• Filmarksトップ
  • ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅の感想・評価

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

Fantastic Beasts and Where to Find Them

上映日:2016年11月23日

製作国:
  • イギリス
  • アメリカ
  • / 上映時間:133分
    監督
    デヴィッド・イェーツ
    脚本
    J・K・ローリング
    原作
    J・K・ローリング
    キャスト
    エディ・レッドメイン
    キャサリン・ウォーターストーン
    ダン・フォグラー
    コリン・ファレル
    エズラ・ミラー
    サマンサ・モートン
    アリソン・スドル
    ロン・パールマン
    ジェンマ・チャン
    ジョン・ヴォイト
    カルメン・イジョゴ
    あらすじ
    本作は、ハリー・ポッターと同じあの魔法世界の新しい物語を綴る。今度の主人公は、彼らが通っていたホグワーツ魔法魔術学校で学んだ魔法使いニュート・スキャマンダー。誰よりも優秀だが、おっちょこちょいな魔法動物をこよなく愛する変わり者で、世界中の魔法動物を収集するために、どんなものでも入ってしまうという不思議な魔法のトランクを肌身離さず持っている。世界中を旅しては魔法動物を集め、不思議なトランクに詰め込んでいる。ある時ニュートは、旅の途中でニューヨークへ立ち寄ったが、そこでひょんなことから自分のトランクが普通の人間のトランクと入れ替わってしまう!トランクの中から魔法動物たちは逃げ出してしまい、ニューヨーク中を巻き込む大騒動に!そこで出会う仲間たちや奇想天外な魔法動物とともに、ニュートの新しい冒険が始まる!

    「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」に投稿された感想・評価

    ハリーポッターよりすき。

    面白さわくわくさ切なさが入り混じってる。

    ラストはほっこりした。
    魔法動物かわいい😊私もニュートのカバンの中で暮らしたい
    ぼちぼち!映像が綺麗だった気がする。
    記憶を忘れる雨に打たれるあのいい太っちょのシーン泣いたことは覚えてるけど、他はあの金属好きな動物可愛いくらい。
    この映画は見終わって時間が経ってからの余韻がもの凄いです。覚悟してください。ストーリーは多少退屈したけど普通に面白いしCGも凄い、女優俳優さん綺麗でBGMもとても良いです。ぜひ色んな方に見て欲しい映画です。
    やっぱり面白い。

    ハリポタシリーズも好きでしたが、こっちは大人の魔法もの。
    気になる点とか、たぶんまだ書かれてない部分もあって今後このあたりも知れるといいなと思いつつ。
    だって、なんであのカバンの中にあんなに可愛い変わった動物たち集めてるの?とか。
    逃げちゃまずい動物たちのカバン簡単にあけすぎでしょ(笑)
    でもその動物たちがとてもかわいい。

    ハリポタででてきた人物の名前もでてきて嬉しい。

    エディレッドメインのちょっと抜けてるところとか、素っぽいw
    おじちゃんがいい味だしてますw
    面白い。
    続きが見たい
    大人のための魔法映画。
    世界観、登場人物、魔法動物、ストーリー、全てが個人的にハマったようでハリポタよりこちらの方が好きです。
    特に魔法動物、ジェイコブがツボでした。
    エディレッドメインの容姿や演じるキャラが上手く映画の世界観とマッチしています。
    前知識ゼロで観たのでラストのキャストに素直にびっくりさせてもらいました。
    期待してなかっただけに予想外の当たりでした。
    NYを舞台に魔法生物の保護を生業とする主人公が巻き込まれる大事件を描いたファンタジースペクタクル

    前シリーズで培った"魔法の魅力"をしっかり踏襲しつつ魔法生物という要素を前面に押し出した新しい形の洋風ファンタジー作品
    前日譚ということもあり、やはり話の整合性を保つために強引に展開を捻じ曲げていた箇所も見受けられましたが、前シリーズの世界をもう一度体験したいと言う要望にはしっかりと答えられた作品の様に感じました

    今作はマグルの世界が舞台なので今後の魔法世界を体験する展開に期待したいところ
    ノーマジとかいう日本の頭の悪い若者が考えたような頭の悪い略語が鼻についたのでさっさとイギリス舞台に戻って頂きたい
    この手の映画は(ハリポタも)とにかく名前を覚えるのが苦手。一時停止をしながらじゃないとわかんなくなっちゃう。
    ハリポタとの繋がりはすこーしあるだけで、ハリポタをおさらいする必要もなく気軽に楽しめた。
    アメリカ人の英語の中にイギリス英語があると、イギリス英語が際立つね。最高。