ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅の作品情報・感想・評価(ネタバレなし) - 5ページ目

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅2016年製作の映画)

Fantastic Beasts and Where to Find Them

上映日:2016年11月23日

製作国:

上映時間:133分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」に投稿された感想・評価

なな

ななの感想・評価

3.8
記録用

ハリポタファンですが
なんだか少し物足りない感…!
でもニフラーはベリーキュート
1作目としてはいい感じに纏まってたし
次作に期待大!といった印象
mst

mstの感想・評価

3.8
吹き替えホイホイ
めっちゃおもしろかった
もぐらみたいなのがかわいい
2観に行こうかな
mikiw

mikiwの感想・評価

3.4
ハリポタ大好き&エディ・レッドメイン大好きなので、とっても楽しめた!!
続編借りてこよう。

お気に入りの映画のひとつ

登場人物がみんな個性的で、特にジェイコブは最高だった
2 につながる伏線もたくさんあって見応えがある作品

ハリーポッターよりもこっちの方が好きかも
RIO

RIOの感想・評価

3.2
賢者の石、秘密の部屋、アズカバンの囚人が大好き(それ以降は嫌い)なハリーポッターファンです。

ジェイコブのキャラクターが1番良かったです。彼とともに世界観について学ぶことができました。人見知りで内気、なかなか心を開けないニュートも感情移入ができ、なかなか良いキャラクターでした。
映像やキャラクターは良かったのですが、ストーリー展開が微妙だったのが残念。
のら

のらの感想・評価

4.0
ハリー・ポッターのチャリティ企画として作られた「幻の動物とその生息地」を原案にした映画。一見するとハリー・ポッターシリーズの外伝的な位置付けの映画に見えるが、全盛期のグリンデルバルが登場するなど前日譚という様相の映画になっている。

話は主人公のニュートの手違いで逃げ出してしまった魔法生物達を回収するという至ってシンプルな構成になっている。実際メインの話自体は特色がない。しかしニフラーを始めとする魔法動物達が個性的で良い。特に魔法動物たちが飼われている牧場のシーンが本当に良く、ここに行ってみたいと思える。

そして本作の最大の特色は、魔法使いではないキャラクターであるコワルスキーの存在だろう。るコワルスキーが主人公達と一緒になって活躍する事で、魔法使い同士のいざこざではなく、より現実社会に影響を与える話に仕上がっている。また観客が感情移入しやすい対象になっているため見やすい作りになっている。

とにかくこのコワルスキーのキャラクターが話の推進剤として非常に良く機能していて良い。また本作をみて分かるのは、ハリー・ポッターシリーズというのは結局の所魔法界の衰退期の話という点だろう。1920年代を舞台にした本作は魔法界の影響力もまだ強かった事を伺わせる内容になっており、魔法使い同士の戦いも多い。

ハリー・ポッターのスピンオフとみられがちだが、世界感の構築が上手くいっている。またハリー・ポッターシリーズを知らないと分からないネタもあるものの、魔法動物や魔法界について何も知らないコワルスキーのお陰で本作からハリー・ポッターシリーズを見る事になるとしても楽しめる映画になっている。
IE

IEの感想・評価

4.0
予習鑑賞です。
ハリーポッターは1作目の記憶がぼんやりある程度ですが、楽しめました。
動物も魅力いっぱいだし、鞄の中に入るとか魔法の使い方とか夢があって面白かったです。
主人公のちょっと内気だけど大胆な性格も愛らしく思いました!
蘭丸

蘭丸の感想・評価

3.0
動物が好きやからそんな魔法も憧れる。
でもなんだかんだ3回見てるけどすぐ内容忘れてまう。なんでやろう。オブリビエイト、、
ハリポタの世界観を壊さないストーリーと展開でとても楽しめました!
ハリポタファンとしてはちょっと物足りないかも...と思いきやでした(2作目まで鑑賞後の感想)。
ハリポタ込みでローリングさん作品のアナザーストーリーを楽しみたい方が、まず入り口として見るべき1作目。