ヘイル、シーザー!の作品情報・感想・評価

ヘイル、シーザー!2016年製作の映画)

Hail, Caesar!

上映日:2016年05月13日

製作国:

上映時間:106分

3.1

あらすじ

1950年代、ハリウッドが“夢”を作り、世界に贈り届けていた時代。スタジオの命運を賭けた超大作映画「ヘイル、シーザー!」の撮影中に、主演俳優であり世界的大スターのウィットロック(ジョージ・クルーニー)誘拐事件が発生!撮影スタジオは大混乱に陥る中、事件解決への白羽の矢を立てられたのは貧乏くじばかりを引いている“スタジオの何でも屋”(ジョシュ・ブローリン)。お色気たっぷりの若手女優(スカーレット・ヨ…

1950年代、ハリウッドが“夢”を作り、世界に贈り届けていた時代。スタジオの命運を賭けた超大作映画「ヘイル、シーザー!」の撮影中に、主演俳優であり世界的大スターのウィットロック(ジョージ・クルーニー)誘拐事件が発生!撮影スタジオは大混乱に陥る中、事件解決への白羽の矢を立てられたのは貧乏くじばかりを引いている“スタジオの何でも屋”(ジョシュ・ブローリン)。お色気たっぷりの若手女優(スカーレット・ヨハンソン)や、みんなの憧れのミュージカルスター(チャニング・テイタム)、演技がどヘタなアクション俳優(アルデン・エーレンライク)など、撮影中の個性溢れるスターたちを巻き込んで、世界が大注目する難事件に挑む!

「ヘイル、シーザー!」に投稿された感想・評価

外は雨

外は雨の感想・評価

3.1
1950年代のハリウッド。映画の中の映画制作の途中で主役が共産主義者に誘拐されちゃうお話。時代的にも赤狩りの最中でジョージ・クルーニー演じる俳優もすぐ感化されちゃうんですが、そこはそれビンタひとつで映画世界に戻れる単純さですw レイフ・ファインズの一見優し気な物腰の監督がアクション系の訛りのきついカウボーイにねちっこい演技指導し始めるトコが笑える。それぞれ元になるモデルがいるようでそこがわかるともっと面白いんだろうけど。
コーエン兄弟愛するぼくでも観てる間けっこうずっとうーんって感じてたけど、結論はヘイルコーエン。マジバグりすぎ。
H

Hの感想・評価

-
クリスチャンの映画。全然意味が理解できなかった。笑 勉強不足。
さと子

さと子の感想・評価

3.1
内容カッスカス、ペラッペラ。
映画の製作現場が舞台だから、すごく金かかってそうというイメージ。劇中でたまにあるミュージカルだけ無駄にクオリティ高かった。
キャスト目当てやし見たこと後悔してないけども
watarihiro

watarihiroの感想・評価

3.7
テレビが普及され映画業界不況になると思われた1950年代のハリウッド。そんな中、巨額の制作費を投じてスペクタクル映画を作ろうとしていた。だが、主演の俳優が誘拐されてしまった、、、。

コーエン兄弟監督。ジョシュ・ブローリン、ジョージ・クルーニー、レイフ・ファインズ、チャニング・テイタム、スカーレット・ヨハンソン等。
その中にハンソロの映画で主演する、オールデン・エアエンライク。俳優陣が豪華。

キリストの表現の仕方の議論や、資本主義と共産党主義の口論と言った何かと少し触れ難い部分を描写し、少しブラックコメディ感があったのが私の印象。

もう少しレイフ・ファインズとスカーレット・ヨハンソンの尺が欲しかった。
チャニング・テイタムのテーブルの上のタップのシーンは最高。
骨壺

骨壺の感想・評価

-
コーエン兄弟のシニカルな目線はコメディでは苦手で、シリアスでは面白い。僕はそう思いますね〜〜〜。個人的意見ですオラオラオラァ!!!
全然わからなかった。多分私の圧倒的知識不足ゆえ。
もんち

もんちの感想・評価

3.7
しょっぱなから、相性が良さそうだな〜と感じた作品だった。

主人公が主人公らしくなかったけど、コミカルでリズミカルな展開が面白かった。

開始22分までスカヨカ登場せず、突然出てきたのでびっくり(笑)

他のコーエン兄弟の作品も観てみたい。
KENTAROH

KENTAROHの感想・評価

1.5
結論、クソつまんなかった。
キャッチコピーそのまま受け止めて見てみたら、クルーニーの誘拐事件メインじゃなくて拍子抜けした。じゃあほかに見所があるのかと思いきや、無い。最後の最後まで、無い。笑わせに来てるところもイマイチ自分にはハマらなかった。

唯一褒めるとすればチャイニングテイタムのミュージカルかな。
mz5150

mz5150の感想・評価

2.8
たいして面白いと思わず、でも見入ってしまう不思議な感じ。おそらく映画俳優監督には元ネタがあったり、オマージュが込められるだろうと思いながら見た。

コーエン兄弟の映画愛溢れる映画
>|