スポットライト 世紀のスクープの作品情報・感想・評価

スポットライト 世紀のスクープ2015年製作の映画)

Spotlight

上映日:2016年04月15日

製作国:

上映時間:128分

3.8

あらすじ

「スポットライト 世紀のスクープ」に投稿された感想・評価

yuna

yunaの感想・評価

4.0
観てよかった!2回観てオープニングからの繋がりを理解できました。
「ボストンのカトリック教会では神父が子どもに性的虐待を加え…その事実を枢機卿が黙殺していた」もし文字にするならこの数行かも。だけど、その事実を新聞社が報道するということがとてつもなく困難で、世界を巻き込むほど驚愕で、ラストでは喉の奥がつっかえる気持ちになりました。
私は何で今までこの事実を知らなかったんだろうと後悔。そもそも無宗教人間なので知る機会がなかったんですが……
カトリック教会という信仰の力。神父という"神"に逆らえなく子どもたちが犠牲になっていた事実。
この子どもたちが大人になって「生きている」確率が少ない事。宗教という大組織が絡むとても根が深い問題です。信仰を信じる人々への裏切り行為…

まだレビューしてないんですけど、最近「スリービルボード」を観たんです。そしたら主人公が家に来た神父に「…2階で聖書を読む神父の下では別の神父が少年に性的虐待を加えている…」というブラックユーモアのようなセリフを放っていて。
現代社会で神父に持つ裏のイメージが浸透しているんだな〜と思いました。
でも現代社会だけじゃないんですよね。50年、60年前からは確実に。下手したら100年以上も前からカトリック教会の虐待は存在し、被害者は声を上げれなかったかと思うと息が詰まります。
何故、2001年になってからなのか…?
ボストン・グローブ紙がどうしてこの記事をピックアップする事にしたのか。実際に当時の記者に聞いてみたくなりました。

キャストもとても良くて、胸に刺さる言葉が多かったです。
新聞にするまで情報を集めている間にも被害者が増えていること。
新聞記者の仕事はあくまでも記事を書くことであって、正義の味方になる訳ではない。そんな葛藤もすごく伝わります。
真面目な話ですが、緊迫感もあってとても良かったです。
熱意を持って打ち込める仕事って素敵だなと思った。
いい作品でした!
笑えるとか泣けるとかじゃないけど
見入ってしまう

実話ならなおさら、最後ほんとにスカッとした
2016年のアカデミー賞作品賞候補はすべて名作揃いでしたが、なかでもスポットライトは社会派で見ごたえありました。
kanegon69

kanegon69の感想・評価

3.6
日本ではこの戦いや、暴かれた事実の衝撃が多分あまりピンと来ないかもしれません。アメリカ・ボストンのカトリック教会の神父達による児童性的虐待、組織ぐるみで隠蔽する体質、、宗教を心の拠り所にする人にとっては計り知れない衝撃なんでしょう。政治家や著名人のスキャンダルよりはるかに大きな事件なんだと感じました。しかしながら、聖職者とは言え、やはり人間である限りは十分あり得る話で、特権を利用した立派な犯罪です。恐らく大昔からこういう事はあったのではないかと想像します。日本よりもはるかに宗教を信じる、欧米で、人権を守るために戦っていく姿はジャーナリズムの魂みたいなものを感じさせてくれました。見応えのあるストーリーだったと思います。
Koichiro

Koichiroの感想・評価

3.7
教会と信仰は別物だと
日本は宗教に対する関心は海外ほどないからか、神父をそれほど崇めちゃう気持ちは分からないなあ
“教会とは人が作った組織にすぎない 滅ぶものだ
信仰は永遠だ 2つを分けるよう努力を”

スポットライトチームの活躍と信念が素晴らしい。
幼児虐待の疑いがある神父を個別に糾弾するのではなく、教会組織の隠蔽体質を変えなければ根本的な解決にはならない。この信念を貫かせる原動力は、信仰心や地元愛であったり、近所に住む子供達のためであったり。

これまで見て見ぬ振りをされて闇に葬られてきた問題にスポットライトチームが光を当てたことで、多くの被害者達が初めて声を上げることが出来て良かった。
daizy

daizyの感想・評価

-
入り込まれへんかった。
>|