CHEBUNBUN

ロングのCHEBUNBUNのレビュー・感想・評価

ロング(2012年製作の映画)
3.3
【消えた犬、オフィスは雨、男は自分を探す】
『地下室のヘンな穴』、『マンディブル』の日本公開が控えている。そこでカンタン・デュピュー作品を紹介していく。今回は『Wrong』を紹介していく。

ある日、愛犬が消えてしまう。セールスマンのドルフ(ジャック・プロトニック)は仕事を失っているが、その事実を受け入れることができずに会社に通っている。そんな彼を同僚たちは冷たく見る。本作は、ドルフの孤独を象徴するようにオフィスに雨を降らす演出が特徴的な作品だ。オフィスに入ると大雨が降り注ぐ。しかし、同僚はそれを一切気にせず淡々と仕事をする。休憩時間になると、外で群れを成す。そこから阻害されるドルフを通じて居場所のなさを表現している。意外とありそうでない手法に惹き込まれる。

本作は犬が消えるところから始まるが、犬が見つかるかどうかはあまり関係ない話である。というのも、主人公の孤独に寄り添った作品であり、犬を探す過程が自分探しに直結するからだ。それだけに犬は思わぬ形であっさりと見つかってしまう。

謎の人物マスター・チャンの影、謎の庭師、雨が降りながらもオフィスで仕事をしたフリをする。この異様な毎日の末に現れる荒野と黄色い車。この場面の開放感、カタルシスは計り知れない。