日本のいちばん長い日の作品情報・感想・評価

日本のいちばん長い日2015年製作の映画)

上映日:2015年08月08日

製作国:

上映時間:136分

3.5

あらすじ

戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役…

戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役所広司)、国民を案ずる天皇陛下(本木雅弘)、聖断を拝し閣議を動かしてゆく鈴木貫太郎首相(山崎努)、ただ閣議を見守るしかない迫水久常書記官(堤真一)。一方、終戦に反対する畑中健二少佐(松坂桃李)ら青年将校たちはクーデターを計画する。日本が破滅へと向かう中、平和への礎を築くために苦悩し、身を挺した人々の壮絶なドラマ。

「日本のいちばん長い日」に投稿された感想・評価

namuge

namugeの感想・評価

-
岡本喜八版と見比べると阿南陸軍大臣、鈴木首相、昭和天皇の背景の人間ドラマに焦点を当ててる印象が強くて、それが良いことか悪いことかは別としてそのおかげでまったく違った映画として楽しめました。岡本喜八版ではほとんど顔の写らなかった昭和天皇も今回はもっくんが堂々と演じていて時代の流れを感じたりして…松坂君はあまりにも現代のワカモノって感じで完全に浮いててそこは許せなかったですかね
cota216

cota216の感想・評価

4.0
鈴木貫太郎が首相に任命されてから、終戦を迎えるまでの話。
あるいは、国を想う人々が、自分の信念に従って行動し、ぶつかり合いながら、国が1つの方向に動いていく話。

命を懸けるべきものとは何だろう、と思う。
現代のぼくらは、「生きていくこと」に命を懸けていると思っている。
当たり前のような話だけど、「生きていくこと」を命がけでやっている。

でも、それが当たり前ではない時代があった。
国のため、天皇のため、自分が信じるもののために命を懸ける。
それは、良い悪いの話ではない。
自分の信じる道に従い、命をかけて生き抜いていった人々は、
ある意味で救われる気持ちはあるだろう、と思う。
人生なんて、結局自己満足で、その自己満足のために、全ての苦行に耐えているのだから、死に際する苦行さえも自己満足に昇華できるのであれば、それは救いだと思う。

ただ、価値観が違う現代に生きるぼくらであっても、
壮絶に命を懸けて、人々が生き抜いてきた歴史を背負って生きないといけない。
まず、それを見ること。そして、想像力の限りを尽くして想像すること。
戦争を終わらせた天皇や鈴木貫太郎だけではない。
戦争を終わらせようとしなかった東條や畑中の気持ちも。

ぼくは、国を背負っている仕事をしているわけではないけれど、
そして、常に意識できるわけでもないけれど、
何かの判断の際には、その姿勢を大切にしようと思わされる映画でした。
終戦記念日に。
平和について考えさせられた。この気持ちを言葉にするのは難しい
381miyai

381miyaiの感想・評価

3.8
役所だな。
Yasu

Yasuの感想・評価

3.7
新藤兼人映画祭にて。
久々に鑑賞したら少し印象変わった。
緊迫感は岡本版に劣るが、それぞれの人物の描写はとても丁寧でそこがこっちの良いところなのかもしれない。

これはこれで違う味があって良かった。
観るなら今日かなぁと。
井田中佐役の人とか私の知らない俳優さん多数。その俳優さん達が良かった。
黒猫式

黒猫式の感想・評価

5.0
新藤兼人平和映画祭・新旧作二本立て上映会@新文芸坐。続けて鑑賞すると公開時の印象よりも丁寧な作りが好印象で2作が互いに補完し合っているようにも思えました。最初から最後まで昭和天皇がでずっぱりで、鈴木貫太郎と阿南惟幾との三人の信頼関係が強調されてただのリメイクではないオリジナリティが良い。
Zzz

Zzzの感想・評価

3.0
究極の板ばさみ状態。
south

southの感想・評価

3.7
何に命をかけるのか
時代によって価値観は違う
まこと

まことの感想・評価

3.7
たった24時間

されど24時間


この24時間があったから

我々は今日も平和に暮らしてる