ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅のネタバレレビュー・内容・結末 - 5ページ目

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅2016年製作の映画)

Fantastic Beasts and Where to Find Them

上映日:2016年11月23日

製作国:

上映時間:133分

3.8

あらすじ

本作は、ハリー・ポッターと同じあの魔法世界の新しい物語を綴る。今度の主人公は、彼らが通っていたホグワーツ魔法魔術学校で学んだ魔法使いニュート・スキャマンダー。誰よりも優秀だが、おっちょこちょいな魔法動物をこよなく愛する変わり者で、世界中の魔法動物を収集するために、どんなものでも入ってしまうという不思議な魔法のトランクを肌身離さず持っている。世界中を旅しては魔法動物を集め、不思議なトランクに詰め込…

本作は、ハリー・ポッターと同じあの魔法世界の新しい物語を綴る。今度の主人公は、彼らが通っていたホグワーツ魔法魔術学校で学んだ魔法使いニュート・スキャマンダー。誰よりも優秀だが、おっちょこちょいな魔法動物をこよなく愛する変わり者で、世界中の魔法動物を収集するために、どんなものでも入ってしまうという不思議な魔法のトランクを肌身離さず持っている。世界中を旅しては魔法動物を集め、不思議なトランクに詰め込んでいる。ある時ニュートは、旅の途中でニューヨークへ立ち寄ったが、そこでひょんなことから自分のトランクが普通の人間のトランクと入れ替わってしまう!トランクの中から魔法動物たちは逃げ出してしまい、ニューヨーク中を巻き込む大騒動に!そこで出会う仲間たちや奇想天外な魔法動物とともに、ニュートの新しい冒険が始まる!

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」に投稿されたネタバレ・内容・結末

現実味のない次元の話はあまり好きではないが、知人のオススメでなくとなく鑑賞。
全体的に悪いところはなく、むしろ面白かったのだが、自分にはハマらないなと改めて実感。
あと、ヒロイン役のティナがかなりお節介うざめのおばさん感が出ていてイライラしてしまった。
もう少し愛らしくて、キュートな感じだったらよかったのかも。全てにおいて足を引っ張っている真面目系クズのような人に見えた。

ただ、ジェイコブとクイニーのストーリーは本当に良かった。超泣いた。
死ぬことよりも辛い…忘れられてしまうという行為。その後のシーンもたちまち号泣。もはやあの2人がメインなのでは…
記憶消すなんてなんだか悲しい
でも、一方的に相手を知っていてちょっかいだすのもなんだか面白い。
私たちはみんなノーマジ(マグル)ですからね。

魔法と聞いて胸躍らないわけがない!そして、今回の魔法使いたちの魔法はハイレベル。


舞台が学校ではなく社会です。
私の見方がハリーポッターのままなのでなんだか物語がとてもスムーズに流れていく感覚でした。

主人公のニュートがまた、おっちょこちょいで本当に憎めない人(笑)


そんな彼のトランクからたまたま逃げ出した魔法動物たちもキュート。
そのキュートな子たちのせいで街が大混乱!
実際に急にガラスが割れたり、物が空中に浮いたりを体験したら怪奇現象だらけで気がおかしくなりそう(笑)

そんなニュートたちに巻き込まれていくティナたち。
捕まえるのに一苦労ですね(笑)

ジェイコブがノーマジだけどとても頑張ってました。
彼もまた愛らしいキャラクター!好きだわー(笑)

物語が進むと、ニュートとティナ、ジェイコブとクイニーがなんとなく惹かれあう描写が魔法動物を探してるハラハラ感を少し緩和してくれます。いい感じ。

そんな中、魔法議会長官のグレイブスの怪しい動きとメアリー・ルーの虐待行動。魔法動物以外の何かがうごめいている?

ニュートたちは解決できるのか!?とてもワクワク、ハラハラする映画です!特に魔法動物たちにハラハラします(笑)

広範囲に逃げてしまっているので、捕まえるのが本当に大変そう…
勝手に心配してしまいますが、建物派手に壊しすぎ(笑)
魔法で直せるのはわかるけども!

