マッハ!無限大の作品情報・感想・評価

マッハ!無限大2013年製作の映画)

Tom yum goong 2

上映日:2015年02月14日

製作国:

上映時間:103分

3.0

あらすじ

タイの村で、象と共に生活を送る古式ムエタイ兵士の末裔カーム(トニー・ジャー)。ある日、突如現れた動物密輸組織のボス、スチャートにより象のコーンがさらわれてしまう。すぐさまコーンを取り戻す為にスチャートのもとへ向かうが、スチャートは何者かによって殺されていた。警察、スチャートの姪ピンピン(ジージャー・ヤーニン)は、現場に居合わせたカームを犯人と断定し追跡を開始する。複数の追っ手が迫る中コーンの居場…

タイの村で、象と共に生活を送る古式ムエタイ兵士の末裔カーム(トニー・ジャー)。ある日、突如現れた動物密輸組織のボス、スチャートにより象のコーンがさらわれてしまう。すぐさまコーンを取り戻す為にスチャートのもとへ向かうが、スチャートは何者かによって殺されていた。警察、スチャートの姪ピンピン(ジージャー・ヤーニン)は、現場に居合わせたカームを犯人と断定し追跡を開始する。複数の追っ手が迫る中コーンの居場所を見つけ出すが、そこは国際的な犯罪王LC(RZA)が運営する世界中の一流格闘家【ナンバーズ】を集めた地下格闘リングだった。果たして、カームは世界最強の格闘家軍団を倒しコーンを取り戻すことが出来るのか?そしてLCが構想する世界掌握ミッションとは?

「マッハ!無限大」に投稿された感想・評価

クワン

クワンの感想・評価

2.9
むーん。
長すぎるバイクアクション。
動き見えづらい炎アクション。
敵の黒人2人との単調アクション。
ちょっとふっくらして切れ味が弱まったジージャー。
さらわれた象を取り返そうとするトニー・ジャー。
彼のアクションは見どころだし、トニー・ジャーとジージャーの
ジャージャーコンビも魅力的なのだけど、この前に書いた
「チョコレートファイター」の方が遥かに面白く、キレのある
アクションが楽しめる。ジージャーのハングリーな魅力も半減、、
エンディングクレジットのメイキングは定番だけど、彼女が疲れた感じで
にやけていて、業界慣れ感が伝わってきて、何だかな~。
何だろう。あの時の鮮烈なあなたはどこにいったのでしょう。

今一歩、不完全燃焼な映画だった。
oimasan

oimasanの感想・評価

3.2
2018/01/15
nobuo

nobuoの感想・評価

3.7
今まで観た映画の中で最低の邦題(この件は後述)。

驚愕の約10分長回しシーンや余韻の残るラストが味わい深い名作だった「前作」と比べると物足りないけど、娯楽アクションとして十分楽しめた。
タイのアクション王と女王であるトニージャーvsジージャーが早めに観れるのが嬉しいし、序盤20分近く続く逃走シーンも観ていて飽きないアイデアが凝らされていて楽しい。
ラストの決着のロジックも、主人公が象使いであることが勝利に結びついていて見事!

単純明快なアクションに対して作中の要素が多すぎ、回収しきれてないのが残念。まるで「ザレイド」に対する「ザレイドGOKUDO」みたい。
あと、後半に行くにつれてどんどん雑になっていった気もする。敵さんや、何で爆弾仕掛けた間近で大暴れしてるのさ...
CGがショボい件については、スマホの画面で観てたからか気にならなかった。でも爆破シーンだけは明らかに酷いのが理解できた。



件の最低の邦題について。個人的には「26世紀青年」「バス男」「GOTGリミックス」等より酷いと思う。

これ「マッハ!」シリーズ関係ないどころか、原題も内容も完全に「トムヤムクン2」じゃねーかよ!!

この邦題を付けた日本の配給会社?の方は一体何を考えてたんでしょうか...
「トムヤムクン」ってダサくね?「マッハ!」の方がカッコよくね?そんで無限大って付ければナンバリング感が薄れて、初見の人でも観るんじゃね?みたいな頭悪い会議をしてたんでしょうか...

そもそも前作が「トムヤムクン」で配給されてんだから、ちゃんとその続編を謳ってあげれば良いでしょうに...。
Klly

Kllyの感想・評価

3.1
チョコレートファイターがこんなところに!
何故タイトルがトムヤムクン2じゃない?
アクションがすごいです!
ジージャー・ヤーニン目当てで観たのだが、とにかく今回の彼女は弱くて、アクションに迫力もなく物足りない。
主役はトニー・ジャーだから仕方ないか。
コスケ

コスケの感想・評価

3.1
かっこいい
>|