心が叫びたがってるんだ。の作品情報・感想・評価

心が叫びたがってるんだ。2015年製作の映画)

上映日:2015年09月19日

製作国:

上映時間:119分

3.5

あらすじ

「心が叫びたがってるんだ。」に投稿された感想・評価

ちばば

ちばばの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

メンヘラ活劇。再度是非みたい!!とはならないかなぁ…

これで最後に主人公と順ちゃん付き合ってたならクソ映画って言ってた

絵が綺麗。女性共感度90%は嘘だ。
Yuminaaa

Yuminaaaの感想・評価

1.2
なんかすごかった😳
セリム

セリムの感想・評価

3.3
(ю:】ホゲ〜〜〜〜〜〜!!!
↑ 縦にするとジャイアン

この話…そりゃ叫びたくもなります。
とにかく、親父が全部悪い!
タマ

タマの感想・評価

3.7
記録。
これはファンタジーなの?

ラストは意外だった。
メタ壱

メタ壱の感想・評価

5.0
秩父アニメ三部作の二作目!
過去のトラウマをきっかけに言葉を失ってしまった女子高生・順とその仲間たちの物語。

最高でした!
大好きです!!

自分のおしゃべりによるトラウマがきっかけで言葉を発する事を封印した順。

人と人とを繋げるのが“言葉”。
それを封印した順は殻に閉じこもり他人との関わりを断つ。
他人と交わらない世界であれば他人を傷つける事もないし、自分が傷つく事もない。

だけど色々な人との関わりの中でその殻を破ろうとする順。

この作品ではその過程がとても丁寧に、ただのストレートでハッピーな成長物語ではなく、人と関わる事によって得られる幸せと苦痛の両方がしっかりと描かれています。

自分の発するその言葉は人を傷つけるものなのかもしれないし自分を傷つけるものなのかもしれないけれど、その苦痛と人との繋がりの中で感じる幸せは二つに分けられるものではなく、それらがないまぜになってそれでも言葉を交わし心を通わせ合おうとする事が他人と一緒に生きていくという事なのだと思います。
AimiIto

AimiItoの感想・評価

4.0
よき。泣けた。
言葉って大事だなと。
空の青さを見る前に見直しました。

なんか色々惜しいなというのが、本作品というか長井さん作品ついては感じてしまって、どうにもこうにも歯痒い。

歯痒いというのは、本作品にある甘酸っぱさや、青臭さみたいなものとは別で、それはそれで監督の個性みたいなものだから、肌に合う合わないはあれど否定はしたくないし、嫌いではなかったりします。

うまく説明できないんですが、内面を語る行為と、シーンとして描かれている画面とが、シンクロしてないように感じてしまうのです。

それがはっきりズレてればココ!って分かるんですが、シンクロ率60%くらいで、ベストじゃない気がするシーンが多い。

だから歯痒い。

この話って、成瀬が自分が存在しても良いんだよ。居場所あるよって話だと思うんですが。

彼女が殻を破るのが、教室で歌うシーンであって、舞台じゃないのが歯痒い。
彼女は、あそこで一度殻を破ってる訳だし。めちゃくちゃ勇気がいる行動なはず。

殻を破ったあとにくるのは、破ったから分かることや、再び殻に篭もるとか。
そっちなはずなんだけど、恋愛にフォーカスがあたってボヤけてしまったなぁと。
どうにも舞台の印象が弱い。

主人公?の坂上は個性が少なく、感情移入しやすい位置にいるのに、彼が誰を好きかとか、過去が微妙にノイズになってるのも個人的には。
坂上が誰を好きかってことは、本作にそんな必要だったかな。
恋愛に対する変な深掘りが物語をややこしくしてないかな。これ。

あと構図への歯痒さ。
ベストではないんでないかい?と思う構図が多い。特にラストの成瀬と、坂上が話すシーン。重要なのに横位置からの構図ばかりで、立ち位置の変化もない。最後とりあえず正面でうーん。

ストーリーやキャラクターも作品の持つ雰囲気も結構好きで。
だからこそ色んなところが気になってしまった。
Jin

Jinの感想・評価

3.8
青い春!
言葉は人を傷つける。
ミュージカルに奇跡はつきものだろ?
タイトルが個人的にあまりにも寒く感じて見る気が起きず放置していたけれど、同じ原作チームの3部作の一つ「空の青さを知る人よ」を観たついでに見てみたくなったので鑑賞。「空の青さを知る人よ」と同じく、悪いとは思わないけど、なんかこうもうひとつ物足りない印象。
>|