ジェイコブは魔法動物たちを初めて見るんですが、その時の顔がなんとも…なんかかわいい(笑)
たぶん私も同じ顔してたと思います(笑)

一話完結の物語、見ていてスッキリします!
おススメ!
とても面白かった。
ハリーとは別アングルの、動物保護者の魔法使い。動物の飼育シーンに映る光景はとても鮮やかでした。また、グレイブスの正体が暴かれたとき、一瞬ジョニーデップに配役が変わる瞬間もとても楽しみました。最後のパン屋のシーンも可愛い創作パンで和みました。続編が楽しみ。
ジョニー・デップは反則。ダンブルドアがジュード・ロウなのももっと反則。
家で観てて、途中でグリンデルバルドってどんな人だっけーと調べたらばっちり正体わかってしまった😆ジョニデかい!
ハリーポッターシリーズで個人的にはめちゃくちゃ好きなんやけど、役者目線とか言われてしまうとちょっとわからない。こうファンタジーやしCGやから…どうなんでしょうね…。
時系列的にはハリーポッターの世界の70年前にあたる世界観で、ダンブルドアが若い頃である。場所はホーグワーツがあるイギリスではなく、魔女狩りが盛んな頃のアメリカが舞台。ニュート(主人公)は魔法動物を保護したり、研究したりしていて、動物たちへの愛情が深いことが感じられた。ケースの中で飼っている動物たちも個性的でそれぞれ、とても可愛く、奇妙である。内容的には、あまり、深い内容ではなく、いたって単純なストーリー展開だった。黒幕がグリンデルバルドというダンブルドアの敵であり、ヴォルデモートの前身となった敵キャラで、最後のセリフで覚えとけよと続編が期待されるセリフを放っていて、今後に期待。全体的にはもう少し、ハリーポッターの世界観があってもいいのかなと思ったのと、もう少しワクワクする展開が欲しかった。
人間界で魔法使いと魔法動物が大暴れ。
救われなかった少年。
美人過ぎないヒロイン。
黒幕がジョニー・デップ。
レッドメインのサイ?との奮闘。
ジェイコブの雨のとこ最高!
あっさりとした引き際好き。
恋をしなおす。
まだ序奏に過ぎない。これが率直な感想です。
調べた事から引用すると名作「ハリーポッター」シリーズより70年前のニューヨークを舞台に、元ホグワーツの生徒でもあり魔法動物に精通した人物、ニュート・スキャマンダーを主人公に物語は始まります。

彼の名前はハリーポッターの中でもホグワーツ魔法学校の指定教科書「幻の動物とその生息地」の執筆、編纂者として登場します。

ハリーがホグワーツに入学する時ニュート・スキャマンダーは95歳との事。

そしてニュートは変わり者のルーナ・ラブグッドと親戚でもあります。ラブグッド家との関係はこの作品の中にもありました。あの三角の中に丸と一本の縦線が書かれた「死の秘宝」のマーク。透明マント、蘇りの石、ニワトコの杖を意味するこのマークはハリーポッターシリーズの中で重要な意味合いを持っていました。ハリーポッターシリーズの中ではルーナのお父さんがそのマークのペンダントを持っていました。そのペンダントと同じものか分かりませんが、この作品にはそれが登場しています。

ルーナはハリーポッターシリーズで第二魔法戦争後にニュートと同じく魔法動物学者になります。
そしてニュート・スキャマンダーの孫にあたるロルフ・スキャマンダーと結婚しました。

調べた所ハリーポッターとの直接的な繋がりはないらしく、ハリーポッターに詳しくなくても楽しめると思いますが、細かな繋がりやハリーポッターの登場人物に関する事など、知れば知る程楽しめる味わい深い作品になると思います。

制作当初は三部作の予定だったが、五部作に変更されたそう。期待度が上がります。

今後のファンタビにはあのダンブルドアやラストでお気づきの通り、重要な役割でジョニーデップも加わるそうです。さらに期待。彼の登場には正直鳥肌でした。

どういう意味だ?とよく分からない点も少なくなく、今後どう謎解きされていくのかこれも期待です。

主人公ニュート・スキャマンダーを演じるエディ・レッドメインの大きく綺麗な瞳と優しい顔立ちが動物学者らしく応援される対象の主人公という立ち位置によく合っている。

孤独でひ弱なクリーデンスに心惹かれた。
個人的にも好きな「少年は残酷な弓を射る」のエズラ・ミラーだと知った時は納得しました。

また魔法の世界が見れて嬉しい。
月日が経つ事に謎解きされこの作品の評価が上がると思う為今はこの評価です。