shino

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅のshinoのレビュー・感想・評価

3.7
"オブリビエイト(忘れよ)"

ハリーもロンもハーマイオニーも出てこない…舞台は彼らが生まれる前の1926年のニューヨーク!
J.K.ローリングが新たに紡ぎ出す、原作無し、映像のみで表現される今シリーズ!イギリスが舞台だったハリポタシリーズから、魔法界が一気に世界規模に広がった感じ(○_○)

待ちきれずアフリカの映画館で3Dで見たけど、細かいところの英語が理解しきれなくてずーっとモヤモヤしていたので再鑑賞。スッキリ✨笑

主人公はハリーたちが使っていた教科書の著者、魔法動物学者のニュート・スキャマンダー。今をときめくエディ・レッドメインのフワフワ前髪。なでたい。
シャイで人は苦手だけど動物をこよなく愛する青年。なんと彼、ホグワーツで一番影が薄い寮ハッフルパフの卒業生なのです。

あるノーマジ(普通の人間)との出会いから、ニュートの飼育する動物達がニューヨークに放たれてしまう事故が起こる…!と同時に悪名高き魔法使いグリンデルバルドの陰謀、オブスキュラスという謎の黒い物体の暴走でニューヨークが半壊状態に(○_○)!!
今シリーズのヒロインである元闇祓いティナと妹のクイニー、そして巻き込まれてしまったノーマジのジェイコブとニュートがタッグを組んで問題に立ち向かうストーリー。

ハリポタは本も映画も2回以上読んで観ていますが、シリーズとの繋がりを感じるシーンには胸踊ります♪

カモノハシ似のニフラー、凛々しいサンダーバード、木の枝ボウトラックル、予知能力を持つナマケモノみたいなやつにフン転がしみたいなやつにでっかいサイみたいなやつ(後半てきとー。笑)ファンタスティックなビーストたちもいっぱい活躍。

そしてコリン・ファレルやらエズラ・ミラーやら、キャストがとっても豪華✨
ラストに君臨されたあのお方、ついに魔法界にもですか…と鳥肌ですよ。笑

シリーズは全5作品の予定らしく、物語はまだまだ序章。これからの色んな伏線、知っている人物の登場が楽しみだなー♪