図書館戦争 THE LAST MISSIONの作品情報・感想・評価

図書館戦争 THE LAST MISSION2015年製作の映画)

上映日:2015年10月10日

製作国:

上映時間:120分

3.8

あらすじ

「昭和」から「正化」へと歴史を進めた近未来の日本。 いまや国家による思想検閲や、メディア規制が横行する社会となっていた。 そんな中、検閲に対抗し「本を読む自由」を守っている“図書隊”に所属する笠原郁(榮倉奈々)は、検閲で取り上げられそうになった大事な本を取り返してくれた図書隊員を追って入隊、特殊部隊(タスクフォース)所属となった。鬼教官である堂上篤(岡田准一)の罵倒とシゴキに耐え、上官の小牧…

「昭和」から「正化」へと歴史を進めた近未来の日本。 いまや国家による思想検閲や、メディア規制が横行する社会となっていた。 そんな中、検閲に対抗し「本を読む自由」を守っている“図書隊”に所属する笠原郁(榮倉奈々)は、検閲で取り上げられそうになった大事な本を取り返してくれた図書隊員を追って入隊、特殊部隊(タスクフォース)所属となった。鬼教官である堂上篤(岡田准一)の罵倒とシゴキに耐え、上官の小牧幹久(田中圭)、同期の手塚光(福士蒼汰)や柴崎麻子(栗山千明)らと厳しい訓練と図書館業務の日々を過ごしていた。 そんなある日、堂上ら図書隊にある指令が下る。それはこの世に1冊しか現存しない"自由の象徴"「図書館法規要覧」の一般展示が行われる“芸術の祭典”会場の警備。一見簡単な任務に思えたが、実は、図書隊を解散させる事で歪んだ社会を正しくしようと考えている、手塚の兄・慧(さとし・松坂桃李)がタスクフォース壊滅を目論み仕組んだ罠だった——。 手塚慧の狙い通り、検閲実行部隊「良化隊」による急襲を受け、成す術もなく1人、また1人と凶弾に倒れていくタスクフォース達。 堂上たちは無事に本を、仲間たちを守り切れるのか?! いま命運をかけ、図書隊が史上最大の戦い“LAST MISSION”に挑む!!

「図書館戦争 THE LAST MISSION」に投稿された感想・評価

くまみ

くまみの感想・評価

2.5
2作目はドンパチが長くて少し飽きてしまった…(1作目は逆に少ない)
松坂桃李の自由を否定する理由が有りがちな理由で少しガッカリ。

ダラダラ観てたらラストの石坂浩二のセリフにグッとくるものがあった。
自由過ぎる現代が怖いと思っていたから…
『自由』だからこそ自分がどう生きるかなんだ。
K

Kの感想・評価

-
鑑賞済み
しろ

しろの感想・評価

4.2
この世界観だいすき。
suzuki

suzukiの感想・評価

3.9
図書館戦争シリーズ好き
鍛えよっ
メディア良化法なる法律で様々なメディアが弾圧される世界,良化特務機関から図書館の本を守るために図書館員が独自に武装して戦う!
というぶっ飛んだ設定の作品の映画二作目。有名ですね。
そもそもの設定にツッコミを入れたくなるけどSFだからね!!!なんでもありなんだよSFってのは!
 
「…隊長,水戸基地は…検閲に屈していました…。」
守るべき本が実は既になく,良化隊の手に落ちていたいう展開はなかなかの衝撃。
堂上(岡田准一)と笠原(榮倉奈々)のロマンスはまぁまぁ。
ただし,あれだけの傷を受けておきながら堂上は生きている上に,誰も死んでいないのはうーん?って感じでした。
ゆり

ゆりの感想・評価

3.7
きゅんきゅん
nanabee

nanabeeの感想・評価

3.2
聾唖の子の恋が良かった、本筋とはズレてるかもですが。
Yoshi1184

Yoshi1184の感想・評価

3.4
手錠ならぬ指錠。。。
>|