ヘイル、シーザー!の作品情報・感想・評価

ヘイル、シーザー!2016年製作の映画)

Hail, Caesar!

上映日:2016年05月13日

製作国:

上映時間:106分

3.1

あらすじ

1950年代、ハリウッドが“夢”を作り、世界に贈り届けていた時代。スタジオの命運を賭けた超大作映画「ヘイル、シーザー!」の撮影中に、主演俳優であり世界的大スターのウィットロック(ジョージ・クルーニー)誘拐事件が発生!撮影スタジオは大混乱に陥る中、事件解決への白羽の矢を立てられたのは貧乏くじばかりを引いている“スタジオの何でも屋”(ジョシュ・ブローリン)。お色気たっぷりの若手女優(スカーレット・ヨ…

1950年代、ハリウッドが“夢”を作り、世界に贈り届けていた時代。スタジオの命運を賭けた超大作映画「ヘイル、シーザー!」の撮影中に、主演俳優であり世界的大スターのウィットロック(ジョージ・クルーニー)誘拐事件が発生!撮影スタジオは大混乱に陥る中、事件解決への白羽の矢を立てられたのは貧乏くじばかりを引いている“スタジオの何でも屋”(ジョシュ・ブローリン)。お色気たっぷりの若手女優(スカーレット・ヨハンソン)や、みんなの憧れのミュージカルスター(チャニング・テイタム)、演技がどヘタなアクション俳優(アルデン・エーレンライク)など、撮影中の個性溢れるスターたちを巻き込んで、世界が大注目する難事件に挑む!

「ヘイル、シーザー!」に投稿された感想・評価

Kino

Kinoの感想・評価

2.8
古き良き50年代のハリウッドを舞台に共産主義とはなんたるかな集団に誘拐される男と、翻弄されるスタジオの人々達。テレビが世に浸透し、映画の価値とは如何に問われる時代に皮肉を交え原罪意識を投影した群像劇。チャニング・テイタムはやはりこのポジショニングか
群像劇にしてはつながったときのカタルシスはない
水曜日

水曜日の感想・評価

2.3
ハリウッドスターが誘拐された。その裏には共産主義を信じる映画関係者の影が…。

この映画の盛り上がらなさ加減は全方位をマヌケにしてしまったことで、ジョージ・クルーニーの大スターも、ジョッシュ・ブローニンのトラブルバスターも、そしてチャニング・テイタムらの共産主義者も、全方位バラバラにハジケすぎててストッパーが見あたらないのだ。

もちろん昔のハリウッドを再現しようとした奮闘は伝わるし、各シーンをバラバラに見れば悪くない。でも別に身代金が要らなかったよね…とか思えてきたらスッキリしない。

コーエン兄弟っぽさとか映画マニアをくすぐるポイントはあるのだろうが、いかんせん私には高度すぎてダメだった。

故景山民夫さんが「俺に書かせろ!」と言い出しかねない…。
ところどころツボで爆笑してました。
kurara

kuraraの感想・評価

4.0
コーエン兄弟ってやっぱりひねくれてるよね?笑 エンドロールがソ連の軍歌(?)だったので確信した。
ジョージ・クルーニーはなんだか毎回汚くされるし…笑

50年代ハリウッド。元ネタが沢山あって、ジーン・ケリー、エスター・ウィリアムズ…あとあのカウボーイの人は誰だろう?MGM黄金期、コミュニズムが台頭してたあの時代の光と影。
主人公の仕事感がすごく良くて、明日からも仕事頑張ろうと思える。日曜夜に観てよかった作品笑
映画への愛があれば、誰でも共感できると思うので、
明日からの仕事が憂鬱な人には特におすすめしたい映画。
コーエン監督作品はほぼ全てを見ているが、この作品は悪くない方だと思う。実は英語字幕版で見たため大まかな筋はわかるけど詳しいところまでは追いきれていない。相変わらずのコーエン節というか会話は長尺で、目立たないキャラクターが物語中で重要になったりするので話に厚みがでている。まぁ若干最近のコーエン作品は政治的に傾きつつあり、本作もハリウッド産業に介入する共産主義の影といったテーマ。共産主義台頭時代を取り扱っているだけあってセットや演出がチープで古き良き時代感が滲み出ていてとても良いと思う。それにジョージ・クルーニーやスカーレット・ヨハンソンにあんな風に扱える監督・作品は他に無いんじゃないかな。
田中元

田中元の感想・評価

3.3
コーエン兄弟にしてはおとなしめ。なんというか、コーエン兄弟のスタイル、コーエン兄弟のタッチのみで作られている気がする。
nemu

nemuの感想・評価

1.0
とろサーモン
>|