ヘイル、シーザー!の作品情報・感想・評価

ヘイル、シーザー!2016年製作の映画)

Hail, Caesar!

上映日:2016年05月13日

製作国:

上映時間:106分

3.1

あらすじ

1950年代、ハリウッドが“夢”を作り、世界に贈り届けていた時代。スタジオの命運を賭けた超大作映画「ヘイル、シーザー!」の撮影中に、主演俳優であり世界的大スターのウィットロック(ジョージ・クルーニー)誘拐事件が発生!撮影スタジオは大混乱に陥る中、事件解決への白羽の矢を立てられたのは貧乏くじばかりを引いている“スタジオの何でも屋”(ジョシュ・ブローリン)。お色気たっぷりの若手女優(スカーレット・ヨ…

1950年代、ハリウッドが“夢”を作り、世界に贈り届けていた時代。スタジオの命運を賭けた超大作映画「ヘイル、シーザー!」の撮影中に、主演俳優であり世界的大スターのウィットロック(ジョージ・クルーニー)誘拐事件が発生!撮影スタジオは大混乱に陥る中、事件解決への白羽の矢を立てられたのは貧乏くじばかりを引いている“スタジオの何でも屋”(ジョシュ・ブローリン)。お色気たっぷりの若手女優(スカーレット・ヨハンソン)や、みんなの憧れのミュージカルスター(チャニング・テイタム)、演技がどヘタなアクション俳優(アルデン・エーレンライク)など、撮影中の個性溢れるスターたちを巻き込んで、世界が大注目する難事件に挑む!

「ヘイル、シーザー!」に投稿された感想・評価

masayaan

masayaanの感想・評価

3.0
彼らのハリウッド映画に対するポストモダン的シニシズム(映画内映画が計4作ほど登場(笑))を一応、全力にポップなものとして吐き出した感じなのだろうけど、けっこうキツい。誰しもが見逃すはずのないアクションつなぎが1回と、あとはミュージカルのシークエンスは良かったかな。
メチャメチャ面白かった😆✨。さすが、コーエン兄弟。
むむ

むむの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

水兵さんたちがタップダンスするシーンが一番好き
ウィットロックが頬を叩かれて「ひどい!」って顔するところがなんだか可愛い

1950年代、服と色合いが可愛い!

世界が大注目する誘拐事件に挑む!っていうのを見てもっとドタバタ救い出すのかと思ったら、想像してたよりあっさり解決で物足りなく感じた
はるか

はるかの感想・評価

3.0
キャストは豪華なのに。
ハリウッドの歴史を知らないと難しいのかも。
共産主義者ギャグ、僕はもう、ダサいと思っていて。ユダヤがどう、とか。キリスト茶化すとか。そういうなのも、またそれかよ感がどうしてもよぎってしまう。
で、50年代の映画製作が舞台になってくるわけだけれど、これにもあまり明るくないから、受け取れるギャグが少ない。
日本人に見せる為に作られた映画ではないのだと思う。
訛りを直すところは面白かった。笑った。

コーエン兄弟は好きな映画も多いけど、外すことも多くなってきている印象。
楓音

楓音の感想・評価

3.5
チャニングテイタム観たくて鑑賞👀
なかなか出てこなかったけど初めて歌ってるの観れてタップダンスも観れて最高!!! 何回も繰り返し観てしまった、、
セーラー服もベージュのスーツもチャニングテイタム好きにはたまらないと思う、、!!
最後の犯人も意外で驚かされた
あれ?意外と評価低いぞ?どうした皆の衆
ここのキャラクター性が強すぎたせいで
話が入ってこないのはわかりますぜよ
でも今作でコーエン兄弟の映画対する愛を感じられました。
それ観たさに観てもいいやない。
終始小ネタで笑えるしいいやない。
キャストもコーエン兄弟作品の常連さんや
ジョナ・ヒルやテイタムもいて最高なんだからいいやない。
ハリウッドの裏側ってことで
「マップオブスターズ」とは対照的に
描いてるのが印象的ですな。
こういうテェイストでいつも思うのが
役者さんこんがらがらないのかな〜と
それとも素でやってんのかな?
そんな映画。
もっとコメディなのかと軽い気持ちで見始めたら、置いてけぼり…(*_*)

調整役って むずかしいんやなぁということはわかった。
彼の時計がとても好み。

ロデオ芸人の大根っぷりがすごかった!笑
あれはあれで むずかしいと思う。

トータルしてなんだか小難しい。
眠くなってしまった…
sickboy

sickboyの感想・評価

3.1
映画制作中にスターが誘拐される話。

キャスト超豪華!映画制作舞台裏の話でコメディだけど途中でミュージカルあったりサスペンス?あったりで忙しい映画ね。ミュージカルシーンは見てて楽しい。コメディは何とも言い難いねのシーンだけはめちゃくちゃ面白かった!コメディ分が控え目で、どのジャンルにも振り切れてないのでもっとコメディシーンが多ければもっと面白かったかも。見終わると何が良いか言えないけど、何となく面白い映画。
>|