ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生の作品情報・感想・評価

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生2018年製作の映画)

Fantastic Beasts: The Crimes of Grindelwald

上映日:2018年11月23日

製作国:

上映時間:134分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」に投稿された感想・評価

collina

collinaの感想・評価

4.0
ドキドキしました。隣にいた母はグリンデルバルドに怯えていました。

ビーストたちのシーンが好き。
魔法だけじゃなくて、ところどころ 動物がニュートを助けてくれるのが
ファンタスティックビーストの魅力。
とはいいつつ、ビーストのシーンがもっとほしかった。
ニュートが好き。君の瞳は○○○○○○。最高です。

ハリー・ポッターから観ている身としては、いろいろ興奮することが多く、
ワクワクしました。
なぜ?とか、あの人が!とか、ネタバレになりそうで、言えないことがありますが・・・

現実とのリンクが魔法界もマグルも変わらないのね、と、
カリスマ的な独裁者が支配していく姿に、ヒトラーの姿を感じないではいられない。
グリンデルバルトの過去も明らかになっていくと期待したいです。

ハリー・ポッターから見返したいし、読み返したい。
というか、読んでいないとファンタスティックビーストの楽しみが半減してしまう気がします。
midori

midoriの感想・評価

3.5
なんの情報もなしにみたから全然完結しなくてびっくりした。
ダンブルドアがジュードロウって面白すぎるでしょと思ってたけど結構しっくり。
どういうこと?っていうシーンが多くて見直して理解した。1回では難しい…
ベビー二フラーかわいすぎる。
ニュートがティナのこと「歩幅が狭い」みたいな動物を観察する感じで特徴を言ってたのがおもしろかった。
魔法便利すぎる〜
そしてカッパって魔法生物のくくりなの?
世界観が分からなくなってきた…
登場人物も多くてよく分からず…
ただグリンデルバルトはかっこいい😍
majimakira

majimakiraの感想・評価

4.8
第2作。益々増えてくるハリポタ世界への伏線の数々。それを見つける度に快感、或いは「なんだったっけ…誰だったっけ…」の苦しみが襲う^^;
しかしジュード・ロウ演じる若き日のアルバス・ダンプルドアの姿には、その中でも桁違いの興奮を覚えた。
主人公ニュート・スキャマンダーが操る魔法動物も、お馴染みのメンバーに加え、巨大な火トカゲの大暴れと大活躍など、見所満載。そして「黒い魔法使い」・グリンデルバルドの集会のシーンでは、再び始まるこのシリーズの「闇との血戦」に身震いがする想いだった。そんなグリンデルバルドの伝説も、更には賢者の石のニコラスやレストレンジ家のことも、、ハリーポッターシリーズに戻って色々と想い出さないと…
リ

リの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ジョニー・デップとジュード・ロウ!!
最初、誰が誰なんだか分からなかったけど…。
ダンブルドアって若いころこんな感じだったんだ。ハリー・ポッターで見た風景が嬉しい。
魔法動物のシーンがもっとあるといいんだけど。
早く続きを見たいなぁ。
Liu

Liuの感想・評価

3.2
1より面白いけど、ハリーポッターは超えないなあ
付け加え感を感じちゃう。
nanka

nankaの感想・評価

-
そういえば見てた、、とりいそぎ。。
Liz

Lizの感想・評価

3.6
記録
ニコラスフラメルが登場!トコトコ走る姿が可愛いお爺ちゃん(笑)魔法使いって、老人になるまでの老け方は人間と同じ年月なんだろうか…?
>|