図書館戦争 THE LAST MISSIONの作品情報・感想・評価

図書館戦争 THE LAST MISSION2015年製作の映画)

上映日:2015年10月10日

製作国:

上映時間:120分

3.7

あらすじ

「昭和」から「正化」へと歴史を進めた近未来の日本。 いまや国家による思想検閲や、メディア規制が横行する社会となっていた。 そんな中、検閲に対抗し「本を読む自由」を守っている“図書隊”に所属する笠原郁(榮倉奈々)は、検閲で取り上げられそうになった大事な本を取り返してくれた図書隊員を追って入隊、特殊部隊(タスクフォース)所属となった。鬼教官である堂上篤(岡田准一)の罵倒とシゴキに耐え、上官の小牧…

「昭和」から「正化」へと歴史を進めた近未来の日本。 いまや国家による思想検閲や、メディア規制が横行する社会となっていた。 そんな中、検閲に対抗し「本を読む自由」を守っている“図書隊”に所属する笠原郁(榮倉奈々)は、検閲で取り上げられそうになった大事な本を取り返してくれた図書隊員を追って入隊、特殊部隊(タスクフォース)所属となった。鬼教官である堂上篤(岡田准一)の罵倒とシゴキに耐え、上官の小牧幹久(田中圭)、同期の手塚光(福士蒼汰)や柴崎麻子(栗山千明)らと厳しい訓練と図書館業務の日々を過ごしていた。 そんなある日、堂上ら図書隊にある指令が下る。それはこの世に1冊しか現存しない"自由の象徴"「図書館法規要覧」の一般展示が行われる“芸術の祭典”会場の警備。一見簡単な任務に思えたが、実は、図書隊を解散させる事で歪んだ社会を正しくしようと考えている、手塚の兄・慧(さとし・松坂桃李)がタスクフォース壊滅を目論み仕組んだ罠だった——。 手塚慧の狙い通り、検閲実行部隊「良化隊」による急襲を受け、成す術もなく1人、また1人と凶弾に倒れていくタスクフォース達。 堂上たちは無事に本を、仲間たちを守り切れるのか?! いま命運をかけ、図書隊が史上最大の戦い“LAST MISSION”に挑む!!

「図書館戦争 THE LAST MISSION」に投稿された感想・評価

くまみ

くまみの感想・評価

2.5
2作目はドンパチが長くて少し飽きてしまった…(1作目は逆に少ない)
松坂桃李の自由を否定する理由が有りがちな理由で少しガッカリ。

ダラダラ観てたらラストの石坂浩二のセリフにグッとくるものがあった。
自由過ぎる現代が怖いと思っていたから…
『自由』だからこそ自分がどう生きるかなんだ。
ナナシ

ナナシの感想・評価

4.2
戦闘シーンが多くて途中一休みしてしまった。
でもそれありきで最後は感動した。
良かった。
Mika

Mikaの感想・評価

2.8
原作も読んでなくて、初めての鑑賞。
設定が面白かった。

映画っていうよりはTVドラマ感はあったが、個々のキャラクターもしっかりしてて良かった。

土屋太鳳の演技が後半につれて聴覚障害っていう設定を忘れてるのかって感じはした。補聴器で聞こえてるからとか元は喋れてたとか考えても気になった。

しかし、号泣。
SHIHO

SHIHOの感想・評価

5.0
大好きな映画原作読んだことがある人でも納得出来るキャストとロケ地。感動を覚える。公開した時期ちょうど岡田准一が好きだったためほんとにその時は面白いと感じた。
教官つよ、SPかよ笑
mari

mariの感想・評価

4.3
堂上教官ー!続編が観たい
くろ

くろの感想・評価

4.0
やっと観れた。
こちらもまたしんどかった。
誰の血も流して欲しくないのだよー。

でもとってもかっこよかった。
みんなみんなかっこよかった。

堂上教官と笠原のもどかしい二人のやり取りには毎度きゅんきゅんさせられるし。
笠原の告白とか、笠原自体がとても可愛いくて、そりゃ堂上教官もほっとけないよね。
かと思えば激しい抗争でヒヤヒヤするし心臓もたない。
スナイパー手塚の見せ場もあり、小牧と堂上の信頼関係や仲間を大切に思ってる図書隊の人たち、もうどこもかしこもかっこよかった。

濡れ衣着せられたあと、笠原が堂上教官に泣かされてるとこ見ちゃって気まずーな小牧と隊長も可愛いよねー。

手塚兄弟の顔面偏差値の高さもまた眼福。
お兄ちゃんめちゃ光が大事なんだね?
福士くんも好きでいくつか観てきたけれど、手塚役が一番かっこいいのでは?
岡田准一かっこいい!
もう一回本読みたくなった。戦闘シーンが暗くて怖い
この世界観に憧れる。

本、いや、大きくとらえれば言葉、自由を守るために戦う姿が美しい。
タイジ

タイジの感想・評価

3.9
1の方が良い
>|