日本のいちばん長い日の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

日本のいちばん長い日2015年製作の映画)

上映日:2015年08月08日

製作国:

上映時間:136分

3.5

あらすじ

戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役…

戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役所広司)、国民を案ずる天皇陛下(本木雅弘)、聖断を拝し閣議を動かしてゆく鈴木貫太郎首相(山崎努)、ただ閣議を見守るしかない迫水久常書記官(堤真一)。一方、終戦に反対する畑中健二少佐(松坂桃李)ら青年将校たちはクーデターを計画する。日本が破滅へと向かう中、平和への礎を築くために苦悩し、身を挺した人々の壮絶なドラマ。

「日本のいちばん長い日」に投稿された感想・評価

まつへ

まつへの感想・評価

3.3
「終戦の日」
その事実は教科書などで見聞きしてきた。しかしその決断へ至る過程についてはあまり考えたことはなかった。
戦争が終わること、敗北の重み。陸軍将校たちはこんな気持ちだったんだなって、今の平和ボケしてる時代の私でも少しは伝わった。

当時の政治のシステム、身分の上下関係、思想などが理解できていなかったため、序盤は非常に分かりづらい内容だった。発言の意図も何シーンかあとにようやく、といったところ。だからこその良さもあるが、難しいものだなぁと複雑な感想であった。
KazurocK

KazurocKの感想・評価

3.2
どうしても超名作の岡本喜八版と比べてしまうので厳しくなるけど、山崎努、役所広司、本木真弘をはじめとした役者たちの演技は素晴らしかった。今まで見た原田監督作品では一番好き。
ま

まの感想・評価

-
テレビの放送で見た
台詞の情報量多いから字幕で見て正解だったな〜
評価はつけられない
初心者

初心者の感想・評価

3.0
日本アカデミー賞のもっくんを拝見しました。だめだ、日本の歴史にうとすぎる。終戦時にはこんなに志を通そうとした戦士達がいたんですね。それは大変だったことだろう。
たかだか70年前。
hontochi

hontochiの感想・評価

4.3
原田監督の得意とする群像劇の面白さが堪能できる。日本の組織論を考えるときには、旧作と共に見ておくべき作品といえる。
kogure

kogureの感想・評価

3.8
リアリティ重視の演出に基づく群像劇、原田監督の十八番。宮城事件という新しい角度で大戦を描いた。松坂桃李の狂気も良かった。
初)焼けただれた死体や原爆後遺症で髪の毛が抜けたり、戦場で生き延びるため人肉食らったり直接的な戦争の悲劇シーンが登場しない分心に響かず…戦争は悲惨なことというよりは日本は戦争をこうやって止めました…解説的な内容。岡本版よりはやはり重厚感ないですね…その分作品の質を補っていたのが本木サンの昭和天皇役。(ノ-_-)ノ~┻━┻昭和天皇を演じた方何人もいましたがベストですね~
YURiKA

YURiKAの感想・評価

-
あの頃、戦争続けるという若者の信念とは現在との日本の愛し方の違いなだけである
ななみ

ななみの感想・評価

3.5
ポツダム宣言を出すまでにこんなことがあったんだと、細かい部分まで知れて、戦争に対してまた新しい見方が出来るようになった。
Mac

Macの感想・評価

3.3
教科書には出てこない「宮城事件」を描いた作品。

"戦争を終わらせる"ということが一筋縄ではいかないことは想像に難くないが、その詳細を知ることが出来た。

また、時代考証が徹底されているように感じられたのも良かった。