図書館戦争 THE LAST MISSIONの作品情報・感想・評価

図書館戦争 THE LAST MISSION2015年製作の映画)

上映日:2015年10月10日

製作国:

上映時間:120分

3.7

あらすじ

「図書館戦争 THE LAST MISSION」に投稿された感想・評価

クワン

クワンの感想・評価

3.0
ひたすらにアクション。しかも夜が多いので暗くて、やや観辛い。いっぱい撃たれても誰も死なないのは、BB弾なのかな?後半のアクション尽くしは音響もド派手で迫力重視だけど、やや一辺倒に感じた。でも、岡田准一、さすが師範の身体能力を楽しめる。いつかトニー・ジャーと闘って欲しい いやドニー・イェン、いや、ステイサム 笑

単調な銃撃アクションよりラブコメ要素、もっとあっても良かった。
榮倉奈々と岡田准一の身長差あり過ぎの頭ぽんぽん。面白い、、

あと、なぜ、そこまで命を懸けるのか、、、
やっぱり、そこまで良く分からなかった。

そりゃ戦時中の焚書は表現の自由、人間の尊厳を奪う象徴でもあったけど、今や「本」を超えて、世の中にあらゆる媒体でメッセージが氾濫している中、取り締まる方が「本」だけ目の仇にする、不思議な違和感。絵とか美術はどうなのかしら?映像、映画は?なぜ本の検閲だけ厳しいの?スマホで本を読むのもできないのかな? 原作を読んでいれば、より背景を理解できて、感動できるのかな、、核の部分がピンと来ていないからか、延々と続くアクションが迫力あれども、壮大なお遊戯会に見えてしまった。おそらく原作者も監督も込めたかったのであろう「守るべきものの尊さ」。テーマと共にがっちり受け止めている観客がいるのであれば、聴いてみたい。これって、ちゃんと理解していれば、泣けるのだろうか?
まい

まいの感想・評価

3.7
堂上かっこいい
強い男の人かっこいい
erimugi

erimugiの感想・評価

3.8
前作では、図書隊がなぜそこまで戦うのか良く理解できなかったけど、この続編を見て納得したというか、考えさせられた。表現の自由とは、権力に屈しないとは。
戦闘シーンは敵味方の顔がよく見えず、長くて少し飽きてしまったけど、岡田くんのアクションはおぉ〜と思った。難しい話の中に、隊員達の恋模様の胸キュンや笑えるシーンが散りばめられてて良いね。
Sayu

Sayuの感想・評価

3.8
最初から最後まで戦闘!!
凄い銃撃戦!!
見いってしまったな~
前作もだけど隊員の掛け合いがよき🖤

岡田君の接近戦が完璧!!
カッコよすぎだろ❤︎"
他の俳優もカッコよいんだわ!
前作程のキュンポイントはなかったけど
恋愛模様が邪魔しない

こんな世界ありえんやろうけど
世界で戦争は起きてるしな
無関心の人々が怖い
あや

あやの感想・評価

3.6
岡田潤一のアクションすごいですね!
そして頭なでなでしてほしい☺️笑
福士蒼汰の出番控えめの代わりに兄貴役で松坂桃李というまた贅沢な。
アクションシーンもまた派手さを増して飽きない。
予想通りだったけどラストシーンもなかなかお洒落で◎
氷

氷の感想・評価

3.7
すごい戦い。かっこいい。アクション好きはたまらんかもしれんけどわたし味方と敵?の見分けがつかなくてわたしの理解が追いついてないゆるゆるの脳だからだとは思うけど何でそんなに戦って途中で停止したりするんだろうって観てた
堂上教官と笠原の不器用な照れ隠しがこっちまでにやにやするほどきゅんだった
あと福士蒼汰の「…あなたってほんとバカ」って栗山千明が言いそうな言葉を想像して言ったのがじわじわ面白い(パート2)
制服かわいい
10代だけの恋愛きゅん映画よりこういう世代のいっぱいみたい〜
>|