マッハ!無限大の作品情報・感想・評価

マッハ!無限大2013年製作の映画)

Tom yum goong 2

上映日:2015年02月14日

製作国:

上映時間:103分

3.0

あらすじ

タイの村で、象と共に生活を送る古式ムエタイ兵士の末裔カーム(トニー・ジャー)。ある日、突如現れた動物密輸組織のボス、スチャートにより象のコーンがさらわれてしまう。すぐさまコーンを取り戻す為にスチャートのもとへ向かうが、スチャートは何者かによって殺されていた。警察、スチャートの姪ピンピン(ジージャー・ヤーニン)は、現場に居合わせたカームを犯人と断定し追跡を開始する。複数の追っ手が迫る中コーンの居場…

タイの村で、象と共に生活を送る古式ムエタイ兵士の末裔カーム(トニー・ジャー)。ある日、突如現れた動物密輸組織のボス、スチャートにより象のコーンがさらわれてしまう。すぐさまコーンを取り戻す為にスチャートのもとへ向かうが、スチャートは何者かによって殺されていた。警察、スチャートの姪ピンピン(ジージャー・ヤーニン)は、現場に居合わせたカームを犯人と断定し追跡を開始する。複数の追っ手が迫る中コーンの居場所を見つけ出すが、そこは国際的な犯罪王LC(RZA)が運営する世界中の一流格闘家【ナンバーズ】を集めた地下格闘リングだった。果たして、カームは世界最強の格闘家軍団を倒しコーンを取り戻すことが出来るのか?そしてLCが構想する世界掌握ミッションとは?

「マッハ!無限大」に投稿された感想・評価

仁

仁の感想・評価

5.0
中盤のバイクシーンが凄すぎるぞ痛い意味で。役者これマジで建物から落ちたり障害物くらったりしてるじゃねーか。凄い。
今の時代にこれだけのことが出来たんだから、もっとCGに頼らない演出で良かったんじゃないですかね。
アクションというより膝打ちとか肘打ちおかが多用され、ひたすら痛そう。

アイアンフィストのRZAも出てる。
打撃がすっごい痛そう……
タイトルは『マッハ』だけど、『トムヤムクン』の続編というめんどくさい感じです。

『マッハ』シリーズが売りにしていたCG未使用を辞め、露骨にCGを使用したことで非難を浴びまくった本作品
ただトニー・ジャーが出てくるだけあってアクションは良いよ。
さとう

さとうの感想・評価

3.4
戦う理由は少女でも犬でも象でもいい。
ストーリーもどうでもいい。
ただ言えるのはトニー・ジャーはやはりムエタイの神だった。
敵のアイツもしぶとくてかなり強かった。

足技なのにライトセイバーの音がする場面は爆笑してしまった…。超人だね…。
87

87の感想・評価

3.3
トニー・ジャーはやっぱ凄い
マッハといえば象だけど、象なんだけど、毎度毎度象への熱い愛にウケてしまいます
象をめぐる戦い。ではないけど、象が愛しい感じで良かったです。
マッハ以来の主人公は安定した演技とアクションで言うことなし。今回加わった女剣闘士役のジージャーが復讐に燃える姿がとてもいいですね。彼女の活躍をもっとたくさん観たかったです!
hyun

hyunの感想・評価

1.0
所々撮影ネタあり
urugin777

urugin777の感想・評価

3.9
トニー・ジャー渾身の傑作の続編。

よりによってなんで邦題をマッハにしちゃったかなぁ…(笑)
前作が余りにもクオリティが高過ぎた為か前作ほどの感動は残念ながら感じられず。

ストーリーも正直な所前作と似た様なものだったし…。

しかしアクションの凄まじさはCG、ワイヤーを使った分明らかに倍増していた。今回は使います宣言してる(日本のポスターでは)ので堂々とCG、ワイヤーを使ったアクションが出てきます(笑)
ありえねーとんでもねースタントが目白押しだったね、場面によっては本当に彼ならノーワイヤーノースタントでいけるのでは…と思うシーンも。

それとムエタイの戦い方が少し変わったかなってイメージ。前作は相手に特別重い一撃を叩き付けては倒していく感じだったが今回は手数も前作より増えてよりアクション映画らしい立ち回りになっていたと思う。

そして敵味方関係無く今回は全員打たれ強過ぎる!w
明らかに大ダメージと言う攻撃を受けても何度も立ち上がってくるんだもの…そりゃ驚くよ(^◇^;)

そして何より今回はジージャーとの共演も魅力の一つ!
直接的には特別トニー・ジャーと大きな絡みは無いものの中々にハイレベルな立ち回りを見せてくれた、個人的には好きですよ(^ω^)

トム・ヤム・クン!が余りにも神作だったのでハードルが上がり過ぎてしまった感はあるだろうがトニー・ジャーの映画として観たら結構良作なのではないでしょうか
>|