noriko

いつだってやめられる 7人の危ない教授たちのnorikoのレビュー・感想・評価

5.0
これは、本気で一般公開するべきレベルの作品!!!
抱腹絶倒。
ストーリー自体も、その起伏もテンポも最高。
その上キャストも最高って、まさしく神映画。
こういう良質なイタリアコメディこそ、一般上映すべきでしょうに。

リストラされた天才的神経生物学者が、同じく職を奪われた科学、記号論、ラテン語、考古学、経済学、人類学の専門家を呼び集めて、合法ドラックを販売する話です。
これだけの頭脳集団が集まれば、脱法ドラッグ製造なんて朝飯前。
順調に販売していくも・・・

という比較的分かりやすいレールの上を行く作品ではありますが、その決まりきったレールの作品であることを忘れるほどの魅力。
だって合法ドラッグを製造する人間が、ドラッグ中毒になるんですよ。
教授手前の優秀な頭脳集団が、中華屋の皿洗いや夜のガソリンスタンドでこき使われているんですよ。
切実な現実がこれでもかと皮肉たっぷりに描かれて、それが黒すぎて笑えるのです。
本当は笑えないほどの大問題ですよ。
でもここまであっけらかんと描かれたら!

総じて、もう好きすぎる、このハイテンションクライムムービー。
続編も一緒に鑑賞できて感激!