日本のいちばん長い日の作品情報・感想・評価

日本のいちばん長い日2015年製作の映画)

上映日:2015年08月08日

製作国:

上映時間:136分

3.5

あらすじ

「日本のいちばん長い日」に投稿された感想・評価

1967年の岡本喜八監督作は、8月14日から一日間だけの緊迫感を描いていたが、本作は数ヶ月前から終戦に至るまでを描いている。旧作とはイメージが全く異なり、旧作から48年後の新たなメッセージである。
ライ

ライの感想・評価

3.5
67年度版を観て、本作も観たくなって、鑑賞。
原作は知らないので、どちらが忠実なのかはわからないけど、タイトルの一日を濃く描いたのは、67年度版でした。
本編は半分ぐらいから、ながい一日が始まった。

また、比べてはいけないだろうけど、三船敏郎さん、黒沢年男さんの演技には敵わない。
sachikohan

sachikohanの感想・評価

4.0
やっと観れた。日本人として、いや日本に住む者として、やはりこれも一度は観ておかないといけない映画なんじゃないかと。日本史も世界史も、どちらももっと勉強しなければ。特に近現代史。
ゆうと

ゆうとの感想・評価

4.2
非常にテンポの良い映画で、あっという間の2時間でした。

モックンの高貴な感じと、役所さんはさすがの演技でした。
後半の松坂くんの狂気感も惹きつけられました。

ずっと平和な国であってほしいと、心から願います。
apex

apexの感想・評価

2.8
史実との差異はわからないけど、起承転結はしっかりある。淡々としている印象を受けたので、もう少し起伏があってもいいような気がした
ポチ

ポチの感想・評価

3.6
色んな考え方や見方があると思う。
どんな形であれ、想像できない程、強く日本の未来について考えた結果…
色んな立場で答えの出し方が変わってしまったんだと思う。
どんどん日本は戦争を忘れてしまうけど、そんな時だから今活躍している俳優さんたちの戦争表現は大事だと思う。
とにかく、脚本が下手過ぎるし、演出も全く駄目です!
あれだけ沢山の登場人物がいるのに、テロップもナレーションも無いので、役職や階級が分かりずらくて、誰が誰なのか理解出来ない!
台詞の所々の声が低過ぎて聞き取りずらい。
史実を理解している監督やスタッフが制作したとは思えない作品です!
MoD

MoDの感想・評価

3.4
事実を知るという意味では旧版よりわかりやすいけど、演技の勢いというか死の匂いというか、そういうのが旧版に比べると圧倒的に足りない。ダメなわけじゃないんだけど、同じ内容なのにこうも違うかーって感じ。
ryspgf

ryspgfの感想・評価

3.5
この映画で松坂桃李さんが好きになりました。
yup

yupの感想・評価

2.5
すごく勉強になった
松坂桃李よかった!
>|