踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望の作品情報・感想・評価

「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」に投稿された感想・評価

4は盛り返した記憶。メモ。
つい見ちゃう踊る大捜査線シリーズ。

少しこっちが恥ずかしくなる様なトレイディ要素をいつまでも貫く感じたまらなく好き。
まゆ

まゆの感想・評価

5.0
大好き。
ニコ

ニコの感想・評価

2.5
「希望」もへったくれもないトンデモ修行映画。
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

3.0
警視庁湾岸署管轄内で開催されている国際環境エネルギーサミットの会場で誘拐事件が起こり、さらに数時間後には被害者が射殺体で発見されるという事件が発生。警察が押収した拳銃が使用されたと見られ、全ての捜査情報を文面にて管理官・鳥飼(小栗旬)へ報告すること、所轄の捜査員には情報開示されないことが捜査会議にて発表される。異例と言える捜査方針が敷かれる中、第2の殺人事件が発生。さらに、今では湾岸署署長となった真下(ユースケ・サンタマリア)の息子が誘拐されるという第3の事件までも起こる。青島(織田裕二)は疑念を抱きつつも事件解明に向け懸命に捜査するが……。
テレビドラマから始まった「踊る大捜査線」サーガ・ファイナル。
前作の大コケを挽回する完結編となるかが、注目となった最終作。
警察の証拠保管庫から盗まれた拳銃による殺人事件誘拐事件と大量の酒の誤発注事件が、交錯してストーリーが進んでいく。さらにすみれが古傷の悪化により、退職を決意するという事態が発生する。
「相棒」などリアリティーを重視した作り込んだ刑事ドラマが注目を浴びる中、やはりバラエティー色の強い「踊る大捜査線」は時代から取り残された作品になってしまったと感じる作品の出来になった。
「戒名」のくだりのギャグ、スリーアミーゴスが絡むギャグなど、ドラマが始まった際には笑えたが、今となっては笑えない。
ただ、警察の証拠保管庫から盗まれた拳銃という事態を隠蔽するために、警視庁が湾岸署を使って身代わりの容疑者を送検しようとする警視庁を中心とした犯罪、真下が交渉課にいた頃の誘拐事件の謎に立ち向かう青島刑事の活躍は、全盛期の「踊る大捜査線」の硬派な部分が復活した感じで、ビールのくだりを除いてシリアスに徹した方が仕上がりが良くなったと思える。
警察組織の犠牲にされそうになった青島刑事と室井管理官の逆襲劇は、やはりスリリングで熱い展開。
刑事サスペンスアクション映画としては、及第点といった出来で、「踊る大捜査線」シリーズのオチをきれいにつけた完結編。
>|