日本のいちばん長い日(2015年製作の映画)

上映日:2015年08月08日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:136分
    監督
    原田眞人
    脚本
    原田眞人
    キャスト
    役所広司
    本木雅弘
    松坂桃李
    堤真一
    山崎努
    神野三鈴
    蓮佛美沙子
    小松和重
    中村育二
    山路和弘
    金内喜久夫
    奥田達士
    嵐芳三郎
    井之上隆志
    木場勝己
    麿赤兒
    戸塚祥太
    田中美央
    茂山茂
    宮本裕子
    戸田恵梨香
    キムラ緑子
    野間口徹
    松山ケンイチ
    あらすじ
    戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役所広司)、国民を案ずる天皇陛下(本木雅弘)、聖断を拝し閣議を動かしてゆく鈴木貫太郎首相(山崎努)、ただ閣議を見守るしかない迫水久常書記官(堤真一)。一方、終戦に反対する畑中健二少佐(松坂桃李)ら青年将校たちはクーデターを計画する。日本が破滅へと向かう中、平和への礎を築くために苦悩し、身を挺した人々の壮絶なドラマ。

    「日本のいちばん長い日」に投稿された感想・レビュー

    MIYAVI
    MIYAVIの感想・レビュー
    2017/04/06
    2.8
    はなし難しいです
    おくの
    おくのの感想・レビュー
    2017/04/06
    4.1
    頭の愉快なおにいさんたちとまともぶったおじさんたちのドタバタコメディ。あの期に及んでいくら終戦努力を誇って見せたところで何もかも遅すぎるし、戦地や民間の現実の前には机上のことでしかないというのが空虚感のオトモダチ。
    今の時代仕方ないとは思うがロケーションも無理が多い。桃李くんが自転車で御所の獣道をクソ真面目な顔で爆走するシーンは笑っちゃいますよ。
    各プレイヤーそれぞれの利害や決意を描きつつ、背後にある無責任さをうまく描いていたと思う。
    古屋のユニコーン
    古屋のユニコーンの感想・レビュー
    2017/04/05
    3.6
    こんなことがあったとは知らなかった
    beplum
    beplumの感想・レビュー
    2017/04/02
    3.8
    原田眞人のよい時代劇。手数が多くて人間味がある。
    シネマドリンク
    シネマドリンクの感想・レビュー
    2017/04/01
    3.3
    日本のいちばん長い日

    🇯🇵1945

    第二次世界大戦。劣勢にさらされる日本と同盟国。(1945前半はソ連がアウシュビッツ強制収容所を解放、硫黄島の戦いで日本全滅の頃。)


    ・小磯内閣が総辞職した事により、天皇陛下からの指示で内閣を新たに固める事になった鈴木総理大臣。(この頃、戦艦大和が撃沈、ルーズベルト死去、東京大空襲)

    ・天皇陛下が日本の負けも考え、乱れる内部。
    そして追い打ちに広島に原爆投下される。


    ・追い込まれていく日本人。
    降伏を認めたくない反乱軍が水面下でクーデターを起こそうとする。

    ◉77D点。 1945年ウキペディアで年表を見ながらこの映画を見ていくとわかりやすかった。

    ◉降伏と戦争続行の思い。
    どちらも日本を思うこその行動で意見が分かれてしまうもどかしさ。(★彡自分のいる場所で行動が変わってしまうのでしょうね。)

    ◉勉強になります。
    あまり歴史の事が詳しくない私はヒトラーや硫黄島、原爆投下、ポツダム宣言、宮城事件の話は個々でなんとなく知っていましたが、この映画で流れなどがわかり、また天皇陛下の苦悩の決断それを支えた側近のエピソードが良かったです。

    ◉そして今。
    天皇陛下の決断は正しかったと思える。降伏して、また再起を果たす決断で今の自分がいるのでしょうね。🇯🇵
    ge7188
    ge7188の感想・レビュー
    2017/03/31
    3.3
    撮り貯めたHDDをやっと観れた。

    戦争を知らない僕らは、こうやって映画を観て
    ちゃん知らなければならないと思う。
    教科書だけでは分からない
    その時の人々の感情が歴史を浮かび上がらせてくれる

    上層部が何を考え、将校たちが本土決戦を望んだのか?

    深く心に刻み込もう

    戦争はダメなんだ
    他を排しても
    自我を満たせる訳では無いことを
    ejoty
    ejotyの感想・レビュー
    2017/03/31
    3.0
    キャストがほんとに豪華で素晴らしい演技でした。
    ただ、人物とキャストがなかなか一致することができませんでした。
    内容的にはすごくよかったので、時代背景や登場人物などを調べてから再度観ます。
    KENTA
    KENTAの感想・レビュー
    2017/03/30
    3.3
    記録
    erina
    erinaの感想・レビュー
    2017/03/30
    3.5
    歴史物が好きでよく見るけど
    その時代その時代に生きた人がいて、
    いろんな思いをのせた時間の果てに
    今自分が生きてることを実感する。

    何を感じるかは人それぞれだけど
    日本人として、一度は見るべき作品だったと思う。百田さんの永遠の0を読み返したくなった。
    中村みく
    中村みくの感想・レビュー
    2017/03/29
    3.0
    天皇陛下の発言は思いもよらず考えさせられるものだった。

    戦争という、今では考えられない事実の裏にあるそれぞれの正義を描いた物語

    物語の中心がお偉い方々で、玉音放送の話し合いの時のテーブルが豪華なこととか、お互い意地を張って口喧嘩をしていることとか苛立つ。
    フィクションであることに尚苛立つ
    その一分一秒で捨て駒扱いされている兵士が何百何千と死んでいるのに、、、

    構えてはいたが、内容理解は難しかった
    歳をとったらもう一度見たい