服部だった何か

はなちゃんのみそ汁の服部だった何かのレビュー・感想・評価

はなちゃんのみそ汁(2015年製作の映画)
3.3
滝藤賢一の身振り、素振り、そんでもって演出。
やり過ぎ感のあるコミカルを放り込んでくる冒頭に不安を感じながら観てたんやけど、最終的にこのくらいのスコアになったんやから良しとしようやないか。

生死のかかった、死を見据えた病。
そういうお話ではある程度不自然なコミカル感が必要なのは間違いないんやけどな。その方がリアリティは出ると思う。
自分がそうなったらなかなか難しいかもしらんけど、自分が相方やったとしたら滝藤賢一のやり過ぎ感はお手本のようやと思うし、時系列的に冒頭のシーンでああやったのは納得。

結果としては子役も含めて俳優陣の安定感が抜群なまったりとしたお話。
その長所が無かったら眠い作品になってたと思うからめでたしめでたしや。実話を基にしたお話で「眠い」とか失礼極まりないような気もするけど、あくまで映画自体に対する言葉やからよしなに。
いや待てよ、映画自体に対して言葉を並べてるとしたらそれはつまり「それほど入り込めなかった」っちゅーことの証でもあるわけで、やっぱり多少なりともダルかったのかもしらん。
まぁ、もうちょっと、物凄い微妙な匙加減ではあるけど、もうちょっとだけ尺を詰めてほしかったかな。長過ぎるとまでは思わんけど、長さの割には言葉足らずな気がするなぁ。(説明台詞が欲しいという意味やないで)

俺たちの(?)HIROSUEは、まだまだHIROSUEやったわ工藤。