ハン・ゴンジュ 17歳の涙の作品情報・感想・評価

ハン・ゴンジュ 17歳の涙2013年製作の映画)

한공주/Han Gong-ju

上映日:2015年02月10日

製作国:

上映時間:113分

3.4

あらすじ

「泣かないで」なんて、とても言えない。 17歳の少女ハン・ゴンジュは、中学生の時に起きた事件がきっかけで、家庭は崩壊し生まれ育った土地に住むこともでき ず、転校を余儀なくされた。知り合いの家に居候し、そこから新しい学校に通い始めたが、友達を作らず、笑うことも無く毎日を過ご していた。寂しさに耐え切れず訪ねた母親には邪険に扱われ、父親は電話にも出ない。そんなある日の放課後、教室で歌ってい たゴン…

「泣かないで」なんて、とても言えない。 17歳の少女ハン・ゴンジュは、中学生の時に起きた事件がきっかけで、家庭は崩壊し生まれ育った土地に住むこともでき ず、転校を余儀なくされた。知り合いの家に居候し、そこから新しい学校に通い始めたが、友達を作らず、笑うことも無く毎日を過ご していた。寂しさに耐え切れず訪ねた母親には邪険に扱われ、父親は電話にも出ない。そんなある日の放課後、教室で歌ってい たゴンジュの歌声を聴いた同級生と打ち解けるようになる。新しい友達と歌う楽しさを知ったゴンジュの生活は、光が差し込んだか に見えた。しかし、あの事件に纏わる悪意が、再び彼女に忍び寄っていた...。

「ハン・ゴンジュ 17歳の涙」に投稿された感想・評価

くまみ

くまみの感想・評価

2.5
加害者が被害者で被害者が加害者になる。どんな事件もそう。
加害者は加害者で被害者は被害者なのに。
ゴンジュには守ってくれる人がいない切なさにぐっとくる。
誰も守ってくれないから自分で自分を守らないと。
どんな形になろうとも。
Mena

Menaの感想・評価

2.8
実話という事に胸を痛めてひたすら怒りと悔しみで胸糞悪い。
でもいらないシーンが異常に多くて一つ一つのシーンがくどい。もっと簡潔にまとめた方がより緊張感と感情移入がしやすかった。ラストは、素晴らしい、色々な考えが浮かぶ。どう捉えるかは観た人次第。余韻に浸る。
Mika

Mikaの感想・評価

3.4
実話を基に作った映画。
tmr

tmrの感想・評価

5.0
可愛い過ぎ、透明感ビチビチ。
ユウ

ユウの感想・評価

2.4
あまり伝わってこない。
これだけの事件なので覚悟していたが逆に眠くなる。
残念だ。
めっちゃきつい、、
韓国で起きた事件を基にした作品なので、実際に起きた事件についても調べてみたけど、
ほんと酷かった。 胸糞悪い事件でした。
映画では事件の内容はそこまでリアルには画かれてないけど、
彼女の周りの人々や社会の反応は正に映画の通りだったのかな…
そこは明確に画かれていて、
こういう作品を観る事も大切だと思うし、観なきゃいけないと思う。
もっと現実見なきゃって思わされた。
この胸糞悪い感じ、悔しい思いを忘れないようにしなきゃ。
福

福の感想・評価

3.2
韓国ではこういうレイプに関する作品が特に多い。実際に事件が多い上に警察や法律に頼れないから、世論に訴えるしかないのだろうか…
誰もが罪の意識なく彼女を傷つけてしまっていて、彼女ももはや誰を恨めばいいのか… もちろんきっかけとなったのは事件だろうけどそれだけではない、人との繋がりにこんなにも責任が生じるものなのを、私たちは忘れてはいないだろうか
淡々と静謐に物語は進行する。端々に挿入される過去。痛々しい。ラストの希望が唯一の希望。
JF

JFの感想・評価

3.5
 誰も最後まで彼女に寄り添えないのか。家を提供したり友達になったり、多少優しく接したとしても彼女の本質を理解する人は誰も出てこない。彼女のほのかな望みは「プールの縦幅を泳げるようになる(25メートル)」こと。

 韓国で実際にあった、密陽女子中学生集団性暴行事件の映画化。

 元の担任の先生が、強引に先生の実家にハンゴンジュという名の女の子を預ける。体と心に大きく傷つけられた女の子。先生の母親が預かり、少女の悲惨な事件を誰も知らない学校に転校することに。セカンド的なものがやってくる。

 もし私がハンゴンジュだったら、彼女と同じように抵抗もできず、ただただ受け入れるしかないかも。大勢の自分本位の大きな塊が私を圧倒してしまって…。

 ラストは完全にプラスの方向で観た。誰もがマイナスの方向で読むような気もするが、あれは彼女の彼女なりの覚醒なんだと信じたい。

本当に綺麗な映像で、本当に上手な回想シーンの入れ方で、本当にえげつないこと描くなぁと。
>|