ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生の作品情報・感想・評価

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生2018年製作の映画)

Fantastic Beasts: The Crimes of Grindelwald

上映日:2018年11月23日

製作国:

上映時間:134分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」に投稿された感想・評価

やはりこの世界はワクワクする
魔法の世界をきっちり作り、私たちの知らない世界を見せてくれる
だが、ストーリーとしては余計な複雑さを持ち、なんなら最後に今までのなんだったのさ?って思う、驚きというか、呆れというか
もう少しうまく脚本かけたでしょーーー
なぜこうなった感じは否めないが次も楽しみなのは変わらない
もう少し魔法動物みたいなぁ
canna

cannaの感想・評価

3.8
長いシリーズ作になるのは覚悟してたけど、やはり1作目に比べると面白さに欠ける。

次の作品に期待!
pentas

pentasの感想・評価

4.8
若き日のダンブルドアとマクゴナガル先生が出てきて面白かった!

ハリーポッターと同じ世界の話なんだと言うことがすごくわかる
強大な力のオブスキュラスを持つことがわかったクリーデンス。彼を巡って、脱走したグリンデルバルト、魔法省、ダンブルドアに差し向けられたニュートらがバトルを繰り広げる。
前作の主要メンバーに加え、新しくアルバス・ダンブルドア役のジュード・ロウが登場し、グリンデルバルト役のジョニー・デップも本格的に参戦する。さらに、ニュートの兄のテセウスや昔の恋人リタなども登場し、いよいよストーリーが動き出す。魔法動物もめちゃくちゃかわいいベビー・ニフラーや恐ろしさとかわいさのギャップのあるズー・ウーなどが新しく登場。
ただ、初心者も楽しめる一作目に比べて、二作目以降はハリー・ポッターファン向けの映画になっている。シリーズでもお馴染みのホグワーツ城やボガート、ポート・キー、ナギニ、ニコラス・フラメルなどが登場するのはファンとしては嬉しいだろう。他にも様々な新情報があり、ファンなら興奮間違いなし。一方、色んなことを詰め込み過ぎてて観ているだけで、疲れてしまった。ただ、単体としてはバランスが悪くともこれからのアルバス・ダンブルドアとグリンデルバルトのストーリーの導入として考えるとわくわくさせられる。
ハリポタシリーズはほんとに大好き…

映画館で見るべき
M

Mの感想・評価

4.0
IMAX 3D 字幕

前作から1年後の1927年ニューヨークからパリへ。

クリーデンスの「魔法ワールド」物語。前作の謎が少しづつ解けていき、また更に楽しい。
冒頭、クイニー & ジェイコブ のシーンが可愛くて、ホント嬉しかった。

まだまだお二人の恋の行く見守りたい。
NAO

NAOの感想・評価

3.6
入りがすごく謎だったけど、ニュート出てきたあたりから取り戻し始めた。
ティナは前作ではパッとしなかったけど、美しくなって、ナイスシェイプになっていた。
ハリーポッター関連が映像や音楽までかなり出てきていて、ハリーポッターファンは喜ぶだろうなと意向を促してる感が凄い🤚
ちょっと話が複雑だけど、豪華キャストのおかげで楽しく見れた👀
魔法省の警備のクロヒョウ的な動物だけCGがかなり手抜きやんっておもった(笑)
魔法使いの世界観ですが何故かハリー・ポッター程惹き付けられなかったです。個人的こちらのシリーズは1作目の方が好みでした。あとジョニー・デップのクールでダーティな感じがかっこいい。
美術はやはり圧倒的完成度なので、DVD特典映像は観ていて楽しかったです。
>|