃度がいまいちピンとこなかったです。

いや、良い映画だなぁとは思うんですよ。でもホントはそんな「良い映画だなぁ」どころじゃないとんでもない映画なんやと思うんです。
それが分からなかったです。こればっかりは仕方がないなぁ。

そんな自分でも最後のエンドロールで流れる児童虐待に関与した教会のリストには衝撃を受けました。
renache

renacheの感想・評価

3.3
実話……
氷山の一角なんでしょうね、きっと
NNS

NNSの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

つい先日もペンシルバニアでの事例公表のニュースがあって、まだまだ終わっていない事件なんですよね…
映画の中でも加害者を生み出してしまう何らかの歪んだシステムが存在していることが示唆されていますし、映画が単純なめでたしめでたしで終わらないのも頷けます。
マーク・ラファロの局長、威厳があってかっこいい。
ぴ

ぴの感想・評価

3.7
少しずつ真実が明らかになっていく過程がドキドキハラハラだった。
しかし音楽とかテンポが地味すぎて眠い時に見る映画ではない
azusa

azusaの感想・評価

3.9
ラストに何とも言えない感情が湧き上がり鳥肌が立った。

諦めずにただ真実だけを求めて動き続ける。
素晴らしい仕事。

どれだけの人の心を救っただろう。

観て良かったです。
>|