日本のいちばん長い日の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

日本のいちばん長い日2015年製作の映画)

上映日:2015年08月08日

製作国:

上映時間:136分

3.5

あらすじ

戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役…

戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役所広司)、国民を案ずる天皇陛下(本木雅弘)、聖断を拝し閣議を動かしてゆく鈴木貫太郎首相(山崎努)、ただ閣議を見守るしかない迫水久常書記官(堤真一)。一方、終戦に反対する畑中健二少佐(松坂桃李)ら青年将校たちはクーデターを計画する。日本が破滅へと向かう中、平和への礎を築くために苦悩し、身を挺した人々の壮絶なドラマ。

「日本のいちばん長い日」に投稿された感想・評価

思っていた以上にかなり良かった。
というより本木演じる昭和天皇の天皇らしさが一番素晴らしかった。
東京裁判などの含めて、天皇が元凶説もある中
実はそうではなかったんだという国内での戦や葛藤が良かった。
最初はもっと違う風に見せてくるのかと思って
「どうせ適切には書きはしないんだろうな」と思っていたら
思いのほか忠実かつ簡潔にまとめてあって・・・

この映画だけでその当時を全て知れる、
または知ってもらおうとは露にも思っていないが
この映画をきっかけとしてその当時の背景や状況に
興味を持って知りたいと思う引き金になればいいなと思った。

別に軍人たちの動きや芝居では心動くものはなかったし
自害に至っても別段涙することはなかったが
やはりその当時の昭和天皇の雰囲気を限りなく表した
本木天皇が発言する個々のシーンで心苦しくなり涙腺が緩む
また、山崎努との関係(?)も表されていて
「私の事をよく分かっている貴方だから総理にとお願いした」に
全てを含めて、見てほしい映画だなと思いました。
敗戦から70年を経て撮られた「長い日」。天皇を人として捉えたのが一番の違いだろうか。軍属の心理が細やかに描かれている。軍国主義を推し進めた当時の日本にあって、それぞれがやはり家庭も感情も持った「人」でありながら、戦争の渦の中では個の感情は許されず、軍人として果てて行く姿。やや美しすぎる描写ではあるが。こちらの「長い日」はマイルドというかドラマティックに描かれた印象。
サピ男

サピ男の感想・評価

4.0
上官を殺してでも戦争を続けたい陸軍の狂気の沙汰の中に愛国心を感じた
こんな男達がゴロゴロいた戦時中は凄い
今じゃ考えられないくらい日本は平和ボケしてると感じさせられた
日本人なら一度は観るべき映画。

この日があってこそ、今の日本があると思うと、胸が熱くなります。

このレビューはネタバレを含みます

戦争を知らない私たち世代にとって、エンターテイメント化された題材とはいえ、見る必要がある作品であると思った。(内容の真偽の精度に関わらず)

エンターテイメントとは言ったが、事実に基づくドキュメンタリーといった感を受けた。


こういう事が起きたことを学校で習わない。伝え聞く人が減っていく。
戦争への認識が薄まる。玉音放送という言葉すら知らない。



過去を顧みる大切さと、死を覚悟して生きた人たちの想いをくんで、
現代においても、日々の幸せと自分の未来に努力を怠らない事の大切さを感じた。


ーーーーーーーーーー
私が見たのはこの新しい方であったが 間違えて古い方にレビューしていた・・・
恐らくこちらの方が、見やすいんであろう
そしてエンターテイメントよりになっているのであろう
HITOMI

HITOMIの感想・評価

4.4
日本がどのように戦争を終結させたのか、今まで勉強したこともなかったため、とてもためになりました。始めてしまった戦争を終わらせるのはとても難しい。だからこそ始める前、もっと言えばその前に止められるような、そういう世界でなければ…
役所広司、本木雅弘、とても素晴らしかった。皆さんがおっしゃってますが、日本人として見ておくべき作品です。
mn

mnの感想・評価

3.5
松坂桃李が素晴らしかった。
台詞が聞き取りにくくて、登場人物の関係性とか事前に理解してから見たほうがよかったなと思った。
asdfghjkl

asdfghjklの感想・評価

3.7
日本人なら絶対にみるべき映画。日本が良くも悪くも新しい一歩を踏み出した過程で、何が起こったのか。
りさこ

りさこの感想・評価

3.6
本木雅弘は天才だし、松坂桃李は本当にいい若手役者だと思うの。
一年前、日本史の授業で鑑賞。
戦争ものはあまり見たことがなかったため、言葉が聞き取りづらくて、セリフはよく分からなかったが、相関図があったおかげで、なんとか内容を理解できた気がする。松坂桃李のこんな演技は初めて見たので新鮮だったし、怖く感じた。