ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅の作品情報・感想・評価(ネタバレなし) - 5ページ目

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅2016年製作の映画)

Fantastic Beasts and Where to Find Them

上映日:2016年11月23日

製作国:

上映時間:133分

3.8

あらすじ

本作は、ハリー・ポッターと同じあの魔法世界の新しい物語を綴る。今度の主人公は、彼らが通っていたホグワーツ魔法魔術学校で学んだ魔法使いニュート・スキャマンダー。誰よりも優秀だが、おっちょこちょいな魔法動物をこよなく愛する変わり者で、世界中の魔法動物を収集するために、どんなものでも入ってしまうという不思議な魔法のトランクを肌身離さず持っている。世界中を旅しては魔法動物を集め、不思議なトランクに詰め込…

本作は、ハリー・ポッターと同じあの魔法世界の新しい物語を綴る。今度の主人公は、彼らが通っていたホグワーツ魔法魔術学校で学んだ魔法使いニュート・スキャマンダー。誰よりも優秀だが、おっちょこちょいな魔法動物をこよなく愛する変わり者で、世界中の魔法動物を収集するために、どんなものでも入ってしまうという不思議な魔法のトランクを肌身離さず持っている。世界中を旅しては魔法動物を集め、不思議なトランクに詰め込んでいる。ある時ニュートは、旅の途中でニューヨークへ立ち寄ったが、そこでひょんなことから自分のトランクが普通の人間のトランクと入れ替わってしまう!トランクの中から魔法動物たちは逃げ出してしまい、ニューヨーク中を巻き込む大騒動に!そこで出会う仲間たちや奇想天外な魔法動物とともに、ニュートの新しい冒険が始まる!

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」に投稿された感想・評価

km

kmの感想・評価

3.0
エディレッドメインがただただイケメンで、ニフラーが可愛すぎた。光る物置いとくから家に取りに来てほしい。

内容はなんだか思ったよりも薄っぺらかった。次回作に進むにつれ複雑になったり、実は伏線だった、みたいなのでてくるのに期待、って感じ。
桃

桃の感想・評価

3.5
俳優さん本物の魔法使いにしか見えない。
ラストに出てくるパン屋さんにほっこり
rollin

rollinの感想・評価

3.8
要はハリポタにポケモンとエピソード0的なヤツを取り入れたってことやんな?

一人でドラえもんとのび太とサトシの三役をこなしたエディ・レッドメインのキャラは魅力的。登場人物たちが既に魔法学を修了していて、ガンガン使う映像も見応えあり。コリン・ファレルこんなん出るん!?と思ったけど抜群やったね。あと1920年代の街並みやプロダクト、魔法議会の建物の見せ方も素晴らしい。

そんでポケモンたちがとにかくかわええ。コダックみたいな子とか、ナナフシみたいな子とか何なん?四次元ポケット内のポケモンセンター的な空間もすげぇ楽しい。彼らの生態とか生息環境のビジュアルとしての面白さ。観察欲を掻き立てる時点で大成功やと思う。


ぐだぐだ続く主人公のドジっぷりは少々ストレスを感じるし、ポケモンを使役してガンガン戦うのかと思ったらそういう使い方じゃなかった。やはり世界的に見るとポケモンやモンハンを生み出した日本人の感覚は、良くも悪くもズレとるんやな。

あと気になったのは、魔法を使うリスクがなさすぎる点。劇中で説明されていない設定があるならお好きにどうぞ。ただ無尽蔵に使えるのはちょっと理解不能。映画上それを抑止する目的で、「普通の人間に見られたら戦争や!!」という世相を設定したなら理解出来るけど、ガンガンやもん。
主人公が渡米した動機もかなりフワッとしていて、ワイはてっきりキャサリン・ウォーターストーンが記憶を消されたリタで、最後に観客にだけそれが明かされるみたいな終わり方を期待してました。

とは言え全然おもろい。ダンブルドア偉い人ってことくらいしか知らんワイでもイケた。
てかあの時代にポケモンパン作ってることが一番の事件やと思う。
幻獣たちの見た目がいまいち。
時間の使い方が下手くそに感じた。魔女狩り団体をもう少し丁寧に描いたほうが良かったのでは…

まぁファンタジーのワクワクもあり、全体的には十分楽しめました。
のりP

のりPの感想・評価

1.0
ホグワーツとかハリー・ポッターっぽい用語を使っておけばいいというものではない。
TakuMori

TakuMoriの感想・評価

4.2
ハリーポッターシリーズの続編第1章、魔法動物を多数飼っている学者ニュートがマグル世界のニューヨークで起こす騒動の話。

主人公がイケメンで、魔法動物のビジュアルが楽しくて、久しぶりに観るハリポタ世界の魔法の映像にテンションが上がった。
原作も映画も全て見てきた身としては、杖が出てくるだけでもう高まってしまう感じ。
魔法省?に入ってくるところとか、ああこれがハリーポッターだ!みたいな。

ストーリーは、新たな物語の幕開けというには少し地味な印象だった。
ハリーポッターの魅力って、ホグワーツみたいにかなり細かく作り込まれた魔法界の世界観だと思うから、今回は魔法使いがノーマジの世界に行くという設定だったから単純にワクワク感が減ってしまった気がする。
せめて、どう人間にバレないように魔法を使うかっていう緊張感の楽しみがもっとあれば良かったけど、記憶消去のオブリビエイトが便利すぎてなぁ、、

主人公のニュートはもちろん、今回唯一のマグル役ジェイコブとかヒロインのティナとか、役者たちはみんな良かった。
続編に期待!
fuji

fujiの感想・評価

4.5
ハリーポッターの世界観はやはりよく作り込まれていて夢中になる。ハリーポッターファンとして楽しめる工夫が随所にあった。
かつ、スピンオフ作品、舞台はアメリカということで、いつものシリーズより雰囲気がものものしくなく、ストーリーもわかりやすかった笑

エディレッドメインとても好き。どの映画を観てもなんか印象に残る。風変わりな動物好きの優しい青年のイメージぴったりでした。
kite

kiteの感想・評価

3.8
ハリーポッターだから見た
よく考えられていて、そこそこ面白かった
鳩

鳩の感想・評価

-
ハリポタの延長かと思って見たらそうでもないまた別の話
エディレッドメインがイケメンすぎた
めい

めいの感想・評価

3.8
魔法かっこいい!っていうより魔法動物可愛い!っていう感じだった、個人的に主人公に魅力はそこまで感じなかったがマグルと妹コンビがなんだか微笑ましくて好き。最後の最後に出てきたジョニーデップはオーラというかなんかもうかっこよかった