日本のいちばん長い日の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

日本のいちばん長い日2015年製作の映画)

上映日:2015年08月08日

製作国:

上映時間:136分

3.5

あらすじ

戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役…

戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役所広司)、国民を案ずる天皇陛下(本木雅弘)、聖断を拝し閣議を動かしてゆく鈴木貫太郎首相(山崎努)、ただ閣議を見守るしかない迫水久常書記官(堤真一)。一方、終戦に反対する畑中健二少佐(松坂桃李)ら青年将校たちはクーデターを計画する。日本が破滅へと向かう中、平和への礎を築くために苦悩し、身を挺した人々の壮絶なドラマ。

「日本のいちばん長い日」に投稿された感想・評価

みおた

みおたの感想・評価

2.5
あんまり覚えてない。松坂桃李がちょっとイッちゃってたと思ったけど、この時代では普通の考えであるように思った。
チィ

チィの感想・評価

3.4
「もう終わったんだハタナカ」
第二次世界大戦における日本のいちばん長い日は、上層部の閣議決定もだけど終わったと聞かされた戦ってきた人々の受け止める心情だと近年の作品を観て気づいた。御上に命を捧げて生きて闘ってきたのに、終わった。もう良い、負けたんだ諦めろ。そんな通達受け入れられるかよ。受け入れられるのか。受け入れるのか。受け入れた人、受け入れられない人、受け入れさせるために責任をとる人、静観する人。あの日を生きる難しさは計り知れなく、日本の未来に二度とあの日が来ることがないことを祈るばかり。
イカロス

絵や書で登場人物の真を表現出来ており、画面演出に好感が持てる。
役者の演技は上手下手がはっきり出た。
山崎努の立ち振る舞いは見事だったが、神野三鈴は表情も台詞回しも些か過剰で温度差を感じた。

組閣から観せる事で、映画として素晴らしい脚本の流れが出来ている。

本作は何度鑑賞しても、冷静でいられない。
とても数値化できない日本の強さと弱さ、時代の奔流に溺れてしまいそうになる。
戦前と戦後で国も民も世界も大きく様変わりしたが、この葛藤と収束は後世に伝えるべきである。
神ノ線を越えなければならなかった彼等の無念を感じずして、今日を生きる事などとても出来ない。
『孤狼の血』のインタビューにおいて、役所広司と松坂桃李がそれぞれ上司と部下の関係として共演した作品として引き合いに出されるので、視聴してみる。

他の感想を見ていると、今日の日本の平和は陸軍の反対を押し切って、ポツダム宣言を受諾した人びとの頑張りのおかげ?と思わせるような雰囲気。
期待はしていなかったが、やはり昭和天皇らが日本国民を守るために終戦を選んだように描かれ、軍人らが戦争の継続を望む「悪人」として描かれていたので、前者の戦争責任は一切描かれていないことがやはり問題だろう(描けたら日本では上映できないと思うが…)。

ラストシーンでクーデターを起こした若者たちが銃で命を絶った一方で、政治家たちは終戦を迎え、安息するシーンでエンディングを迎えたとき、本作品でのクーデターおよび日本の戦争がいかに虚無であるかを叩きつけられるような結末が印象に残った。
まや

まやの感想・評価

3.3
今 を知っているだけに、この時代のこの時がすごく重く感じてしまうけど、それだけ重要な出来事だったというのがひしひしと伝わる。役所さんのおだやかで熱い感じと、天皇役の本木さんの静かに真剣な感じが伝わってよかった。他の役者さん達も、感情移入しやすくて良い。
この映画の役所さんと本木さんと松坂桃李さんは
なんか乗り移っているかのようで、映画館で見てよかったなーと。
松坂さんはここからなんか
演技にもう1つ次元の違うところからくるようななにかが宿るようになったんじゃないかなーと。
(その後特に作品みてないのにテキトーなことを言う。)
孤狼の血をみようかなあと思ったらふとこの作品を思い出した。
そして思い出したらまた観たくなった。
モッくんが『場を止めた空気』も素晴らしくて
私は『その場をうわっとどうとかする、できる、お芝居をなのにさらっとする』場面に出会うと
それがすんごくすんごく好きで嬉しいのです。
Tomo

Tomoの感想・評価

4.1
歴史を追う映画はやっぱり切なくも面白いです。役所さんと本木さんの演技がものすごくリアルで引き込まれました。
数日間の出来事ですが、この時の日本の決定が違ったものになっていれば、今の日本は全く違ったものになっていた可能性があると思うと恐ろしいです。
大日本陸軍という組織は特に大和魂に誇りを持っていて、集団心理が宮城事件に繋がったことがよくわかりました。また阿南陸軍大将はその組織の長でありながら、日本の未来を安じてポツダム宣言を受けいれ、全責任を1人で背負おうと覚悟した姿がなんとも切なかったです。特に陸軍将たちに、電話でポツダム宣言受諾反対多数であるという嘘の情報を伝えたシーンがとても印象的で、長として本当に良くできた人だなと感じました。いずれにしてもこのポツダム宣言受諾を巡る対立はもっと多くの日本人に観ていただきたいです。戦時の日本人の思想は今とは全く違っていて、日本の存続のためなら喜んで戦うという姿勢が恐ろしく、今なお目と鼻の先にある北朝鮮がこのような思想であるかもしれないと想像して非常に怖い気分になりました。
本木さんの天皇役がすごかった。力み過ぎず味がすごくあった。昭和天皇はとてもいい人物だったと聞くけどそれがよくわかった。
最初は人物関係がよくわからずウィキペディア片手に見てたけど歴史が好きな僕にとっては面白い映画だった。
Youcan

Youcanの感想・評価

3.5
あえて今この作品を観てよかったと思いました。
今の日本があるのは、偶然ではない。日本の未来を信じ、それぞれの立場でそれぞれの使命と責任を背負い闘った人達がいる。
過去の歴史から何を学びどう行動するのか、改めて考えさせられる作品でした。
mayukoxxx

mayukoxxxの感想・評価

3.7
玉音放送間近に終戦派と戦争続行派でこんなせめぎ合いがあったことは知らなかった。

男たちの思想のぶつかり合い、という感じでした。

何があったかを知るためには良い映画だなと思いました。