日本のいちばん長い日の作品情報・感想・評価

日本のいちばん長い日2015年製作の映画)

上映日:2015年08月08日

製作国:

上映時間:136分

3.5

あらすじ

「日本のいちばん長い日」に投稿された感想・評価

一作目をみてリメイクされたので鑑賞。

色々あるんだなと再度確認。
これは勉強にもなるし色んな人にみてもらいたい。
個人的には一作目の方がすきだったかな?
緊張感が前の方があった気がするけど、いい作品。
普通に勉強になる。日本史とか興味ない人は見なくていいと思う。良い映画ではある。
阿南惟幾やべえ
つね

つねの感想・評価

3.0
モックンの昭和天皇はうーん…漂うコスプレ感。
erica

ericaの感想・評価

3.5
岡本監督版も見たい。
ななな

なななの感想・評価

2.0
わたしには難しすぎた、、、
数年経ったらまた見てみようかな
日本という国の。戦争とは様々な思惑のうえで成り立っているのだなと感じてしまう映画でした。日本という国の歴史を見る機会が少なくなってきているので、このような映画はありがたいです。
TKC

TKCの感想・評価

3.5
もっくんよかった
(* • ω • )b

このレビューはネタバレを含みます

終戦に至るまでこんなことがあったなんて知らなかった。

映画見終わった後にウィキペディアで色々調べて、なるほどと思える映画。


教科書に乗らない未遂に終わったクーデター(宮城事件)だけど、
近衛師団長が拳銃と刀で殺害され、実行犯は拳銃自殺…
今では考えられないくらい血生臭い。

軍人の狂気だけで片付けていけない気がする。
松坂桃李はやっぱり狂気の演技うまい。

役所広司扮する阿南大臣、実際はどんな人だったのか…
陸軍の暴走を止めるためにいろんなものを一人でしょいこんで割腹自殺…

男としてはカッコいいと思わざるを得ない。

「人生最後、とびっきりの貧乏クジをひきましたよ笑」
終戦間際に陸軍大臣に任命されなければ、死ぬこともなかったろうに…

阿南大臣だったから、クーデターが最小限で収まったところもあるのかもしれない。

死んでほしくなかった。
>|