YoshihiroKubo

千年医師物語 ペルシアの彼方へのYoshihiroKuboのレビュー・感想・評価

5.0
今日は2016年の試写会初めで「千年医師物語 ペルシア彼方へ」を見てきました。

いや〜、良かった! 新年早々、すごいものを見てしまった。久しぶりに映画らしい映画を見たな〜。

まだ医学が宗教に反する魔術と思われていた中世のロンドン。病気の母を救えなかった少年ロブは当時の、歯も抜く、ちょっとした病気の治療もする「Barber(理髪師)」の見習いとして生計を立てていた。だが、ユダヤ人が緑内障の手術をするのを見て、それが東洋で学んだ医術だと知り、自分も遥か彼方のペルシアへ医学を学びに行く決心をする。

「アラビアのロレンス」を彷彿とさせるような美しい砂漠の風景。150分越えを全く感じさせない医術を巡る壮大なスペクタクル。

正月1発目から今年のベスト10に入るだろう作品に出会ってしまった感じ。ベン・キングスレーとしても晩年の代表作となること間違いなし! 映画好きなら見なければ損をします。太鼓判!