ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅の作品情報・感想・評価 - 8ページ目

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅2016年製作の映画)

Fantastic Beasts and Where to Find Them

上映日:2016年11月23日

製作国:

上映時間:133分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」に投稿された感想・評価

Kanta

Kantaの感想・評価

4.2
幼き日にハリーポッターを見た興奮が蘇る嬉しさ。
ファンタスティックビーストシリーズは5部作、起承転結の「起」にあたる&ファンのファーストインプレッションを決めるという意味で気合もひとしお。
「こんな世界観です!!」っていうのを伝え切ってくれたおかげで、エンタメがぎゅうぎゅうに詰まった大作となっていて最高。
その世界のルールを捉えるのは、物語が大きくなるほど大変。その一つ一つの説明にワクワクドキドキが演出されるから、鑑賞者は高揚感に包まれて小難しさを感じない。
一話完結になっているのも嬉しい。
あとほんとにこのシリーズは音楽が秀逸。曲そのものがもつ不可思議さっていうのはハリポタシリーズの刷り込みもあるかもしれないけど、場面とのマッチングと挿入タイミングが秀逸すぎる。
あみ

あみの感想・評価

2.0
エディ・レッドメインがひたすらかっこいいだけの映画です。

内容がそんなにないので、絵はすごく綺麗なんですが面白みに欠けます。
sora

soraの感想・評価

3.9
リプリーという映画に出演していたジュード・ロウ 
チャーリーとチョコレート工場やパイレーツオブカリビアンのジョニー・デップ
後者の役者の方は特徴のある演技をする方
今回の作品でもその特徴がでていた
映像・ストーリーは想像を越える豊かな世界観を感じられた、個人的には架空の動物が怖い、アジアとイギリスのような要素、異なった色が違和感なく一体になっていた
役者の目の表情や顔つきも注目ポイント
終わりは次回作に続く締め方
続きが早く観たい.
takanoriMJ

takanoriMJの感想・評価

3.9
とりあえずおさえるやつ

魔法使えたら一人暮らし充実するのにな
スキャマンダー先生の歩き方何回観ても笑う
satomi

satomiの感想・評価

3.7
少年が幾つもの別れと闘いを通して成長していくハリーポッターに比べて、大人向けの映画。

素直に楽しめたファンタジー。
秋雨

秋雨の感想・評価

5.0
ハリーポッター世界の70年前の話のスピンオフという形でしたが、少しずつハリーの世代に繋がるものがあってワクワクした。魔法動物の話が多く、魔法を使うシーンはハリーポッターより少ないが、逆にマグル(ノーマジ)との関係性を強く感じ取ることができる作品でした。なによりこの映画のいいところが、マグルであるジェイコブが仲間に入り、初めて魔法を目の当たりにする気持ち、魔法は使えないけど困難に立ち向かう姿を主人公の代わりに表現してくれているところだと思います。ニュートスキャマンダーについて語られていないところも多く、次回作がとても楽しみです。
2018年 イギリス制作
ハリーポッターシリーズではほとんど描かれなかった、世界中の魔法使いのこととか、ダンブルドアの過去とかに触れられる映画。ハリーポッターのファンにはたまらない。私も小学生から魔法使いの世界に憧れていたから、本作ではフランスへと飛び出して、前作に引き続き、さらに世界が広がった気がしてとても興奮させられた。
メインの登場人物がみんな愛らしくてとても好き。特にエディ・レッドメイン演じるニュート・スキャマンダーの恥ずかしそうに喋る姿や美しいクイーンズイングリッシュ、目線の動き方、走り方など全部が好き。
あと、インタビューなどを読んでいると、作中の小物や登場人物の衣装の変化等がとてもよく考えて作られていているようで、そういう熱意のこもった作品に触れられてとても嬉しい。
めちゃたのしみにしてた地上波
ストーリーモヤモヤするし展開意味わからんすぎてほったらかしな部分多くない…?
egg

eggの感想・評価

3.0
ファンタビ2が面白そうなので1をみてからということで、、
ハリポタの方がダイナミックで面白いですが、これも普通に面白いです。
イギリス風の衣装が好きなのでそれだけで私は楽しめました。動物多めでかわいい。
レンタルについてた特典みるとちゃんとメッセージが込められてんだなってわかりました。たしかに主人公なんか挙動不審なとこある。笑
2を観に行くかどうかは…考えます。。