日本のいちばん長い日の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

日本のいちばん長い日2015年製作の映画)

上映日:2015年08月08日

製作国:

上映時間:136分

3.5

あらすじ

戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役…

戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役所広司)、国民を案ずる天皇陛下(本木雅弘)、聖断を拝し閣議を動かしてゆく鈴木貫太郎首相(山崎努)、ただ閣議を見守るしかない迫水久常書記官(堤真一)。一方、終戦に反対する畑中健二少佐(松坂桃李)ら青年将校たちはクーデターを計画する。日本が破滅へと向かう中、平和への礎を築くために苦悩し、身を挺した人々の壮絶なドラマ。

「日本のいちばん長い日」に投稿された感想・評価

mkd

mkdの感想・評価

4.0
畑中少佐の松坂桃李が凄かった!徐々に彼の狂気が出てくる様に緊迫感が高まった。この状況で組織を纏める難しさ。聖断は必然だったのかな。オリジナルも観なくては。
馮美梅

馮美梅の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

1967年版と2015年版との一番の違いは、前作は主に若い陸軍将校たちがメインで、全体的にドキュメントタッチで、まさに玉音放送の前日からの24時間をメインに、時系列に沿って描かれている事に対して、今回は鈴木・阿南・そして昭和天皇をメインに、鈴木貫太郎が首相に就任されてから、玉音放送までをそれぞれの家族や、昭和天皇・鈴木・阿南の関係性を通して描かれていること。

映画を見る前に、「終戦のエンペラー」「天皇の料理番」「玉音放送を作った男たち」などを事前に観ていたので(別にこの映画を見る為にと言うわけではなく、この作品がそれぞれ戦時中の天皇陛下の食事シーンや、玉音放送に関する話が盛り込まれていただけ)

多分、何も知らず、情報も無く、好きな俳優さんお目当てにこの作品だけを観たら、わからない事も沢山あったかもしれませんが、私自身はそういう事もなく観る事が出来ました。「あぁ、このシーンはあのドラマ、このシーンはあのドラマにあったな」って感じで、より色んなものが繫がり、理解しながら見る事が出来ました。残念ながら応援している役者さんの出演シーンが分かりませんでした(汗)が、松山ケンイチさんの登場シーンは短いけれどわかりましたよ(当たり前だわな)。一見、唐突にシーンが切り替わったように見えるけれど、前作は24時間ドキュメントと言う観点で物語が進むので、佐々木の登場シーンも、決起して横浜から首相官邸に突入するまで度々登場しますが(ほぼ毎回同じようなシーンの繰り返しだったけど)、今回は早朝、いきなり首相官邸にやってきたという感じですが、シーン的には首相官邸に寝泊りしている迫水書記官長の身に起きた事として、短いけれど登場します。もし迫水がそこにいなければ、このシーンはバッサリ、カットしても良かったのかも知れませんが、これも一見、畑中たちと関連は無いにしても、同じように決起した人達の実話のエピソードとしては、なくてはならなかったんだと思います。

意気揚々と首相官邸に来たのに、肝心の鈴木首相はいなくて思わず戸惑う佐々木が、折角来たのに、手ぶらで帰れるかという感じで「じ、じゃあ、燃やしちゃおう」って(^_^;)でも、以外とそんなもんだったのかもねって。

前作より、分かりやすく、そして何より、前回では描きたくても、描ききれなかった、昭和天皇の戦時中の生活や、阿南や鈴木とのやり取りや、御前会議、色んな表情を見る事が出来た事も良かったと思います。本当にモックンの昭和天皇の所作など素敵でした。

戸田恵梨香さんも短いシーンだったけど、反乱軍に屈せず、放送を阻止しようとする姿、放送されてないマイクに向かって自分の思いを話す畑中が切なかったですね。(でも同情はしないですけど)阿南陸相の最期も壮絶でした。あと少し速かったら奥様も息子さんの最期も伝えられたのにと思うと…

旦那は前作を観て「こういう映画は毎年放送するべきや」と言っていたけど、この2015年版の「日本のいちばん長い日」も本当に、色んな人達の色んな思いで、戦争を終結させるべきなのか、と言う事を考えさせられる作品だと思うので、多くの人に観てもらって、家族や学校などで話し合えると良いな。今ならまだ、当時小さくても、玉音放送を聞いた人達も生存されているので、生の声を聞くきっかけにもなると思うし、そういうことが平和を考えるきっかけにもなると思うなと。

