ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅の作品情報・感想・評価

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅2016年製作の映画)

Fantastic Beasts and Where to Find Them

上映日:2016年11月23日

製作国:

上映時間:133分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」に投稿された感想・評価

ハリーポッターの世界観が好きすぎて冷静に評価できない笑
あの感じが懐かしくて入り込んでドキドキして楽しくてでもちょっと怖くて…
ニュート、もっとコミュ症かと思ったけど全然そんな感じしなかったし、エディレッドメインかっこよすぎな☺️ノーマジおじさんのキャラも最高だった☺️
最後の方、あの人でてんのー!ってびっくりした👀
IE

IEの感想・評価

4.0
予習鑑賞です。
ハリーポッターは1作目の記憶がぼんやりある程度ですが、楽しめました。
動物も魅力いっぱいだし、鞄の中に入るとか魔法の使い方とか夢があって面白かったです。
主人公のちょっと内気だけど大胆な性格も愛らしく思いました!
蘭丸

蘭丸の感想・評価

3.0
動物が好きやからそんな魔法も憧れる。
でもなんだかんだ3回見てるけどすぐ内容忘れてまう。なんでやろう。オブリビエイト、、
ハリポタの世界観を壊さないストーリーと展開でとても楽しめました!
mumu

mumuの感想・評価

4.0
魔法って素晴らしい🥺
mie

mieの感想・評価

3.5
記録
ハリポタファンとしてはちょっと物足りないかも...と思いきやでした(2作目まで鑑賞後の感想)。
ハリポタ込みでローリングさん作品のアナザーストーリーを楽しみたい方が、まず入り口として見るべき1作目。
sia

siaの感想・評価

4.0
魔法動物学者ニュート・スキャマンダーを主役に据えた『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフ作品。

小さい頃から『ハリー・ポッター』シリーズの熱心なファンだったので、公開当時は「あの世界がもう一度見られる!」ともうそれだけで感無量でした。

原作者であるJ.K.ローリングが自ら脚本を手掛けているということもあり、細かい設定まで作り込まれています。
作者にしか生み出すことのできない独創的でファンタジックな世界観はこの映画でも相変わらず魅力的です。

ニュートをはじめとする登場人物たちもみんな個性があって面白い。
特にノー・マジであるジェイコブのキャラクターは秀逸で、観客は彼と一緒に魔法の世界に足を踏み入れる夢のような感覚を共有することができます。
『ハリー・ポッター』本編では物語に関わるマグルってほとんどいなかったので、作中の世界がより親しみやすく、ぐっと広がったような感じがしました。

また、原作ファンとしては、英国魔法界と米国魔法界の違いだったり、教科書に登場した魔法生物の実物を見ることができたりするのも実にワクワクするポイントです。
学生たちが主役だった本編に対して今作の主役は皆ベテランの魔法使いなので、姿くらましや無言呪文といった高等テクニックがガンガン繰り広げられるのも新鮮でした。

ただ、作者の生み出す重厚な設定や世界観は小説だと読み応えがあるのですが、映像作品として落とし込むには若干ややこしすぎる部分もあります。

ニュートたちが魔法動物を追いかけるストーリーはコミカルで楽しい反面、クリーデンスとオブスキュラスにまつわるストーリーは正直あまりピンときませんでした。
両者のストーリーラインは終盤まで関わることがないため、なおさらクリーデンスのパートは浮いて感じられます。

次回作に繋げるためだけに盛り込まれた要素な多く、ラストがごちゃごちゃしてしまったのも残念でした。
商業的に仕方ないことではあるんだけど、やはりこの作品はこの作品として、しっかり一作の中でまとめてほしかったです。

とは言え、ユニークでファンタジックな魔法の世界を再び味わうことができたという点では十分に魅力的であり、エンタメ作品としてとても満足度の高い作品だったと思います。
ていうか、ラストシーンが良すぎて細かい部分は気にならなくなっちゃうよね。


2018/11/22 再鑑賞

完全に2のための伏線!
>|