ヘイル、シーザー!(2016年製作の映画)

Hail, Caesar!

上映日:2016年05月13日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:106分
    監督
    イーサン・コーエン
    ジョエル・コーエン
    脚本
    イーサン・コーエン
    ジョエル・コーエン
    キャスト
    スカーレット・ヨハンソン
    チャニング・テイタム
    ジョナ・ヒル
    ティルダ・スウィントン
    レイフ・ファインズ
    ジョージ・クルーニー
    ジョシュ・ブローリン
    フランシス・マクドーマンド
    クランシー・ブラウン
    デヴィッド・クラムホルツ
    フィッシャー・スティーヴンス
    クリストファー・ランバート
    オールデン・エアエンライク
    ロバート・ピカード
    パトリック・フィッシュラー
    フレッド・メラメッド
    ピーター・ジェイソン
    エミリー・ビーチャム
    ジリアン・アルメナンテ
    クレメント・フォン・フランケンスタイン
    ジェフリー・カンター
    あらすじ
    1950年代、ハリウッドが“夢”を作り、世界に贈り届けていた時代。スタジオの命運を賭けた超大作映画「ヘイル、シーザー!」の撮影中に、主演俳優であり世界的大スターのウィットロック(ジョージ・クルーニー)誘拐事件が発生!撮影スタジオは大混乱に陥る中、事件解決への白羽の矢を立てられたのは貧乏くじばかりを引いている“スタジオの何でも屋”(ジョシュ・ブローリン)。お色気たっぷりの若手女優(スカーレット・ヨハンソン)や、みんなの憧れのミュージカルスター(チャニング・テイタム)、演技がどヘタなアクション俳優(アルデン・エーレンライク)など、撮影中の個性溢れるスターたちを巻き込んで、世界が大注目する難事件に挑む!

    「ヘイル、シーザー!」に投稿された感想・レビュー

    masayaan
    masayaanの感想・レビュー
    2016/06/08
    3.0
    彼らのハリウッド映画に対するポストモダン的シニシズム(映画内映画が計4作ほど登場(笑))を一応、全力にポップなものとして吐き出した感じなのだろうけど、けっこうキツい。誰しもが見逃すはずのないアクションつなぎが1回と、あとはミュージカルのシークエンスは良かったかな。
    E
    Eの感想・レビュー
    21時間
    2.5
    妙に皮肉がきいたコーエン兄弟の監督は『ファーゴ』で僕のハートを撃ちぬきました。とはいえ本作はといえば、DVDジャケットの「豪華キャストの織り成すコメディ!」というような謳い文句に踊らされるなかれ、キャラクター同士のエピソードが絡み合うことはほぼなく、掴みどころのないストーリー。なんと消化不良な1本でした。

    オマージュも知らなければただの演技にすぎませぬ。ジョージクルーニーのやに困った顔が、個人的なツボでした。
    SHiN
    SHiNの感想・レビュー
    3日
    -
    記録用。
    A
    Aの感想・レビュー
    4日
    -
    記録
    のるこ
    のるこの感想・レビュー
    2017/05/21
    3.9
    コーエン兄弟の新作!ハリウッド黄金時代の光と闇を描いた物語。主人公エディの『こちらの方が正しいと思う』という台詞に、何故映画を作るのかという哲学が垣間見えました。

    さすがはコーエン兄弟という感じで、観客とはかけ離れた"黄金時代のハリウッド"での映画製作が中心のストーリーなのに、クスクス笑えるポイントが沢山。面白い。セットや衣装の豪華さも魅力!共産主義団体の問題や男女関係、事故のもみ消しまで細部に組み込んでくる脚本も皮肉が効いてる。

    さらに、豪華キャストの演技も素晴らしい。ティルダ様なんか一人二役だし、スカヨハもジョージ・クルーニーも自身の持つスター性をそのまま役に反映させていて説得力がある。デッドプール2でのケーブル役の噂が出ていたジョシュ・ブローリン氏、初めて見ましたが渋さがかっこよかった!オールデンとチャニング・テイタムのチャーミングさも素敵。チャニング・テイタム演じるバート、なんだかジーン・ケリーみたいだなあと思って特典を見てみると、本当にジーン・ケリーがモデルみたいですね笑 ほかのスター達も沢山モデルになっていて面白い。特典まで是非是非見てくださいね!
    ようじろう
    ようじろうの感想・レビュー
    2017/05/21
    3.2
    なんだかダラダラしてた

    出演者は豪華だけど
    テンポが悪いというか
    クラゲ男爵
    クラゲ男爵の感想・レビュー
    2017/05/20
    3.0
    1950年台、テレビの登場で斜陽産業となってきた映画会社のプロデューサーが、わがままな俳優たちの尻拭いをしながら転職を天秤に掛ける話。ここで映画愛溢れるコーエン兄弟によって語られているのは『好きな物のために人生を棒に振れるか』。答えはyesだ!
    ポップ
    ポップの感想・レビュー
    2017/05/19
    3.5
    記録
    かとうちえ
    かとうちえの感想・レビュー
    2017/05/19
    -
    どういう話なのか理解して入り込むまでにちょっと時間がかかったけど、ニヤニヤポイントもあって面白かった!

    問題山積みの中で、マルチタスクで動けるおじさますごいわー
    それにちゃんとついてく何気に秘書もすごいわー

    タップダンスのシーン、口開けてみちゃったなぁ。。すごかった。
    訛りの強いカーボーイ俳優がセリフ指導されてるとこ、英語わかる人の方が面白いんだろうな。。
    字幕じゃぜんぜん追えなくて残念だった。

    固まる笑顔のスカヨハと(シンクロの画もカラフルでよかった)、
    タバコすぱすぱしながら編集してるおばさまと、
    調子乗りすぎて怒られてビビっちゃうジョージクルーニーらへんがツボでした!
    なつこ
    なつこの感想・レビュー
    2017/05/17
    3.2
    うーん…
    >|