ヘイル、シーザー!の作品情報・感想・評価

ヘイル、シーザー!2016年製作の映画)

Hail, Caesar!

上映日:2016年05月13日

製作国:

上映時間:106分

3.1

あらすじ

1950年代、ハリウッドが“夢”を作り、世界に贈り届けていた時代。スタジオの命運を賭けた超大作映画「ヘイル、シーザー!」の撮影中に、主演俳優であり世界的大スターのウィットロック(ジョージ・クルーニー)誘拐事件が発生!撮影スタジオは大混乱に陥る中、事件解決への白羽の矢を立てられたのは貧乏くじばかりを引いている“スタジオの何でも屋”(ジョシュ・ブローリン)。お色気たっぷりの若手女優(スカーレット・ヨ…

1950年代、ハリウッドが“夢”を作り、世界に贈り届けていた時代。スタジオの命運を賭けた超大作映画「ヘイル、シーザー!」の撮影中に、主演俳優であり世界的大スターのウィットロック(ジョージ・クルーニー)誘拐事件が発生!撮影スタジオは大混乱に陥る中、事件解決への白羽の矢を立てられたのは貧乏くじばかりを引いている“スタジオの何でも屋”(ジョシュ・ブローリン)。お色気たっぷりの若手女優(スカーレット・ヨハンソン)や、みんなの憧れのミュージカルスター(チャニング・テイタム)、演技がどヘタなアクション俳優(アルデン・エーレンライク)など、撮影中の個性溢れるスターたちを巻き込んで、世界が大注目する難事件に挑む!

「ヘイル、シーザー!」に投稿された感想・評価

Kino

Kinoの感想・評価

2.8
古き良き50年代のハリウッドを舞台に共産主義とはなんたるかな集団に誘拐される男と、翻弄されるスタジオの人々達。テレビが世に浸透し、映画の価値とは如何に問われる時代に皮肉を交え原罪意識を投影した群像劇。チャニング・テイタムはやはりこのポジショニングか
Hideki

Hidekiの感想・評価

2.1
つまんない。
tak

takの感想・評価

2.6
映画に造詣深く無いと面白く無い作品。
みづの

みづのの感想・評価

4.6
テイタムのダンスシーンが好きすぎて何回も巻き戻して観た。
銀幕に映る「夢」を紡ぎ出す(半ば絞り出している?)裏では、政治・経済・宗教・セックスがドロドロ煮詰められている。ブラックな笑いあればポカーンな時間もあり。
クセの強いブラックユーモアがふんだんに盛り込まれているので、宗教観のあまりない日本人に対しては観る人のツボを選ぶ印象。自国受け一点集中の精神も垣間見え、少し残念に思う部分も無きにしも非ずだけど、確実に第一級の作品。手腕の振い方が一目瞭然に上手い。
映画の撮影所を舞台にしているところは、「なんだか、面白そうだなぁ」と思ったが、物語自体がまったく面白くなかった。
笑えるのかと思ったら、笑えない。

突飛な展開に難あったか。(しかし、潜水艦とは…)
コーエン兄弟の失敗作。
スーツでビシッと決めた役も良いけど、間抜けな顔のジョージ・クルーニーも結構好きです。

50年代のハリウッド事情はあまり分からないのであれだけど、コーエン兄弟なりの映画愛を凄く感じれたのでそこが良かったです。
>|