ピエロがお前を嘲笑うの作品情報・感想・評価

ピエロがお前を嘲笑う2014年製作の映画)

Who Am I - Kein System ist sicher

上映日:2015年09月12日

製作国:

上映時間:106分

3.7

あらすじ

警察に出頭した天才ハッカー・ベンヤミン(トム・シリング)。世間を騒がせ殺人事件にまで関与を疑われ国際指名手配をされた。そのベンヤミンが自ら語りだした―― 学校では苛められ冴えないベンヤミン。ピザ屋のバイトでも馬鹿にされ、想いを寄せているマリ(ハンナー・ヘルツシュプルンク)にもまともにアプローチもできない。そのマリのために試験問題をハッキングして手にいれようとしたベンヤミンだったが捕まってしまう…

警察に出頭した天才ハッカー・ベンヤミン(トム・シリング)。世間を騒がせ殺人事件にまで関与を疑われ国際指名手配をされた。そのベンヤミンが自ら語りだした―― 学校では苛められ冴えないベンヤミン。ピザ屋のバイトでも馬鹿にされ、想いを寄せているマリ(ハンナー・ヘルツシュプルンク)にもまともにアプローチもできない。そのマリのために試験問題をハッキングして手にいれようとしたベンヤミンだったが捕まってしまう。前歴がなかったため社会奉仕活動を命じられ、そこで野心家のマックス(エリアス・ムバレク)と知り合う。2人にはハッキングという共通の趣味が合った。マックスはベンヤミンの天才的な才能を見抜き、マックスの友人たちを交えて、破壊活動を行うハッカー集団“CLAY(クレイ)”を結成する。国内の管理システムを手当たり次第ハッキングを仕掛け、世間を混乱させ注目を集める。そしてクレイはライバルハッカー集団を挑発し、ついにはその正体を暴いてみせる。さらにドイツ連邦情報局へもハッキングを仕掛け、有頂天になっていたベンヤミンたちだったが、ベンヤミンの仕掛けた不用意なハッキングがきっかけで殺人事件が発生してしまう。ついにユーロポール(欧州刑事警察機構)の捜査が入り、ベンヤミンたち自身が危険にさらされることになり、自ら出頭することにしたのだった。 しかしベンヤミンの自供はつじつまが合わない。翻弄される捜査官たち。果たしてどこまでが真実なのか。彼の真の目的とは――。

「ピエロがお前を嘲笑う」に投稿された感想・評価

ちぐこ

ちぐこの感想・評価

4.5
ハッカー系好き❤︎
こまじ

こまじの感想・評価

4.1
なんやかんやで7回は観た。
KEITO

KEITOの感想・評価

3.8
最後の伏線回収がすごい!
誰もが騙されると思う。

最初のほうから登場人物や会話をしっかり覚えておかないと最後で分からなくなってしまう。
なおき

なおきの感想・評価

4.0
最後は騙されてからの騙された。

主人公最後の最後にイケメンになりすぎじゃね?
sakii

sakiiの感想・評価

3.8
え?
ラストに爽快感があった。
Simon

Simonの感想・評価

4.4
いろいろ結末を想像しながら観てたけど、完全にしてやられた!
こういうの大好き。
最後まで見て面白い
ネタバレ考察見てより面白い
最後にかけて面白かった!
ヒロインがもう少し可愛ければなぁ…
ボブ

ボブの感想・評価

3.5
2016/1/24鑑賞。世間を騒がせたハッカー集団CLAYのベンヤミンが警察に出頭してくる。仲間は既に殺されており、自身も命を狙われている為、保護してもらいたいと言う。捜査官は過去の事件の経緯を全て自白させるのだが…という話。確かに最後のオチは見破れなかったのですが、過去のマインドファック作品のネタにひと手間加えただけなので、正直インパクトが弱いんですよね。散々使い古されたネタがベースでがっかりです。逆にユージュアルサスペクツなんかを見た事の無い人は楽しめると思います。ネット世界を電車内で表現したのは好きです。 75点。
>|