ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅の作品情報・感想・評価・動画配信

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅2016年製作の映画)

Fantastic Beasts and Where to Find Them

上映日:2016年11月23日

製作国:

上映時間:133分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」に投稿された感想・評価

Vin

Vinの感想・評価

4.1
当時あんまり惹かれず冒頭部分だけ見ておざなりにしていた作品。傑作じゃん。クオリティハンパねぇ…スーツケースの中の世界に入り込んだ時のワクワク感堪らなかったです…〆も最良。
はし

はしの感想・評価

3.8
魔法使いの魔法というより魔法生物の魅力にフォーカスされていてハリーポッターシリーズとは違う魅せ方で主人公の変人感含めて観ていてとてもワクワクした。
misa1219

misa1219の感想・評価

3.6
内容を全く知らずに見ましたが、ハリーポッターとは違う魅力があって面白かったです☺︎ 魔法動物がリアルでクオリティが非常に高かったです。
まずEddie大好き人間としての意見を言わせていただくと、監督には四方八方感謝太郎にならざるを得ないくらい土下座したい。あまりにもかっこいいし、普段はちょっと抜けたふわふわ可愛い感じなのにピンチになるとちょっと男前になる役が合わないわけない。スーツ超似合うし絶対いい匂いする。てか匂う。もはや伝わってくる。はぁ好き。
Katherineもちゅき。もうちょい可愛らしい役も似合いそうだけど、今回の正義感強めな役もすごく似合う。もう祓ってもらいたい。自ら悪役になっちゃう。お縄にかかりたい。
ファンタジーは最高。ユニバにもいつかファンタビ要素取り入れて欲しいな。
サエコ

サエコの感想・評価

3.3
ファンタジーってやっぱり面白いなと思わせてくれた作品。
YOU

YOUの感想・評価

3.8
『ハリー・ポッター』シリーズの4作品も手掛けたデヴィッド・イェーツが監督を務めた2016年公開のスピンオフシリーズの第1弾。
原作者のJ・K・ローリング自身が脚本を務めた今作は1作目『ハリー・ポッターと賢者の石』の70年前の世界を舞台としており、全5部作が予定されているそうです。ハリー・ポッターは一周しかしていない素人ですが、そんな僕でも十分楽しめました。主人公ハリーの成長とヴォルデモートとの長きにわたる戦いを描いた前シリーズに対し今作は魔法生物学者の主人公ニュートが織りなす珍道中がメインである為、単純にシリーズに入り込みやすく同時に前シリーズも遡って観たくなるような、スピンオフ第1弾として理想的なバランスに仕上げられていると思います。前シリーズの比較で言うと今作ではニューヨーク、2作目ではパリ、そして来年公開予定の3作目ではリオデジャネイロと、『007』シリーズのような”観光映画”としての側面があるのもこのシリーズの大きな魅力です。街並みからファッションまで忠実に再現された1920年代のアメリカにお馴染みのあの世界観が重なることで、これまでとはまた異なる画的にも楽しい「ファンタビ世界」を提示できていると思います。

今作の興行的成功はMCUなどに代表される「共有された世界観」がある程度定着した事も要因だと思いますし、今後への布石や前シリーズとの関連性などもふんだんに盛り込まているので過去シリーズも観返したくなる作品です。3作目も楽しみ!






































































両シリーズ共に基本2時間半がマストなのか?
>|