心が叫びたがってるんだ。の作品情報・感想・評価

心が叫びたがってるんだ。2015年製作の映画)

上映日:2015年09月19日

製作国:

上映時間:119分

3.5

あらすじ

幼い頃、何気なく発した言葉によって、家族がバラバラになってしまった少女・成瀬順。そして突然現れた“玉子の妖精”に、二度と人を傷つけないようお喋りを封印され、言葉を発するとお腹が痛くなるという呪いをかけられる。それ以来トラウマを抱え、心も閉ざし、唯一のコミュニケーション手段は、携帯メールのみとなってしまった。 高校2年生になった順はある日、担任から「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命される。一…

幼い頃、何気なく発した言葉によって、家族がバラバラになってしまった少女・成瀬順。そして突然現れた“玉子の妖精”に、二度と人を傷つけないようお喋りを封印され、言葉を発するとお腹が痛くなるという呪いをかけられる。それ以来トラウマを抱え、心も閉ざし、唯一のコミュニケーション手段は、携帯メールのみとなってしまった。 高校2年生になった順はある日、担任から「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命される。一緒に任命されたのは、全く接点のない3人のクラスメイト。本音を言わない、やる気のない少年・坂上拓実、甲子園を期待されながらヒジの故障で挫折した元エース・田崎大樹、恋に悩むチアリーダー部の優等生・仁藤菜月。彼らもそれぞれ心に傷を持っていた。 担任の思惑によって、交流会の出し物はミュージカルに決定するが、クラスの誰も乗り気ではない様子。しかし拓実だけは、「もしかして歌いたかったりする?」と順の気持ちに気づいていたが、順は言い出せずにいた。そして、だんまり女にミュージカルなんて出来るはずがないと、揉める仲間たち。自分のせいで揉めてしまう姿を見て順は思わず「わたしは歌うよ!」と声に出していた。 そして、発表会当日、心に閉じ込めた“伝えたかった本当の気持ち”を歌うと決めたはずの順だったが…。

「心が叫びたがってるんだ。」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

かなり良かった。
青春群像劇の中に、言葉を発せない呪いを自分にかけた少女に、本音を言わなくなった少年。これに2人を加えた実行委員で進んでいく話は引き込まれるものがあった。
そもそもの呪いの原因も順の所為ではないし、彼女は被害者なのだ。それを心の叫びを聞くまで分かってあげられなかった母親もまた被害者ではあるが。
アニメだからできる内面表現も含めて、アニメ映画にできることをやりきってる感じもgood
まぁ、あそこまで言い出しっぺの人間が牽引しておいて当日逃亡してやる気をなくさないいいクラスメイトに恵まれたな、とは思う。
るーる

るーるの感想・評価

3.7
言葉の持つ力は大きい。
大きいが故に怖い。

せいしゅーん!っていう映画でした。

素直が一番。
abe

abeの感想・評価

3.9
坂上に裏切られた感が逆に良かったから逆に点数高いけど、人によると思う。
浅い青春ではなかった!
kazuuu

kazuuuの感想・評価

3.7
過去鑑賞記録。当時好きだった子と観に行った儚い記憶が蘇る。。
be

beの感想・評価

2.9
記録。
感情移入はあまりしなかった
見ちゃいられん。どの世代をターゲットにしているのか。中高生が観てもバカバカしいんじゃないかな。ラストのミュージカルなんて、もう…。ラストには予想外の展開があったが。
うんうん。本当の気持ちって言葉に出すのは難しい。
そして歌に乗せて気持ちを伝えるのって喋るよりも少しやりやすい。

あの花を最近観て、ちょうどこの作品に出会ってこれもあの花の人が作ったやつかー!と驚き
たしかに最初ラブホから話が始まるとことかは、あー、あの花の下ネタの感じか〜と思ったけど、まさかの展開に…(´・_・`)
成瀬ちゃんのせいじゃないよ、大人が悪いのにそんなに抱えることになって、(>_<)

こどもの気持ちを全く理解しない親共の態度にはイライラする。

おきまりのパターンと少し違う感じの終わりはまあまあ良い

あと、拓実が最初自転車乗りながら聴いてた曲がGalileo Galileiのサークルゲームだったのも、おー!てなった。
>|