マッサージ屋

はなちゃんのみそ汁のマッサージ屋のレビュー・感想・評価

はなちゃんのみそ汁(2015年製作の映画)
4.0
難病というテーマに加え、母親から幼い子供へのバトンという物語なら“泣き”の鉄板になりますよ(^_^;)
ご多聞に漏れず私も後半は涙腺緩みっぱなし(T_T)

非常に重い展開ながらクスッと笑える場面も多く、逆に“死”への切なさに繋がります。

しかし序盤に引っかかる事がひとつ。
実話ベースなので文句つけたくないですが、夫の立場として愛する妻がガンが再発する可能性があるにも関わらず子供を産む事をあんなに強く望むものなんですかね?!
女性は自らの命を削ってでも子供を産みたいという話はよく聞くので理解出来るんですけど。
追い討ちかけるように妻の実父が「死ぬ覚悟で子供を産め」というのも青ざめた(・_・;
この父親の意図は後半に理解出来たし「なるほど!」とも思えたんですけど。

それはともかく終盤は本当に感動シーンの連続。
“人生において7割ツイてればヨシ”的な言葉も前向きに生きていく上にも素敵なモットーでした。

【TOHOシネマズ木曽川】