でも、今回畑中少佐を演じた松坂桃李さんが、前作同役を演じた黒沢年雄さんが演じた時の方が年齢が若かったのに驚いた。
たくや

たくやの感想・評価

5.0
日本の分岐点となる映画👍
陛下が唯一内政に関与したのがこの戦争の収束だったのです。日本人なら必ず観るべき映画🇯🇵
難しく理解するのがムリだった
けどなんかやめれなかった。
日本人て本当 日本人だなと思った。
客入りは多く、特に老齢の方が多く見受けられた気がした。
聖断。

ポツダム宣言を受諾すべきか否か。太平洋戦争末期の日本政府、陸海軍、そして天皇陛下それぞれの思惑を描く。1967年に制作された映画のリメイク。

日本を代表する名優達の演技の熱量が凄かった。クーデターを画策する若き陸軍少将を松坂桃李。その陸軍トップ阿南惟幾を役所広司。
そして昭和天皇を演じるのは本木雅弘。喋りの間だったり、国民の命を何よりも案ずる思いやりであったり、随所にその人柄を感じさせる深い演技だった。

個人的に明治時代以降の日本史が特に好きだから幾分すんなり入れたけど、最初に人物紹介の字幕くらいはあってもいいのではないかと思った。よっぽどの歴史好きでないと全部を理解するのは難しいと思う。自分も今何が話し合われているのか、時々よくわからなかった。
それでも、日本の運命を左右する決定がいかになされたかを知るためには、いい映画だと思う。
shu

shuの感想・評価

4.3
戦争歴史邦画では最高峰です!
自身の内閣で戦争を終わらせたい鈴木首相(山崎務) 降伏か?本土決戦か? 苦悩する阿南陸軍大臣(役所広司) 本土決戦のため決起する畑中少佐(松坂桃李) 国民の為戦争終結を求める昭和天皇(本木雅弘)
4人の心理描写が素晴らしく引き込まれました!
それぞれの役職を説明する字幕が欲しかった
あじむ

あじむの感想・評価

4.2
ただただ本木さんの演技が見たくて鑑賞。そんな軽い気持ちで臨んだら、この作品の熱量に叩きのめされました。

これ、大分前の映画のリメイクだったんですね。いろんな人のレビュー見てると、オリジナルと比べて酷いとかいう意見多かったけど、個人的には充分すぎるほどのものだったと思えます。

恥ずかしながら、原爆が落とされてもなお、軍の中でポツダム宣言受託か本土決戦かで議論され、さらには陸軍では本土決戦が強く支持されていたなんて知りもしませんでした。本気で国民2000万人の特攻をすべきだなんて考えがあったなんて……


ただ、現代の観点から考えればあり得ないと思えることでも、当時、散々国民を煽り立て、同時に日清日露と実績を残してきた軍が、それをすんなりと受け入れることなど、出来るはずがないということは嫌でもわかってしまう。どちらも心から国のことを想っているのは間違いない。だからこそ、両陣営のやり取りがこんなにも心に刺さってきたんだと思う。

これほどのクオリティーなのに、オリジナルと比較され、劣っていると揶揄されるのが信じられない……
と同時にオリジナルがどのように描いてるのかがとても気になります。是非近いうちに観たいです。
marino

marinoの感想・評価

3.6
なんとも言えない画面からも伝わってくる緊張感でこちらも手に汗握りました。

最近、広島の方に行って原爆ドームを訪れたので余計に戦争とはこういうものなんだよなという心境に深く陥って観ることができた。ただ、いつも観る戦争の映画ではなく、昭和天皇始め、首相など政府側中心に描かれているものなので日本の歴史の動きが分かりやすかった。特に陸軍大将のポツダム宣言を受け入れるか受け入れないかの選択だけでなく、兵士たちの想いなどに迫られるあの苦しさがドシッときた。それぞれの葛藤。決意する勇気を超えた信念。あんな事が政府側では起きていたんだなと勉強にただただなりました。大和魂とは…自分だったら…と考えながら観ました。そりゃ、答えは出ないけども。