日本のいちばん長い日の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

日本のいちばん長い日2015年製作の映画)

上映日:2015年08月08日

製作国:

上映時間:136分

3.5

あらすじ

戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役…

戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役所広司)、国民を案ずる天皇陛下(本木雅弘)、聖断を拝し閣議を動かしてゆく鈴木貫太郎首相(山崎努)、ただ閣議を見守るしかない迫水久常書記官(堤真一)。一方、終戦に反対する畑中健二少佐(松坂桃李)ら青年将校たちはクーデターを計画する。日本が破滅へと向かう中、平和への礎を築くために苦悩し、身を挺した人々の壮絶なドラマ。

「日本のいちばん長い日」に投稿された感想・評価

めずらしく東條英機を力強く肯定的にもみれるように描いた映画。なお中だるみはある。
OTO

OTOの感想・評価

3.9
終戦までの一日(24時間)を淡々と描いているのだが、それがかえって緊迫感をもたらしている。

終戦で「めでたし、めでたし」かと思いきや、阿南をはじめとする軍人は次々と自決。これが当時の日本なのだとあらためて衝撃を受けた。

クーデターを画策する青年将校役、松坂桃李には少し荷が重かったような気が。狂気が薄かった。
淡々とポツダム宣言受諾の舞台裏が描かれている。覚悟が決まってるからではなく弾丸を打ち込みもう早戻れなくなってしまった方が強い
iwa

iwaの感想・評価

3.1
陸軍将校が淡々とクーデターを実行していた点が残念。
狂人鬼気迫る演出の方がしっくりきたかな。
ゆう

ゆうの感想・評価

3.5
日本の終戦までの24時間を描いたもの。
鈴木貫太郎という人物に興味があったので小説を読んでから見ました。
阿南陸軍大臣の葛藤がものすごい。
昭和天皇を演じる本木雅弘さんが素晴らしかった。『あっ、そう』には驚いた。
RYAN

RYANの感想・評価

3.8
久しぶりに面白い邦画を観た

主演は日本の宝、役所広司

この映画は終戦直前の日本を描いたポツダム宣言時の歴史ドラマである。


この作品の素晴らしいところは金の規模と演出である。
特にモッくんにはやられた。
見事な演技力。
優しさしかないところに怒りを募らせる演技
すごかった。

役所広司ももう言うことはないぐらい素晴らしい。
やっぱ俳優さんすげぇ

ラストらへん一瞬、戸田恵梨香とか松山ケンイチ出てましたよね?w

松坂桃李もなかなかよかった。
坊主にまでして正解だ
なかなか眼を見張る演技をしている。
この作品自体、かなり難しい内容だが、飽きずに観られる。
続きが気になってしまう。

観終わった後には歴史を調べたくなった
いろんな考え、立場が渦巻いていて、緊張感が伝わってきた。
相変わらずこの監督は登場人物が多くて大変なのだけれど、
関ヶ原とかに比べると、今回のは面白かった。
内容が正確にわからなくても面白いと思えるものと、
思えないものの差はなんなのだろう。
人物の魅力かしら。軸になる人の目的がわかりやすかったのかな。
それともグループ分けしやすかったからか?うーん。。。
昭和天皇にちゃんと役付けたの以外は喜八版を超えらんないです。真夏の話なのに汗ひとつかいてないんだもの。
はせ

はせの感想・評価

3.5
阿南惟幾(役所広司)、鈴木貫太郎(山崎努)、昭和天皇(本木雅弘)を主軸に据えたリメイク。現代人も見やすいように色々と配慮されているのが🙆
畑中少佐役の松坂桃李は楽しみにしてたが、黒沢年雄の狂気には及ばなかった。『孤狼の血』の片鱗は見せてたので、やっぱりこれからが楽しみな俳優だ。
阿南役の役所広司はピッタリ。現在最高峰の俳優じゃないと務まらないんだろなぁ。山崎努もモックンもなかなか味があった。昭和天皇にしちゃイケメンすぎるけど笑
岡本喜八版がハードル高くて手出しにくい人にはおすすめです。
ソワレ

ソワレの感想・評価

3.6
2度目の鑑賞。
1度目はそこまで良さがわからなかったけれど2度目観てみたら何度も泣いてしまった。
登場する閣僚や軍人がそれぞれ己の大義を信じ、貫こうとするその想いの強さに思わず涙が出る。細かいやり取りは正直まだよくわかっていないけれど、それでも胸に迫るものがある。
敗戦が決まり涙を流す閣僚たちに、昭和天皇が語りかけるシーンは本当にぐっときた。
松坂桃李の目の演技が素晴らしい。